仮想通貨

【2018年版】仮想通貨のオススメ銘柄ランキングを大公開!

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

2017年春から仮想通貨に興味を抱き、実際に購入しながら勉強を重ねています。

僕の住む鳥取には仮想通貨について積極的に発信している人がいなかったので、会う人からよく「オススメの銘柄はなんですか?」と質問をもらいます。

毎回丁寧に答えていたんですが、せっかくなのでブログ記事として「2018年の仮想通貨オススメ銘柄ランキング」を書き残しておくことにしました。

予想理由も書いてますので参考にしてみてください!

2018年 オススメ銘柄ランキング

1位 イーサリアム(ETH)
2位 ネム(XEM)
3位 リップル(XRP)
4位 ビットコインキャッシュ(BCC)
5位 Zaifトークン(ZAIF)
6位 ビットコイン(BTC)
7位 バイナンスコイン(BNB)

[最終更新:2018年8月12日]

最初に

ランキングを発表する前に、注意事項をお伝えしておきます。

2017年はどの銘柄も大きく値を上げたので、基本的には誰でも稼げる相場でした。

しかし、2018年は仮想通貨の銘柄による生き残り競争が活発化しています。なので、自然淘汰によって価値が上がらない銘柄も出てき始めている状況です。

だからこそ、長期的に需要が増えていきそうな銘柄をしっかりと見極めてホールドしていく戦略が求められます

今回のランキングは、僕自身が戦略を間違えないために自戒を込めて作ってみたものです。

僕の独断と偏見に基づた主観だらけの順位付けをしているので、ひとつの指標として参考にしてもらえたらと思います。最後は自分の頭で考えるのが大事です!

 

1位 イーサリアム(ETH)

2018年、最も注目を集めそうなのが「イーサリアム」ですね!

仮想通貨に詳しい人は口を揃えて「2017年はビットコイン元年、2018年はイーサリアム元年」と語っているほど期待されています

イーサリアムは「スマートコントラクト」という機能を備えているのが大きな特徴です。

つまり、プラットフォームのような性質があり、イーサリアムの上に「アプリ(dApps)」を追加していくことができます

アプリ開発の技術も日々発達しており、長期スパンで見れば成長していくことは明らかです。

アプリの充実していないiPhoneをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。しっかりと勉強している人ならばイーサリアムの価値は十二分に理解できると思います。

ただ、2017年末に露呈した「送金トランザクション詰まり」などのような懸念事項も当然存在しています。

しかしながら、ネガティブ要素を吹き飛ばすほどの勢いで成長を続けていく可能性が高いと思っているので、2018年はイーサリアムを仮想通貨投資の中心に据えていく戦略を取ることにしました。

コツコツと積立投資をしている「Zaifコイン積立」でも、イーサリアムの比重を大きく増やしているところです。

「イーサリアム」の購入にオススメの取引所は?

イーサリアムの購入は多くの取引所で可能ですが、中でも「BITPOINT」「Zaif」「bitbankがオススメです。

相場を気にせず積立をするなら「Zaif」、預けておきたいならセキュリティに定評のある「BITPOINT」を選ぶと良いかと!

BITPOINTで購入する

詳しい比較を知りたい方は、イーサリアムのオススメ取引所ランキング!「セキュリティ・手数料・通貨ペア」で比較しました!【2018年8月最新版】をご覧ください。

 

2位 ネム(XEM)

続いて、イーサリアム以上に評価を高めそうな予感がしているのが「ネム」です。

コインチェックからの大量流出したことで一躍その名を轟かせてしまいましたが、イーサリアムと同様に「プラットフォーム型」の性質を有しており、すでに様々なコミュニティが始動しています

イーサリアムとの差別化されている点を挙げるとすれば、

・イーサリアムよりセキュリティ性が高い
・複雑なアプリケーションを構築しやすい
・拡張でトランザクションを高速化できる
・少ない電力消費の仕組みを採用している
・日本市場において強い支持を集めている

