【格安SIM】「mineo」と「UQモバイル」を徹底比較!au版iPhoneで乗り換えるならどっち?

ライフハック

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

約11年間、三大キャリアのひとつ「au」の携帯電話を使ってきましたが、いよいよ格安SIMに乗り換えようと思っています。

色々と調べてみたところ、「LINEモバイルが最強だ」という結論に達したのですが、端末購入後180日以上経過してなければならないルールによってLINEモバイルへの乗り換えは阻まれています

au回線を使った格安SIM(180日ルール適用外)であれば、mineo(マイネオ)、UQモバイルIIJmio(アイアイジェイミオ)、Fiimo(フィーモ)などが存在していますが、『僕が利用しているiPhone7で乗り換えるならどこが良い』のでしょうか?

そんなわけで、良いという評判を聞く『mineo』と『UQモバイル』について徹底比較をしてみました!

僕と同じように、格安SIMへの乗り換えを検討しているau版iPhoneユーザーの方の参考になれば幸いです。


iPhoneの対応機種

まず最初に、「mineo」と「UQモバイル」の両者のau版iPhone対応機種を確認しておきましょう。(下記の表をご覧ください)

iPhone対応機種 mineo
(Aプラン)
UQモバイル
(au版)
iPhone 5s / 5c ×
iPhone 6 / 6 Plus
iPhone 6s / 6s Plus (※)
iPhone SE (※)
iPhone 7 / 7 Plus ×

※SIMフリー化必須(180日ルール適用)

ご覧の通り、「UQモバイル」では最新のiPhone7が使えません。なので、僕が今すぐ乗り換えることが出来るのは「mineo」ということになります。

しかも、「UQモバイル」に対応するiPhone端末はSIMフリー化が必須なものが多く、端末購入後180日が経過しないと乗り換えることが出来ません。

対応端末で比較した場合は、「mineo」の圧勝と言えるでしょう。

 

料金プランの比較

さて、続いて、格安SIMを検討されている誰もが気になる料金プラン(月額)を比較してみましょう。

容量 mineo

mineo
(通話付)

UQ

UQ
(通話付)

500MB 700円 1,310円
1GB 800円 1,410円
3GB 900円 1,510円 980円 1,680円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円
無制限 1,980円 2,680円

mineo」は、データ容量毎に料金プランが細かく分かれていて、自分の使いたい容量に合わせて適切なプランを選ぶことが出来るのが特徴です。音声通話は一律610円で追加出来る設定になっています。(ドコモプランの場合は、音声通話は700円で追加)

UQモバイル」は、逆に『3GB』と『無制限』の2種類からプランを選ぶ必要があります。音声通話はどちらのプランでも700円で追加出来る設定です。(無制限プランは500kbpsの低速通信なので注意が必要

料金プランで比較した場合も、「mineo」の方が良さそうです。ただし、速度が遅くても多くの容量を使いたい人には、UQモバイルの無制限プランはとても魅力的だと思います。

 

通話定額サービスの有無

僕はほとんど使わないサービスですが、仕事などの関係で電話することも多い方にとっては通話定額サービスの有無は大きなポイントとなると思います。

プラン mineo UQモバイル
(プランS)
かけ放題 +850円
5分以内かけ放題
(オプション)

1,980円(月額)
5分以内かけ放題
データ容量:2GB

無料通話

+840円
30分定額料金
(オプション)

+1,680円
60分定額料金
(オプション)

1,980円(月額)
60分無料
データ容量:2GB

mineo」は、オプションサービスとしてかけ放題や通話定額を追加することが出来ます。

UQモバイル」は、ここには記載していませんが「プランS」「プランM」「プランL」という、データ容量を選べる形で3つの通話定額プランが用意されています。(詳細はこちら

しかし「UQモバイル」のこれらのプランは、14ヶ月目以降は各プラン1,000円の値上げとなります。加えて、26ヶ月以降になるとデータ容量・無料通話時間とも半分に減るので、注意が必要です。(契約も2年更新です)

したがって、5分かけ放題のプランに加入する場合も、2年間のトータルな料金総額でみれば「mineo」に軍配が上がります

 

テザリングは出来る?

ここまで読んでいると、「UQモバイル」の良い部分が無いような気がしてきますが、最大メリットは『テザリング』にあります。

テザリングの可否 mineo
(Aプラン)
mineo
(Dプラン)
UQモバイル
(au版)
iPhone 5s / 5c × ×  ×
iPhone 6 / 6 Plus × × 
iPhone 6s / 6s Plus × ○ 
iPhone SE × ○ 
iPhone 7 / 7 Plus × ○  ×

上記の表を見てもらうとわかる通り、「mineo」のAプラン(au)ではテザリングをすることが出来ません。

一方、「UQモバイル」の場合は、対応端末であればテザリングが可能となっています。

SIMフリー化すれば、au版iPhoneでも「mineo」のDプランに加入出来ます。そうなればテザリングも可能となりますが、端末購入後180日以内の場合は「UQモバイル」一択となります。

