おすすめ本

ビジネスの手法でまちづくりをする。市来広一郎著書「熱海の奇跡」は街の再生への確かな軌跡である。

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

6月1日に東洋経済から出版された「熱海の奇跡」を読みました。

熱海に住んでいた経験のある僕も目から見ても、ここ数年での熱海の復活っぷりはハンパないんです!!

マジでエグいぐらいに観光客数が増えていて、熱海を訪れるたびにビックリしています。

そして、その立役者こそが著者の市来広一郎。彼の熱海に対する想いこそが、寂れた温泉地と呼ばれた熱海の街を小さく大きく動かしていったと言っても過言ではありません!

りょうかん
りょうかん
あっ、ちなみに僕自身はNPO法人atamista(代表:市来広一郎)で約1年ほど働いてました!

もちろんこのような状況になるまでには、乗り越えなければならない苦難も多々あったでしょう。

僕が熱海で一緒に働いていたのは、まさに事業がうまく回っていないそんな時期。間近で苦悩している姿も見ていたので、読んでいて目頭が熱くなる部分もひとつやふたつではなかったです。

上手くいったことも悩み苦しんだことも、熱海の活気が戻るまでの全ての軌跡が詰まった一冊になっているんじゃないかと。

本当に騙されたつもりで読んでみてほしいです!

特に、全国のまちづくり関係者、地方創生を夢見る行政職員は、絶対に読んだ方がいいですよ!読まないと後悔するから、絶対に!

りょうかん
りょうかん
読み終わったらAmazonにレビューを書いてあげてください!きっと市来が泣いて喜びますww

あと!学生の方へ!

この本の著者・市来広一郎の元で実践型長期インターンをするチャンスがあるようですー!熱海で創業する方の支援プログラムにがっつりと関われるようなので、めちゃくちゃ貴重な機会じゃないかと!

下記の記事に詳細をまとめているので、興味ある学生の方はぜひ読んでみてくださいー!

あわせて読みたい
熱海で創業支援のサポートをしよう。まちづくりの現場を担うインターンの募集が始まってます。どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 高度経済成長期には「新婚旅行のメッカ」とも呼ばれていた観光温泉地の熱海。 観光...

 

では、また!

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990.11.23、鳥取生まれ。 NPO法人atamistaゲストハウスあなごのねどこホンバコ(オーナー)を経て、今。 全国を巡りながらブログで生活中。 / ✍noteも書いてます / 支援大歓迎