【予想】ビットコインは年末に向けて上昇し続けるでしょう。しかし、年明けすぐに……、大暴落します。[2017年版]

2017年12月9日仮想通貨・暗号通貨

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

衝撃的なタイトルに驚いた人もいるかもしれません。しかし、改めて警告を出しておきます。

ビットコインは年末に向けて上昇し続けるでしょう。
しかし、年明けすぐに……、大暴落します。

この記事を書いている2017年11月28日現在、ビットコインの価格は約108万円。年始の時点では10万円そこそこだったのが約10倍に跳ね上がってるわけですからね。いやー、まったくもってバブリーなグラフです。

Coincheckより(2017/11/28 10:26)

今回の記事では、「年明けに大暴落する根拠」を書いてみようと思います。参考にしてみてください。

【関連記事】ビットコインが110万円越え寸前!仮想通貨全体が爆上げしていて不気味すぎる。|りょうかんのつぶやき

【関連記事】ビットコイン、150万円突破!!……、あれ?一気に160万円に!?【12/7】|りょうかんのつぶやき

【関連記事】ビットコイン180万円とっp……。えっ、220万円!?これはバブルだ【12/8】|りょうかんのつぶやき

スポンサーリンク

チューリップバブル

まあ最初からネタばらしをすると、根拠というより、歴史的な事実がそうなるんじゃないかという予想をさせているという話です。

その良い例として、1634年から1637年にかけてオランダで起きた「チューリップバブル」の話をしてみます。

人類史上初めての金融バブルと呼ばれているこのバブルは、チューリップの小さな球根に『家一軒に相当する額』の値がつくほどに膨れ上がり、そして一気に破裂して萎んでいきました。

元々は、あるウイルスの影響でチューリップの花びらの色のパターンが珍しく変化することから、富豪たちがこぞって球根を買い漁ったことに発端するようなのですが、球根1個にそれほど熱狂していた当時の人たちの心境は今のビットコインに酔狂する人たちと似ているのかもしれません。

そんなチューリップバブルの頃のデータの中には、「たった1ヶ月で球根価格が20倍に上昇した」というものも残っているとかいないとか…。

ツイッターでは、チューリップバブルの値動きと今のビットコインの値動きを比較した投稿も増えてきています。

「投資の大衆化」が暴騰の原因

さて、考えておかねばならないのは、なぜ当時のオランダで「チューリップの価格」が暴騰したのか

そのヒントは、投資漫画「インベスターZ」の第5巻に描かれていました。ご紹介します。

漫画「インベスターZ」第5巻より
漫画「インベスターZ」第5巻より
漫画「インベスターZ」第5巻より

なぜチューリップの価値が暴騰したのか。原因のひとつに「投資の大衆化」があります

今の我が国とまったく同じ現象が17世紀のオランダで起きていたのです。好景気により金余りが生じ、一般大衆までもが利殖に走った。オランダでは投資対象がたまたま球根だった。

値はどんどん吊り上がり、買いが買いを呼ぶ。投機は過熱し実体とかけ離れた取引が行われ、相場は膨張…。そして、限界まで膨らんだところで破裂––––。大暴落する。

統計学的に言って、急激に上昇したものは必ず急降下して元に戻る…。これは自然の道理。

画像で読みにくい人のために文章にもしておきました。

今のビットコインバブルのような現象も、VALUの登場などによって一般大衆がビットコインを扱うようになってきた頃から始まっています。なんだか今のビットコイン相場に対しての注意喚起をされているように感じませんか?

ビットコインとチューリップの違い

しかし、このチューリップバブルの話をすべて鵜呑みにするのも少し考えもの。「ビットコイン」と「チューリップ」の違いを頭に入れておくべきです。

それは実際価値の有無。

チューリップは、大衆の中に「球根の値段って、いうてもこのくらいだよね」という相場感があると思うんですが、ビットコインは本来の価値判断をするべき基準がないんですよね。

これは大きな違いで、バブルのように弾ける未来もあれば、逆にさらに大きな波となって既存通貨を飲み込んでいく可能性もあるというわけ。

たとえば、2017年11月28日現在で「1BTC=約108万円」の価格が、2018年が始まる頃には「1BTC=1000万円!」となっていても不思議じゃない。

まあさすがに、ここから1ヶ月でさらに10倍にまで価値が膨れ上がれば「バブルだ!」という人も増えるんでしょうね…。

まとめ

いかがだったでしょうか。

最後まで読んでもらったのに裏切るようで申し訳ないですが、「年明けには大暴落する」と警告を鳴らしながら、僕自身は来年の今頃には「1BTC=1000万円」の大台を突破している未来にBETしています。

既存の法定通貨(円やドルやユーロ)よりビットコインが信用されて使われる未来は、十二分にあり得ると思ってます。

まあ、ビットコインの最近の様子を見ていると、ハードフォーク問題が政治的な揺れ動き方をしているので、もしかすると今は第二勢力以下でうごめいている「アルトコイン」が覇権を奪っているかもしれませんが…。

どちらにせよ、仮想通貨市場自体は今の10倍100倍になっていくのでしょう。

年末年始で大暴落大暴騰の大荒れ相場が捲き起こるかもしれませんが、虎視眈々とコツコツ地道な積立をしていく人が数年後に大きな資産を築いているように思います。

「仮想通貨の積立」に興味のある人は、ぜひ「Zaifコイン積立」をチェックしてみることをオススメしておきます。手数料が安い上に銀行から自動引き落としなので、めちゃ便利です!

僕もZaifコイン積立で毎月自動積立を始めてます。ビットコイン以外にも、「イーサリアム」や「ネム」「モナコイン」にも設定ができるので、分散投資もできちゃいます!

Zaifコイン積立の詳細を知りたいという人は、下記記事にメリットや懸念事項などをまとめていますので、ぜひこちらも読んでみてください。

合わせて読みたい:【完全版】仮想通貨に興味があるなら「Zaifコイン積立」をオススメしたい。|りょうかんのつぶやき

登録自体は無料です。下記のバーナーからサイトに飛び、身分証明書写真で本人確認をするだけの簡単登録なので、早く始めたい人は今すぐにどうぞ!

▼ 登録はこちらから ▼

 Zaifに登録する(無料)

若い人は特に、「バブルだ!」「違う!」とバカげた議論に巻き込まれることなく、余剰資金の範囲内で仮想通貨積立貯金をしておくことを強くオススメしておきます。

下記の記事でも書きましたが、微々たる利息を期待して銀行貯金するぐらいなら一部でも仮想通貨でキャッシュを増やしていきましょう!

合わせて読んでほしい:20代で「仮想通貨積立貯金」を始めよう!銀行利息なんてバカバカしい。|りょうかんのつぶやき

僕は仮想通貨の未来に懸けてます。あなたも一緒にどうですか?

 

この記事を読んだ人にオススメ書籍

「仮想通貨に手を出すとしても最低限の知識は持っておきたい」という人向けに、オススメの書籍を3冊選んでみました。とても参考になる内容なので、ぜひ読んでみてください!

 

スポンサーリンク

2017年12月9日仮想通貨・暗号通貨

Posted by りょうかん