という感じでしょうか。簡潔に言うならば、イーサリアムは専門的プロジェクト向けで、ネムは一般プロジェクト向けという印象で間違っていないと思います。

例のコインチェック騒動によって大きく値を下げましたが、名前が売れたことで今後大きく浸透する可能性が上がったとポジティブに捉えることもできるでしょう。

また、イーサリアムのような送金詰まりという大きな問題も今のところ露見していません

すでに強力なコミュニティが出来上がっているので、ネガティブな印象を払拭して2018年中に大きく評価を戻すと思っているので、イーサリアム同様に積立でじわじわと買い増しをしていきます。

「ネム」の購入にオススメの取引所は?

コインチェックが取引停止している今、ネムの購入は「Zaif」の一択です。

また、スプレッド取引ならば「DMM Bitcoin」でもネム取引は可能。短期トレードをしたい方にはオススメです。

Zaifで購入する

海外取引所「Binance」にも上場しました!
こちらでもネムを購入することが可能です!

 

 

3位 リップル(XRP)

第3位には、2017年末から2018年の年始にかけて大きく時価総額を上げた「リップル」を選びました。

リップルはこれまで紹介した銘柄とは異なる思想の元で設計された仮想通貨です。

大きな特徴を挙げるとすると、

・目的は「国際送金の変革」
・超高速送金(たった4秒)
・中央集権型(リップル社)
・世界中の有数な銀行が参画

などがあります。中でも突出すべきなのは「送金の速さ」です。

ビットコインでは1時間、イーサリアムでも2分以上はかかると言われている送金が、リップルだとたったの「4秒」で終わります。これは既存の銀行システムをはるかに凌駕する速さだと言えるでしょう。

また、他の銘柄と比べた際に「リップル社」という明確な管理者がいることも大きな違いです。すでに100以上の世界中の有力な金融機関(国内では三井住友銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行など)との提携も進めており、送金実験にも成功しています。

ただし、この「中央集権型」であることがひとつのネックでもあります。リップル社が617億枚のXRP(全発行数の60%以上)を保有していることから、大量放出による暴落リスクが懸念されています

リップル社より「自社保有のXRPのうち550億枚をロックアップ(売却禁止)する」との発表があったので、当面の間は安定した値動きをするのではという見方が強まっています。

国際送金の円滑化という唯一無二のオリジナリティを持ち、すでに世界中の金融機関との連携も図られていることから、(一般的な仮想通貨とは異なるニュアンスで)2018年はさらなる成長が期待されています。

「リップル」の購入にオススメの取引所は?

リップルの購入は「BITPOINT」「bitbank」「BitTrade」が良いでしょう。bitbank」はリップルの取引手数料を完全無料にするキャンペーンを実施中です。

ですが、キャンペーンの終了した後のことを考えて、デフォルトで手数料完全無料のBITPOINTをオススメします!

BITPOINTで購入する

GMOコイン」でも購入できますが、販売所しか取り扱いがないのでその点ご注意ください。

 

 

4位 ビットコインキャッシュ(BCH)

ここまで紹介してきた上位3銘柄とは違い、「ビットコインキャッシュ」は順位ほどのポジティブな印象はありません

ご存知の方もいると思いますが、「ビットコインキャッシュ」とは、2017年8月1日にビットコインから分岐する形で誕生した仮想通貨です。

そのため、ビットコインと比較されることが多い銘柄でもあります。

そして、2017年後半にビットコインが抱える多くの問題が露見してきたしたことで、2018年はビットコインキャッシュに反発的な買いが集まるんじゃないかと感じています。

ただし、長期保有前提では考えない方が良い気もしています。情勢が変わって評価を180度変えなければならない可能性も十二分にあるので、動きに注意しながらチェックしてみてください。

「ビットコインキャッシュ」の購入にオススメの取引所は?

