黎明期の「VALU」における[適正価格の見極め方]を伝授します!

2017年7月30日VALU

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

話題の「VALU」に本格参入してから7営業日が経過しました。

僕のVA(擬似株式)を高値で購入してくださった方々のおかげで、時価総額は500万円(上昇率1137%増!)を超え、時価総額ベースでトップユーザー(上位5%以内)になることが出来ました!

最新情報は画像をクリックすると閲覧可能

そんなこのサービスも、まだまだ黎明期にあるため難点がいくつかあります。そのひとつに、「初期の評価額(初値)が著しく低く見積もられる」というものがあります。

そのため、VALU参入初期のユーザーは、VALUというサービスに慣れるのと同時に、自分の評価額の「適正価格」を見極めて上昇させる必要性があります

しかし、自分の「適正価格」をどう見極めれば良いのか。僕なりの[適正価格の考え方]を書いてみます。

僕のVALUはこちら ▶︎ https://valu.is/ryokan1123

 

▼ こちらもオススメ ▼


適正価格の方程式

では、さっそくですが僕の考える「適正価格の方程式」をご紹介させていただきます。

この方程式を用いて他の人と比較をしていけば、なんとなく適正価格がわかってくると思います。

例えば、「この人は実績はあっても運用する気が無さそうだから価格は低そうだな」とか「あの人は普通のサラリーマンかもしれないけど、ガンガン運用してくれそうな空気が漂ってるから価格も高いんだな」などといった具合に分析が出来るようになります。

[補足]
過去の実績+今後のビジョン:発行主の潜在価値のこと
VALU運用期待値:費やす時間の長さやタイムライン投稿などによる継続性の期待値
VALU市場成熟度:総ユーザー数や「分割」のような機能の実装などによって高まる指標

 

適正価格を上げるには

さて、適正価格を導く公式がわかったところで、多くの人が気になるのは『自分の適正価格を上げる方法』だと思います。

公式をみると、パラメータとしては「過去の実績+今後のビジョン」(=潜在価値)「運用期待値」「市場成熟度」の3つが挙げられます。

このうち、「市場成熟度」に関しては外的要因であり個人単位で上昇させることが出来る類のものではありません

すなわち、自分の力で高め得るのは「潜在価値」と「運用期待値」の部分です。

そして、短期的に効果を上げるために有効なのが「運用期待値」を上げることと言えます。僕が書いた下記のような記事の内容のほとんどは「運用期待値」を上げるための手段が書かれていますし、この内容を実践することこそが期待値をあげていくことに繋がります。

▶︎ これから本格参入する初心者にオススメ!「VALU」の定番の売出戦略をまとめます。|りょうかんのつぶやき
▶︎ 初期ユーザー必見!「VALU」に参入する上で押さえておくべきポイント3選!|りょうかんのつぶやき

しかし、「運用期待値」は容易に変動が出来てしまうため、これだけで長期的安定性を狙うのは難しいと感じます。そのため、今後のビジョンを示し、地道に実績を積み上げていくことで「潜在価値」を上げていくことこそが、本質的には重要となっていきます


最後に

ここまで[適正価格の見極め方]を書いてきましたが、正直なところ現時点では「VALU市場成熟度」が最も強く影響力を与えている気がしています。

結局は取引が活発に行われる価格帯(0.005~0.02BTC程度)が存在しており、そこを越えるのは突出した「潜在価値」が必要になるのだろうと思います。僕自身、1VA=0.03BTC(10,000円手前)に見えないガラスの天井の存在を感じています

実際の株式市場でも「取引が活発になる価格帯」は存在しており、流動性を高めて売買を活発化させるために『株式分割』という手法が取られることがあるので、VALUでも早く実装してもらいたいな〜。(VALU代表のogawaさん!よろしく頼みます!)

 

この記事を読んで参考になったな〜と思ってもらえたら、是非とも僕の「VALU」をウォッチリストに登録してくださいませ◎

\りょうかんの「VALU」はこちら/
りょうかん株をビットコインで買おう! (2)

 

 

参考記事をリストアップ


まだ「VALU」を始めてない人は、この記事を読んでみましょう。
▶︎ トップユーザーが解説!個人の株を売買する「VALU」の始め方。|まだ東京で消耗してるの?

VALU戦略の基本は僕の筆頭株主でもある「タクスズキ」さんの記事を参考にしています。
▶︎ 信頼する人に投資できて運用益も得られる「VALU」。真剣に使い出してわかった使い方とメリット・デメリット|らふらく

VALUの攻略法についての基礎知識はこの有料note(480円)が有益でした。
走り始めて約1ヶ月。現段階で考える「VALU攻略法」をまとめるよ。|イケダハヤト【有料マガジン注力中!】

適正価格の考え方について、この有料note(100円)にも言及がありました。
▶︎ VALU専門家がVALUで意識してること、裏技、VALUの調達金額も全て公開します。|小幡 和輝 Kazuki Obata

個人的にはこの記事のまとめが現時点で最も凄く役に立つと感じてます。
▶︎ 【VALU攻略法】僕のVALU運用ノウハウ19個を大公開します!(随時更新)|ネタンク

ファイナンス目線で「VALU」を考えるのにこの記事も参考になりました。
▶︎ 元銀行員がVALUを始めた感想と、初心者にお勧めの戦略を話したい|BANK ACADEMY

VALUを攻略していく上で必要となる普遍的な力を考えさせられる「鳥井弘文」さんの記事。
▶︎ これからの若い世代に身につけて欲しい「継続力」と「工夫する力」。|隠居系男子

同じく鳥井さんの記事ですが、VALUの良さを本質的に気づかせてくれる記事です。
▶︎ 誰かのVALUを保有すると、途端にその人の行動が気になりはじめるようになる。|隠居系男子

はたまた、鳥井さんの記事なんですが、最後にちろっと僕のことを書いてくださってます。
▶︎ VALUはその人の人格や生き方に共感して応援したいときに購入するもの。|隠居系男子

 

▼ こちらもオススメ ▼

 

\カフェ経営のリアルを販売中/

 

The following two tabs change content below.
りょうかん

りょうかん

オーナー経営者Book Cafe ホンバコ
1990年生まれ、鳥取育ち。 「Book Cafe ホンバコ」のオーナー経営者。 プロフィールをより詳しく知りたい方は、こちらをお読みください。  個人株「VALU」もやってます→【りょうかんのVALU

2017年7月30日VALU

Posted by りょうかん