仮想通貨

仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」のメリットとデメリットを解説!

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

仮想通貨元年と呼ばれた2017年が終わり、大きな発展を遂げそうな2018年が始まりました。

ニュースなどでも取り上げられたり、CMがたくさん流れたりし始めたことで、世間のビットコイン認知度は50%を越えるほどまで増えてきたそうです。

また、有数な仮想通貨取引所も増えてきています。僕自身が登録している取引所も計10箇所になりました。

それぞれの取引所に特徴があり、取引の考え方に応じて使い分けをしているんですが、今回はこの中から「bitbank(ビットバンク)」について、メリットとデメリットを解説してみます

リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)を安く購入するなら最もオススメしたい取引所です!

 bitbankに登録する(無料)

仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」とは

まずは仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」を簡単に説明します。

「bitbank(ビットバンク)」は、ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨の取引所で、2014年5月に設立されました。2017年9月末には金融庁で仮想通貨交換業者として正式に登録されています

現在取り扱いをしている銘柄は、「ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)・ライトコイン(LTC)・モナコイン(MONA)・ビットコインキャッシュ(BCH)」の全6種類。

中でも、リップルを手数料無料で売買できるのは「bitbank」が唯一じゃないかと!

bitbank(ビットバンク)のメリット

ここからは「bitbank(ビットバンク)」のメリットを説明していきます。全部で4つをご紹介!

1.全通貨ペアの取引手数料無料

2018年3月31日までのキャンペーンではあるんですが、全通貨ペアで取引手数料が無料となっています。

ビットコインの取引手数料が無料はよく聞く話(Zaifはマイナス手数料)ですが、全通貨ペアで完全無料なのはかなり珍しいです。

しかも、僕もオススメ銘柄で第3位に「リップル(XRP)」はただでさえ売買できる取引所が2箇所しかないのに、手数料が無料ですからね。リップルの購入の選択肢は一択と言っていいレベルだと思います。

【関連記事】【2018年版】仮想通貨のオススメ銘柄ランキングを大公開!|りょうかんのつぶやき

2.スマホ向けのデザインを提供

仮想通貨の取引を気軽にスマートフォンでやりたい人にとって、スマホのインターフェイスは重要です。その点、bitbankは考え抜かれたデザインでとても使いやすいです。

習慣的にパソコンを使う時間が取れない人には、かなり嬉しい機能じゃないでしょうか。

ちなみに、「BitTrade(ビットトレード)」はbitbankのシステムと使って運営されていると言われています。

【関連記事】仮想通貨取引所「BitTrade(ビットトレード)」のメリットとデメリットを解説!|りょうかんのつぶやき

3.多彩なテクニカル分析ツール

bitbankでは、世界で親しまれ100を超えるテクニカル分析が使える「TradingView」を採用しています

これにより、「トレンドライン」や「一目均衡表」はもちろん、「通貨ペアの比較分析」も可能です。使い倒せるのであれば強力な武器になりそうです。

しかも、これらのテクニカル分析を同時に使っても動作が重くならないのが素晴らしいです。

4.最高水準のセキュリティ対策

大事な資産を預けるため仮想通貨取引所のセキュリティの高さも、取引所選びの重要なポイントです。

bitbankでは、オフラインのコールドウォレットでビットコインをセキュアに管理しています。マルチシグ(複数人署名)によってハッキングや内部犯対策も万全とのこと。

さらに、ビットコインセキュリティ専門企業の「BitGo」と提携しているので、インターネットに常時接続されているホットウォレットの安全性も確保されています。

世界で比較しても最高水準のセキュリティ対策を実施している取引所だと言えるでしょう。

詳しくはこちら → 仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」のセキュリティ対策が万全すぎる!!マジで世界最高水準!|りょうかんのつぶやき

5.追証金なしの先物取引が可能

また、bitbankは「bitbank Trade」という仮想通貨FX取引所の運営もしています。追加証拠金なしでレバレッジ最大20倍の先物取引が可能です。

bitbankでアカウントを持っていれば最短2分で口座開設が終わり、24時間365日ビットコインFXができるようになるというわけですね。

追加証拠金(追証)が不要ということで、入金した金額以上の損失が発生しません。ギャンブル破綻をしなくて済むので安心して使えるんじゃないかと。

bitbank(ビットバンク)のデメリット

対して、「bitbank(ビットバンク)」のデメリットも紹介しておきます。

1.スマホアプリがない

残念なことに、WEBページはスマホ対応をしているのですが、スマホアプリはリリースされていません

まあアプリのセキュリティ対策も求められてしまうので…。WEB特化という戦略もわからなくはないですが、普段使いに慣れがいるかもしれません。

2.全体取引高が少ない

CoincheckbitFlyerなどの大手と比べると登録者数自体が少ないので、必然的に取引量も少なくなります。

平常時は大きな問題にはならないんですが、暴騰時や暴落時には取引が成立しないことが頻繁に起きてしまいます

手数料が安いので重宝する部分もありますが、逆に取引が成立しないリスクがあることも覚えておいた方が良いでしょう。

 

まとめ:リップルを安く買える取引所

仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」のメリットとデメリットについて書いてみましたが、いかがだったでしょうか。

リップルを安く購入できる取引所なので、リップラーを目指す人は登録必須の取引所じゃないかと。

スマホで使いやすい上にセキュリティ面もかなり安心できるので、ぜひこの機会に登録してみてください!

 bitbankに登録する(無料)

bitbank(ビットバンク)のメリット

1.全通貨ペアの取引手数料無料
2.スマホ向けのデザインを提供
3.多彩なテクニカル分析ツール
4.最高水準のセキュリティ対策
5.追証金なしの先物取引が可能

bitbank(ビットバンク)のデメリット

1.スマホアプリがない
2.全体取引高が少ない

 

 

仮想通貨投資のはじめ方(bitbankの場合)

はじめ方は超簡単!メールアドレスで簡単登録をして、免許証などの本人確認書類をアップロード、最後にbitbankから郵送されるハガキで本人確認ができたら取引が開始できます!

皆さんも、「bitbank」で仮想通貨取引をはじめてみませんか?

 bitbankに登録する(無料)

 

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990年生まれ。鳥取在住のプロブロガー。約3年間のカフェ経営の経験あり。地方都市でも好きなことでしっかり稼ぐためのヒントを書いています。 【✍️note