ビットコインキャッシュは多くの取引所で対応しているので甲乙つけがたいですが、手数料無料で売買できる「BITPOINT」か「bitbank」がオススメかと。

メジャーで盲点かもしれませんが、仮想通貨の送受金手数料が無料で使える「BITPOINT」はマジで優れた取引所ですので、ここでもイチオシしておきます!

BITPOINTで購入する

 

 

5位 Zaifトークン(ZAIF)

一般的な評価を知っている人からすると意外に映るかもしれませんが、取引所「Zaif」が発行する独自トークン「Zaifトークン」に注目をしています

現時点では目立った用途がないため評価が低いですが、2018年には何かしらの機能が実装されるんじゃないかと睨んでいます

イメージしやすいのは取引手数料の割引などに使える形ですが、もしかするとアッと驚くような使い方が誕生するんじゃないかと期待を膨らませています。

どちらにせよ、取引所「Zaif」と運営会社「テックビューロ」の成長に伴った形で価値も上がっていくと思われますので、単位が安いうちに枚数を多くしておく戦略は有りかなと。数万枚程度までは増やそうかと思っています。

「Zaifトークン」の購入にオススメの取引所は?

当たり前ですが、Zaifトークンの購入は「Zaif」でしか出来ません。

ちなみに、「Zaif」は手数料も安く積立サービスも備わっているなど僕もイチオシな取引所です。この機会に登録してみてはいかがでしょう。

Zaifで購入する

 

 

6位 ビットコイン(BTC)

2017年は(価格面でも認知面でも)大きく飛躍を遂げた「ビットコイン」ですが、2018年はそこまでの期待は出来ないように感じています。

送金トランザクションが尋常じゃないほど遅くなり、送金手数料もかなりの高額になるなど、本来の仮想通貨のメリットを相殺してしまうほどの問題が多発しています。

しかも、色々な団体の様々な思惑が複雑に絡み合ってしまっているため、一朝一夕では解決が難しい状況になってしまっています。

そんな状況に見切りをつけ始めたホルダーも多く、徐々に他の有望な銘柄へ流れる力が強まっていくのではないかと…。

とは言え、世間の大多数は「仮想通貨=ビットコイン」という認識レベルですので、まだまだ『キングオブ仮想通貨』としての地位は揺るがないとも感じています。

「ビットコイン」の購入にオススメの取引所は?

現状はほとんどの取引所でも手数料を無料にしているので、どこで購入しようと大差はありません。好みで選んでもらえたらと。

積立をするなら「Zaif」、セキュリティ面や手数料のことを踏まえると資本金額No.1な「BITPOINT」が良いかと思います!

BITPOINTで購入する

 

 

7位 バイナンスコイン(BNB)

中国企業が運営する取引所「Binance」の独自トークン「バイナンスコイン(BNB)」も、Zaifトークンと同じ理由で注目をしています。

企業トークンは株式に似通った性質を持っているので、Binanceが盛り上がれば盛り上がるほど値上がりが期待できます

1日の登録者数が20万人を越えるほど注目を集め、取引高も一気に世界一に躍り出るなど、否応なしに期待が膨らみます。

さらに、現時点で「Binance上での取引手数料の割引」や「上場銘柄候補への投票」などの用途があるため、実需と紐付いていることも大きな強みでしょう。

懸念事項があるとすれば、中国の取引所なので中国当局によって予期せぬ規制を受ける可能性があるということ。

海外の法整備は徐々に進んではきているものの、予断を許さぬ状況ではあります。特に中国の取引所を使う際には、規制リスクは避けられないものと思った方が良いです。

大きな金額を預けておくのは怖いので、期待をしつつも保有率は低めにするのが吉かも!?

「バイナンスコイン」の購入にオススメの取引所は?

