仮想通貨

2018年の注目銘柄は「イーサリアム」で決まり!

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

朝の読書に「1時間でわかるイーサリアム入門」を読みました。ブロックチェーンの基礎知識があれば30分ぐらいでサクッと読める文量です。

これを読んで、2018年のイチオシ銘柄は「イーサリアム」に決めました! まだまだ過小評価されてますよこれ。w

今日(1/7)の相場で「1ETH=約13万JPY」程度。この1ヶ月で3倍近く伸びてますが、ポテンシャルはこんなもんじゃないでしょう。

時価総額ランキングでは発行枚数の多いリップルに抜かれて3位となっていますが、不動のトップを走るビットコインを脅かす可能性が最も高いのはイーサリアムで間違いないかと。

数ヶ月以内に今のビットコインの時価総額ぐらいまでの成長はするんじゃないかなー。そうなると「1ETH=約50万JPY」ですか。全然ありえますね。

追記(2/2):時価総額は2位に返り咲き

記事を書いた際には3位に転落していた時価総額ですが、2月2日現在は2位に返り咲いてます。(最新情報はこちらをご覧ください)

 

イーサリアムってどんな銘柄?

そもそも「イーサリアム」がどんな銘柄なのか知らない人も多そう…。

「1時間でわかるイーサリアム入門」に書かれていたことを引用しながらザックリと説明しておきましょう。

イーサリアムは一言でいえば「多機能版ビットコイン」で、なかでも特筆すべきなのが「スマートコントラクト」という機能です。

引用:1時間でわかるイーサリアム入門

そうなんです。「第二世代」と呼ばれることもあるんですが、ビットコインのアップデート版という思想で作られた銘柄で、ビットコインにはない機能がたくさん備わっています。

というか、イーサリアム自体は通貨というより「プラットフォーム」なんですよ。

ブロックチェーンが「インターネット」だとすると、イーサリアムは「iPhone」みたいなものだとイメージすればわかりやすいかもしれません。いや、わかんないか。w

つまりは機能が追加される(アプリをインストールする)ことでようやく真の価値が発揮されてくるんです。

スマホを使っているみなさんならわかると思うんですが、電話とインターネットが使えるだけのiPhoneって意味ないじゃないですか。w

2017年のイーサリアムはまさにそんな感じですよ。「iOSアプリがほとんど開発されてない状況のiPhone」の段階で評価されてきたわけです

ただ、2018年はいろいろな機能が開発されてくるでしょう。というか、すでに開発は進んでいて、世の中に浸透するスピードが追いついてきてないだけだったり。

なので、ここから爆発的にイーサリアムがシェアを奪っていく可能性は極めて高いんじゃないかと。

イーサリアムのスマートコントラクトは金融業界を中心にビジネスを変革する可能性のあるものとして認識されています。

デリバティブ契約、不動産の登記など、契約を伴う取引活動全般で、イーサリアムのスマートコントラクトの適用が検討されていますが、それは取引プロセスの自動化によってコスト削減やセキュリティ向上が期待できるからです。

将来的には中央機関や金融機関を介さず、企業や個人間で取引ができるようになるとの期待もあります。

引用:1時間でわかるイーサリアム入門

そう。開発が進むことで、イーサリアムの思想は将来的には金融業界に変革を起こし始めるんですよね。

その勢いを加速しそうなハードフォークも2018年に実施される予定になってます。

4段階目のSerenity(セレニティ)は2018年中の実施が見込まれており、承認アルゴリズムの変更などが行われる予定となっています。

引用:1時間でわかるイーサリアム入門

ハードフォークと聞くと「分裂するんじゃないか!?」と不安になる方もいると思いますが、今の段階ではおそらく分裂を回避する方向に進みそうらしい。

となると、分裂危機に晒されることなくアップデートすることになるので、期待できそう予感。

さらに!

イーサリアムはビットコインよりも決済スピードが早く、瞬時に決済できるという特徴があります。

引用:1時間でわかるイーサリアム入門

そう、ビットコインよりも決済スピードが早いという特徴もあるんです!

それだけじゃなく、イーサリアムは現状の「PoWシステム」から「PoSシステム」への移行が予定されています。これによって今以上に高速化される可能性が高いので、今後の動きに注目しておきましょう!

 

追記(2/2):BTCとETHの力関係

また、2018年に入ってからビットコイン(BTC)との力関係にも変化が見られます。

下のグラフを見てもらうとわかるように、ビットコインに対してイーサリアムの価値が上がってきました。

たった1ヶ月間の推移なので極端な予想ですが、この勢いが続けば仮想通貨の基軸通貨ポジションをイーサリアムが奪い去る未来もある…かも?

 

買い増しを進めます

というわけで、2018年は「イーサリアム元年」なるだろうと予想して、淡々と買い増しを進めようと思います。

全財産をつぎ込むわけにはいかないので、ブログでJPYのマイニングを進めて、余剰資金を投入していく方向ですね〜。

あとは淡々と「Zaifコイン積立」で枚数を増やしていくのが吉かと。

先月まではBTCとXEMにかけていた比重を、今月からETHにも傾けることにしました!

最初は3,000円だった積立金額も、今月から10,000円に増額しました!いやはや増やしすぎかしら。w

目標は年内に積立金額を30,000円に増やすこと!その際にはイーサリアムの割合を半分ぐらいにしますかね!頑張ろう!

【関連記事】素人でも稼げる「Zaifコイン積立」を徹底解説!|りょうかんのつぶやき

 

あっ、ちなみに積立以外でイーサリアムを買い増すのであれば手数料の安い「Zaif」「bitbank」「BITPoint」がオススメです。bitFlyerで買うと買った瞬間に大きなマイナスになることも…。ご注意くださいませ。

Zaifで購入する

 bitbankで購入する

BITPointで購入する

 

【関連記事】仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」のメリット・デメリットを解説!|りょうかんのつぶやき

【関連記事】仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」のメリットとデメリットを解説!|りょうかんのつぶやき

【関連記事】仮想通貨取引所「BITPoint(ビットポイント)」のメリットとデメリットを解説!|りょうかんのつぶやき

 

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990.11.23、鳥取生まれ。 NPO法人atamistaゲストハウスあなごのねどこホンバコ(オーナー)を経て、今。 全国を巡りながらブログで生活中。 / ✍noteも書いてます / 支援大歓迎