ちなみに、僕の所有するiPhone7は「UQモバイル」に対応していないので、もしテザリングを使いたい場合は180日の経過を待つしかないのが現状のようです。

 

その他の特徴

その他の基本的な情報を比較してみました。

  mineo
(デュアルタイプ)
UQモバイル
(データ高速+音声)
初期費用 3,000円 3,000円
通信速度 下り:最大225Mbps
上り:最大 25Mbps 
下り:最大150Mbps
上り:最大 25Mbps
制限後通信 200kbps 200kbps 
国内通話料 20円 / 30秒 20円 / 30秒
SMS 無料 無料

SMS送信料

3円~30円 / 通 3円~ / 通

容量追加

150円 / 100MB 200円 / 100MB
500円 / 500MB
最低利用期間 なし 12ヶ月
解約違約金 なし 9,500円
MNP転出
手数料
最大11,500円(※) 3,000円
持込端末保証 500円 / 月
(iPhone対応可)
500円 / 月
(iPhone対象外)
ウイルス対策

270円 / 月

290円 / 月
(iPhone対象外)
その他

バケットシェア
(繰越データ共有)

mineoスイッチ
(高速低速 切替)

Wi2 300
(公衆無線LAN)

※ 12ヶ月以内は11,500円(13ヶ月以降は2,000円)

目を引くのは、「mineo」の最低利用期間と解約違約金が無いという部分です。ちなみに「UQモバイル」でも、音声通話プランを付けなければ最低利用期間はありません。

しかし、ここで注意したいのが、「mineo」は解約違約金は無いもののMNP転出手数料が発生するという点です。

格安SIMの中では「LINEモバイル」が最強だと思っており、端末購入後180日経った時点で「LINEモバイル」に乗り換えることを狙っていた僕には、このMNP転出手数料の金額のデカさはビックリしてしまいました。

参考:【格安SIM】スマホ代月々1690円の「LINEモバイル」が最強かもしれない。特徴をまとめてみた。

購入後180日の経過までの繋ぎで乗り換えようと思っていた人は、ここでじっくり考えた方が良いです。数ヶ月間で「mineo → LINEモバイル」「UQモバイル → LINEモバイル」という乗り換えをしてしまうと、それぞれ11,500円・12,500円の費用が発生します。

この追加費用をカバーするだけのメリットは数ヶ月では生まれないと思うので、大人しく180日が経過するのを待つ方が得策だと思います。

これに気づいた瞬間に、僕は180日の経過を待つ決意を固めました


まとめ

au版iPhoneで乗り換えるには「mineo」と「UQモバイル」のどちらが良いのか比較してきましたが、いかがだったでしょうか?

見極めのポイントは『テザリングの優先度合い』のただひとつです。

テザリングが必須な人、特にau版iPhone 6 / 6 Plus でテザリングを使いたいのであれば「UQモバイル」を選びましょう

▼UQモバイルの公式サイト▼

しかし、そうでない人であれば、対応機種が多く、料金面でも選択肢や安さで良さがあり、オプションサービスも豊富なmineo」がオススメです

そして、「mineo」では高速通信と低速通信を手動で切り替えることが可能です。低速通信で使用した通信量はデータ容量に反映されないので、これを駆使すれば月々のデータ容量を節約することも出来てしまいます。

さらに、「バケットシェア」や「バケットギフト」などの『データ容量の共有』のサービスが充実しているため、家族や仲良しグループで乗り換えるとよりメリットが多くなるという良いこと尽くしです!

僕のようにau版のiPhone7を使っていて端末購入後180日以内の人にとっては、「mineo」のほぼ一択ですよ!(FiimoもiPhone7が対応可能でした)

▼mineo(マイネオ)の公式サイト▼

まあ、そんなことを言いつつも個人的に最もオススメなのは「LINEモバイル」なんですけどね〜(笑)

僕は、「mineo」と「UQモバイル」について詳しく調べてみた結果、端末購入後180日を待ってSIMフリー化をした上で「LINEモバイル」へ乗り換えることに決めました

そんな風に、格安SIMに乗り換える際には、自分が必要で求めているサービスかどうかよく調べて選ぶようにしましょう!

そして、家計を圧迫している月々のスマホ代を安くして、楽しい人生を過ごすのだ〜!

▼LINEモバイル公式サイト▼

The following two tabs change content below.
りょうかん

りょうかん

オーナー経営者Book Cafe ホンバコ
1990年生まれ、鳥取育ち。 「Book Cafe ホンバコ」のオーナー経営者。 プロフィールをより詳しく知りたい方は、こちらをお読みください。  個人株「VALU」もやってます→【りょうかんのVALU

\個人株「VALU」本格参入中/

 

\VALU攻略法販売中!(390円)/

 

\シェアで頑張れます/

 

\フォローもお待ちしてます/

 

 

カフェ経営のリアルを販売中

 


ライフハック

Posted by りょうかん