当然ながら「バイナンスコイン」の購入は「Binance」でしか出来ません

草コイン漁りをするのであればBNBを持っているだけで手数料が安くなりますし、BNB建てでスムーズな取引もできるので、この機会に購入してみてはいかがでしょうか。

Binanceで購入する

 

 

番外編 リスク(LISK)

上記のランキング以外で注目している銘柄。

イーサリアムと同じようにスマートコントラスト技術を有している「リスク(LISK)」も、ずっと注目しています。

何より大きな特徴としては、開発言語に「Javascript」を採用している点でしょう。エンジニアを集めやすいので開発が一気に進む可能性を秘めています。

しかも、2018年に入ってから「bitFlyer」に上場しました。これにより注目度は高まってきています。

が…、名前が良くないですよね。これが大きなマイナスポイントじゃないかと。

ただ、ネーミングを変更するという噂も入ってきているので、ダークホースのように台頭する可能性は捨てきれないかなと思ってます。

 

まとめ:仮想通貨投資は余剰資金で!

いかがだったでしょうか。

どの銘柄を買っても値上げした2017年から一転、2018年は仮想通貨の淘汰が始まると予想されています。

なので、今回のオススメ銘柄として紹介したものには、いわゆる「草コイン」をいれませんでした

とは言え、このランキングは僕の独断と偏見によって構成されているので、読んでくださっているあなたにピッタリ合うとは限りません。

それぞれの投資スタイルによって条件は大きく変わってくることを肝に銘じて、自分の頭で考えてしっかりと目利きをした投資をしてもらえたらと思います。

そして、精神をすり減らさない範囲の余剰資金で仮想通貨には手を出しましょう

 

余剰資金だけで仮想通貨投資をするコツは、「積立スタイル」で毎月固定額を投資していく方法を選ぶことです。積立投資なら大きな金銭的リスクを負わずに継続して実施していけるはず。

Zaifコイン積立」であれば、この記事でオススメした「イーサリアム」「ネム」「ビットコイン」を月々1,000円から積立をしていくことが可能です。

勉強する時間があまり取れないけどローリスクで仮想通貨投資を始めたいという人は、ぜひ参考にしてみてください

あわせて読みたい
仮想通貨投資にオススメ!「Zaifコイン積立」を徹底解説!どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 今回は、仮想通貨の投資法としてオススメしている「Zaifコイン積立」について徹底...

 

2018年 オススメ銘柄ランキング

1位 イーサリアム(ETH)
2位 ネム(XEM)
3位 リップル(XRP)
4位 ビットコインキャッシュ(BCC)
5位 Zaifトークン(ZAIF)
6位 ビットコイン(BTC)
7位 バイナンスコイン(BNB)

 

各取引所の比較

この記事内で紹介した仮想通貨取引所のうち、いくつかの取引所については「メリットとデメリット」をまとめています。こちらも合わせて読んでもらえるとより理解が深まるかと。ぜひ!

あわせて読みたい
仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」のメリット・デメリットを解説!どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 仮想通貨元年と呼ばれた2017年が終わり、大きな発展を遂げそうな2018年になり...
あわせて読みたい
仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」のメリットとデメリットを解説!どうも、仮想通貨ホルダーのりょうかん(@ryokan_1123)です。 仮想通貨の認知度が一気に高まった2017年。一旦ブームが去った...
あわせて読みたい
仮想通貨取引所「BitTrade(ビットトレード)」のメリットとデメリットを解説!どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 仮想通貨元年と呼ばれた2017年が終わり、大きな発展を遂げそうな2018年が始ま...
あわせて読みたい
仮想通貨取引所「BITPoint(ビットポイント)」のメリットとデメリットを解説!どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 仮想通貨元年と呼ばれた2017年が終わり、大きな発展を遂げそうな2018年になり...

 

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990.11.23、鳥取生まれ。 NPO法人atamistaゲストハウスあなごのねどこホンバコ(オーナー)を経て、今。 全国を巡りながらブログで生活中。 / 仕事の依頼は【料金表】を参照ください / ✍noteも書いてます / 支援大歓迎