仮想通貨

仮想通貨投資をする人が覚えておくべき7つの危険性(リスク)

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

身近なところでも、仮想通貨投資を始める人が増えてきました。

某公務員の方から、某アナウンサーの方まで、いろいろな方面から質問をいただく機会も目に見えて多くなってきたこの頃です。

しかし、その人たちを見ていると「短期的な儲け」に目がいってしまっている感じがプンプンと漂ってきています。この状態はかなり危険な状況なんですよね〜

というわけで、今回は「仮想通貨投資の危険性(リスク)」として考えられる7つの項目を書き出してみました!

この記事を読んで、健全な仮想通貨投資に臨んでもらえると嬉しいです!

1.価格が暴落するリスク

これは皆さん理解しやすい危険性だと思いますが、仮想通貨は株や為替のように日々「値動き」をするものなので、当然ながら元本割れを起こすことも十二分に考えられます

逆に、株式投資や為替取引ほど市場が成熟していないため値動きが激しいのが仮想通貨市場でもあります。

1日で30%以上の暴落をすることも珍しくありません。実際に2018年1月18日にも大暴落が…。w

【関連記事】ビットコインの暴落をまとめてみました。頻繁に起こるので初心者の方は慣れましょう|りょうかんのつぶやき

 

2.通貨を紛失するリスク

また、保有していた仮想通貨を「紛失する」という危険性も存在しています。

可能性としては、「ハッキングによって盗まれるパターン」「送金アドレスを間違えて行方不明になるパターン」「秘密鍵を忘れて引き出せないパターン」の3つが考えられます。

インターネット上で取引を行う以上は、「ハッキングリスク」からは避けられません。76億円相当のビットコインをハッキングによって盗まれた被害も報告されています。

【参考記事】「ビットコイン盗まれた」76億円相当か マイニングプール「NiceHash」ハッキング被害|ITmedia NEWS

また、送金アドレス(送金先の口座)を間違えると行方不明になってしまうことも…。僕の知り合いも間違えて70万円相当の仮想通貨を紛失させてしまいました。

https://twitter.com/takeee814/status/949424856105238529

 

3.詐欺に遭遇するリスク

また、仮想通貨ブームに乗っかり、詐欺案件も増えてきました。

【参考記事】とろサーモンの久保田かずのぶ ビットコイン詐欺の被害を受けていた|livedoor NEWS

「仮想通貨(ビットコイン)をダシにした詐欺」と「ICOによる詐欺コイン」の2種類の詐欺案件がありますが、規制により減少するであろう後者より、手口が巧妙になっている前者に注意をする必要がありそうです。

下記のツイートに書かれているようなものは詐欺である可能性が高いので、覚えておきましょう!

 

4.取引所の破綻のリスク

皆さん、「株式会社MTGOX(マウントゴックス)が破たんしたこと」を覚えていますか?

ビットコイン取引所であったマウントゴックスが突如破産をしてしまい、仮想通貨を預けていた人は泣き寝入りするしかなかった事件なんですが、同様なことが起きる危険性は常にあると思っておいた方が良いでしょう。

なので、大きな資産を預ける場合は、コールドウォレットが導入されていたり補償体制が整っている取引所を使うようにしておくとベターです。

執筆段階では「bitFlyer」が最も体制が整っている印象がありますが、それぞれの取引所の条件を確認して自分の判断で決めることをオススメしておきます。

どうしても心配な人は、ハードウェアウォレットを使うようにすると安心ですよー!

 

5.国家的な規制のリスク

日本はかなり進んでいるんですが、世界的に見れば仮想通貨に関する法整備はまだまだ未成熟です。

なので、中国や韓国のように「規制」の方向に国家が旗振りをすると、価格の暴落を引き起こしてしまうことがあります。

【参考記事】中国政府、仮想通貨規制を強化予定|CoinPost

さらに、フランス・ドイツなども規制の方針のようなので、今後さらなる暴落が引き起こされるリスクがあることは覚えておきましょう。

【参考記事】G20、仮想通貨規制を議論 仏独提案へ|日本経済新聞

 

6.暴行殺人などのリスク

また、ビットコインなどの仮想通貨を大量に持っていることが周囲にバレると、暴行などの事件に巻き込まれてしまう危険性も高まります。

よく「宝くじで大当たりをした人が強盗に襲われた」という話を聞きますが、仮想通貨でも同様なことが実際に起き始めています。

なので、もし運良く儲かったとしても安易に周囲の人には公言しないなどという対策を取っておくのが良いでしょう。

 

7.借金を溜め込むリスク

多くの健全な思考を持っている人であれば大丈夫だと思いますが、ギャンブル好きな人に注意しておきたいのが「借金をしてまで買うべきではない」ということです。

正直な話、仮想通貨はハイリスク・ミドルリターンぐらいの投資案件なので、資産の5%程度の余剰資金で運用するのがベストです。

ただ、儲かる話が世間で話題になっているので、一攫千金を狙って借金をして仮想通貨を買う人も現れているそう…。アメリカでは自宅を担保にした人もいるみたいです。

何度も伝えておきますが、仮想通貨投資は「余剰資金」で行いましょう

 

まとめ

どうでしょう。多少は「仮想通貨の危険性(リスク)」を理解していただけたでしょうか?

もちろん、リスクを承知して適切な投資を行えば、大きな利益(リターン)を得ることができるのも事実です。

僕のブログを読んでくださっている方には、しっかりとリスクを頭に入れた上で仮想通貨投資に臨んでほしいなと思っています。大損をして人生を棒にふるような人はなるべく減らしたいですからね…。

ブロックチェーンが世の中に浸透して、より良い社会が訪れるのを期待して、適切な仮想通貨投資をしていきましょう!

仮想通貨投資に潜む7つの危険性(リスク)

1.価格が暴落するリスク
2.通貨を紛失するリスク
3.詐欺に遭遇するリスク
4.取引所の破綻のリスク
5.国家的な規制のリスク
6.暴行殺人などのリスク
7.借金を溜め込むリスク

 

余談:仮想通貨で稼ぐならアフィリエイト

これは完全な余談になりますが、仮想通貨で稼ぎたいのであれば「アフィリエイト」に力を入れましょう

仮想通貨アフィリエイトは今がバブル真っ最中なので、めちゃくちゃ稼げます! 紹介した友達が取引所で口座開設するだけで最大64,000円をゲット出来ちゃいますよー!

これで稼いだお金で仮想通貨を買うようにすれば、少なくとも大損することはありません◎

興味のある方は、下記の記事を読んで検討してみてくださいませ〜!

【関連記事】仮想通貨アフィリエイトが誰でも稼げる説!1人紹介するだけで最高6万4千円GETできちゃうぞー!|りょうかんのつぶやき

 

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990年生まれ。鳥取在住のプロブロガー。約3年間のカフェ経営の経験あり。地方都市でも好きなことでしっかり稼ぐためのヒントを書いています。 【✍️note