ビットコインが何円から購入できるか知っていますか? 意外と知らない人が多くてビックリ!

仮想通貨・暗号通貨

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

「ビットコインが50万円を突破したよー」なんて話をすると、「そんな高かったらもう買えないや」と言われることが多い。

まあそりゃそうですよね。僕も最初はそうだった!w

2017年9月現在で仮想通貨の保有者は100万人程度と言われているので、陸の孤島・鳥取で理解している人はもっと割合が低くて200人に1人ぐらいのイメージかなぁ。

ビットコインの名前は聞いたことがある…、程度の知識であれば知らないのも当然でしょう。

そんな人たちに向けて、「ビットコインはいくらで買えるのか?」という疑問に答えてみます。


小数点以下のやり取りが出来る

これも知らない人が多いように感じますが、ビットコインには「発行量の上限」がすでに決まっています。これは金の埋蔵量を意識して取り決められたもので、西暦2140年頃を目処に2,100万BTCまで発行される予定です。(西暦2033年には99%が発行される)

参考記事:ビットコインの相場は発行量から読み解いていこう!

しかし、この量では世界中の人が取引するには足りないように感じます。そこで、ビットコインをはじめとした仮想通貨全般は「小数点以下」での取引が可能となっています。

最初はこの感覚がなかなか掴めないんですよねー。

ビットコインが普及してカフェの会計でも使えるようになると「コーヒー1杯、0.001BTCになります」という会話が繰り広げられることでしょう。w

ちなみに、理論上は「0.00000546BTC」まで取引が可能と言われています。現在(2017/9/4)のビットコインの価格は「1BTC = 500,000JPY」程度なので、約3円からビットコインは買えるということになりますね。


実際に買える最小金額

とは言え、今の段階で実際にビットコインを3円で買えるわけではありません。さすがに取引手数料も少額になりすぎるのでシステムの維持費とのバランスが成り立たないのでしょうね。

そこで、日本円でビットコインを購入できる「取引所」では、それぞれ売買の最低取引単位を設けているようです。

参考までに、主要取引所の最低取引単位をまとめておきますね。(1BTC = 500,000JPY換算)

主要取引所の最低取引単位


Zaif(ザイフ):0.0001BTC(約50円)
bitFlyer(ビットフライヤー):0.001BTC(約500円)
Coincheck(コインチェック):0.005BTC(約2,500円)

こうみると、Zaifの単位の小ささが際立ってますね! さすがに50円分を購入する人は稀だと思うので、bitFlyerやCoincheckぐらいの単位でも全く問題ないでしょうね。

実際に僕が購入する際には5,000円以上の金額を投入しているのであまり気にせず使ってます。最初はそのくらいから購入して保有してみるのもよいでしょう。

ビットコインだけで始めるなら「ビットフライヤー」で十分ですが、個人的には取扱通貨の多い「コインチェック」をオススメしてます

▼ bitFlyerの購入はこちら ▼bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

▼ Coincheckの登録はこちら ▼ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

仮想通貨は若い人こそ保有するべきです! 早い段階でこの新しい時代の風に触れておくと、めちゃくちゃ良い経験になりますよー! 20代は特に注目しておきましょう!

参考記事20代で「仮想通貨積立貯金」を始めよう!銀行利息なんてバカバカしい。|りょうかんのつぶやき