オピニオン

「コミュニティ通貨」に興味津々。ATAMIコインを発行流通する実験をしてみたい!

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

昨年の今頃(2017年8月)は、個人の擬似株式を発行できるサービス「VALU」が登場して盛り上がっていました。そこから瞬く間に仮想通貨ブームが巻き起こり、そして一気に終息していったのは記憶に新しいと思います。

そのような流れを受け、世間的には「仮想通貨は終わった」と思われているみたいですが、ブロックチェーン技術は目覚ましい発展を遂げつつあるんですよね。

さらに!

ブロックチェーン技術の登場によって登場してきた概念『小さな経済圏』も、その実現性を少しずつ高まていっているように感じます

先述した「VALU」を始め、個人の時間を擬似株式的に売買できる「Timebank」、そしてコミュニティコインの発行流通ができる「fever」と、様々なサービスがリリースされて動き始めてますからね!

 

で、僕が最も興味を抱いているのが「コミュニティ通貨(コイン)」の分野

特に、街に根ざしたコミュニティと連動させる地域通貨的なデジタルコインを発行して、JPY経済圏とは異なる独自経済圏を作ることに強い関心を持ってます。

今度拠点を移す「熱海市」はすでにいっていのコミュニティが出来ているので、コミュニティ通貨との相性も良いと思うんですよね。

徐々に熱海の人たちに「コミュニティ通貨」「小さな経済圏」の話を伝えていって、小さく実験するところから始めてみたいなと。

そう思っていたところ、ツクルバのマーくんこと中村真広さんからこんなリプが飛んできました

実はツクルバHALが合弁会社を作って、コミュニティコインのアプリ「KOU(コウ)」というサービスをリリースしようとしているんですよね。

出典:KOU公式サイトより

iOS版アプリのリリースは2018年9月予定(Android版は秋予定)らしいので、なんとホットなタイミングで営業をかけてもらえたことかと!w

せっかくなので「熱海でトークイベントしませんか?」と逆営業をかけておきました。

すると、まさかの展開に!!

 

はい、というわけで8月末に熱海でコミュニティコインに関するイベントを開催することになりました!(仮決定)

熱海に活動の拠点を移すと決断した直後に、興味ど真ん中の業界の方から声をかけてもらえるなんて…。

彼女
彼女
お前、イイ波のってんね!

 

イベントの詳細が決まったら僕の個人アカウントで告知しますので、興味のある方はフォローしておいてくださいませ〜!

フォローする

 

りょうかん
りょうかん
熱海在住の方で興味のある方は気軽に連絡ください!

では、また!

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990.11.23、鳥取生まれ。 NPO法人atamistaゲストハウスあなごのねどこホンバコ(オーナー)を経て、今。 全国を巡りながらブログで生活中。 / 仕事の依頼は【料金表】を参照ください / ✍noteも書いてます / 支援大歓迎