【受講生必見】リノベスクール受講前日にするべき3つの心得

ネタ, リノベーション, リノベーションスクール

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

第3回リノベーションスクール@鳥取が迫ってきました。先週末ぐらいから、僕の経営する「Book Cafe ホンバコ」には駆け込み寺かの如く受講生が毎日訪れるようになっています。(笑)

初めての受講で不安を感じている人もいるそうなので、受講前日の心得を3つだけ、記しておきます◎

\受講前にこちらの記事も/


持ち物を確認するべし

リノベスクールに限らず前日にしておくべきことですが、当日に持って行く持ち物を確認しておきましょう

おそらく各地域ごとに主催自治体から受講生にはメールが届いてると思いますが、まずはその内容の再度確認をしてみてください。

「パソコン」「スマートフォン」

少なくともこの2つさえ間違いなく持って来れば問題ないと思います◎
スマートフォンが無い人は、カメラがあればOKです。

気をつけた方がいいのが、Office(特にPowerPoint)はマストで使うんですよね〜
持ってくる予定のパソコンに入ってない人は、今すぐに下記のリンクから購入してインストールすることを推奨します!

あと、個人的に持ってきておくといいと思うのが懐中電灯お風呂セットですね。

初日に物件調査をするんですが、物件によっては電気が付かずに真っ暗な場合があるので懐中電灯があると超重宝します!(実際に僕が受講した際にも電気が付かず苦戦しました)

そして、2日目の夜はユニットによっては徹夜になること「も」あります
その場合にお風呂セットだけでもあると近くの銭湯にサッと行けるので、万が一に備えて持ってきておくと役立つ瞬間があるかもしれませんね〜

 

早く寝て体調を整えるべし

リノベスクールの3日間は、日常の生活では味わえないレベルの怒涛な時間が流れます。

刺激的な講義(ライブアクト)をはじめとして、初めて会うメンバーとの濃密な議論(ユニットワーク)や、自分たちの練り上げたプランを発表する緊張感などによって、ランナーズハイのような気分になる確率が高いです。

先述したようにユニットによっては最終日に徹夜することもある上に、ハイになった気分が抜け切れずに、しばらく「リノベスクール・ロス」の状態が続きます。翌週の後半まで疲れが抜けません。

そんな非常に濃い3日間に向けて、そして、翌週への影響を最小限に留めるために、前日は早く寝て万全の体調で臨むのがベストです。

受講前日では間に合わないですが、タンスのゲンの「ポケットコイルマットレス」みたいな寝心地の良いマットレスで睡眠による体力の回復を最大限に高めるのが良いと思います◎
このマットレスは申し分ない機能を備えつつも圧倒的に値段が安く、コスパNo.1ですので、いますぐポチっても良いレベル!快眠を買いましょう!

 

合言葉を口ずさむべし

早く寝て体調を整えたくても、受講前日は緊張や不安で寝れない人も多いと聞きます。(僕は割と強心臓なので爆睡しますがww)

そんな人は是非とも、リノベ界のマスターヨーダ・清水義次さんの合言葉を口ずさんでみてください!

敷地に価値なし、
エリアに価値あり

これを呪文のように唱え続けるだけで、あら不思議。
気づけば夢の世界でスタンディングオベーションを受けていること間違いなしです!!

緊張したら手のひらに「人」という字を3回書いて飲み込むといい、なんて言う人もいますが、そんなのもう古い。旧石器時代かと笑われます。(笑)

今の時代は、『敷地に価値なし、エリアに価値あり』と10回口ずさむ 、がスタンダードですよ!覚えておきましょう!

何言ってんだ、こいつ。
と思った方は、この本を読んでいない証拠ですね〜
この記事を読んだ段階で時間的余裕があれば絶対に読んだ方がいいですよ。


最後に

リノベーションスクールを初めて受講する人にとって、前日は不安と期待と緊張でソワソワしてしまうのはよくわかります。

ただ、もう前日にもなれば足掻いても仕方ないので、スクール期間の3日間を全力投球できるように準備することに神経を集中するしかないですよ〜
これは嘘偽りない事実ですので、大人しく寝てください。(笑)

これからリノベスクールを受講する全ての人にとって、この記事が役に立てば幸いです◎

 

P.S. 鳥取のリノベーションスクールを受講する方は、鳥取県庁のスーパー公務員で鳥取リノベ界の特攻隊長でもある林拓磨さんのインタビュー記事を読んで静かに心をアツくするのも有りかもしれませんね〜

では、また〜

シェアで頑張れます(・ω・)

 

フォローもお待ちしてます(^ω^)

 

 


関連記事