2014.09.23 鹿児島到着!

2017年5月29日旅の記録

どうも、りょうかんです。

遅くなりましたが、23日の日記を書きます。

スポンサーリンク

 

熊本のネットカフェを出て、マクドナルドで200円のソーセージマフィンのコンビを食べながら、前回のブログを更新しました。

それから少しPennyでヒッチハイクポイントを探し、「八代」と書いてヒッチハイクを開始しました。すると、すぐに1台の車が停まります。地元の少しガテン系のおじさんが少しだけになるけど、とひとまず3号線に出てすぐのコンビニまで乗せてくれました。

そのコンビニはヒッチハイクには不向きなコンビニだったため、次のコンビニまでPennyで移動。こんな感じでPennyはヒッチハイク中に大活躍してます。

このコンビニの前にいた際に、地元の中学生らしき子がブラックモンブラン(アイス)を買って「ヒッチハイク頑張ってください」と言ってきてくれました。めちゃくちゃ嬉しかった。けどね、チョコレート食べれへんねん。気持ちだけ受け取って、アイスは自分で美味しく食べな、と伝えました。

そして、待つこと20分。自分の親世代のご夫婦が停まってくださり、八代ICの手前まで乗せてもらいました。熊本市内まで買い物に行った帰りだったみたいです。大きな梨を2つ頂きました。

八代ICの手前でもらった梨を1つ食べ、ヒッチハイク再開。10分ほどで1台の車が停まる。若い男性2人組。片方が23歳、もう1人が24歳と、ほぼ同世代。近くの医学系の大学生らしいです。(詳しいことは教えてくれず) 人吉に住んでいるらしく、山江SAまで。

山江SAでは、久しぶりの高速道路でのヒッチハイクに少し緊張。意を決して、ベンチで話し込んでいたおばさま3人衆に声をかける。一通り事情を説明して、交渉に入る。どうやら隼人の辺りに帰るところらしい。「隼人で大丈夫です。お願いします!」 そんなお願いは届かず、隼人だと鹿児島市内に行く人が少ないと言うことで吉松PAまでに。乗せてくださっただけでも、有り難いと思いましょう。高校生の息子達のハンドボールの試合の応援に行っていたらしい。よく喋るおばさま達でした。

吉松PAでは、こちらからではなく、向こうから声をかけてくれました。荷物とボードを見て、ヒッチハイクだと察したようです。鹿児島空港までということでしたが、空港から鹿児島方面に帰る人がいるはずだと思い、乗せてもらうことに。実家が八代の辺りで、東京から里帰りをしていた40代の娘と60代の母親の親子でした。レンタカーだったため、レンタカーを返すところでお別れ。

レンタカーから少し行ったところのコンビニまでPennyで移動し、ヒッチハイク再開。ここからなら鹿児島まで直行する人がいるはず。

思惑通り、10分後に1台の車が停まります。これも年配の50代後半のご夫婦。思いつきで北九州まで2人でドライブに行った帰りだとか。その年齢で、よく頑張るな…。関心してしまいました。

結局、このご夫婦に鹿児島に送ってもらい、無事に、九州最南端の県まで到着しました。

これからが大変。船のヒッチハイク = シップハイク。頑張らねば、と気持ちを入れ直すのでした。

 

では、また!

スポンサーリンク

 

2017年5月29日旅の記録

Posted by りょうかん