【9月30日まで】新規口座登録で3,000円相当のビットコインがもらえるキャンペーン!
仮想通貨

仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco(ギンコ)」を使うメリットとデメリットを解説!

彼女
彼女
仮想通貨を買ってみたんだけど、管理ってどうすればいいのー?

りょうかん
りょうかん
オススメなのはウォレットアプリの「Ginco」かな!

どうも、法定通貨より仮想通貨の保有額の方が多くなったりょうかん@ryokan_1123)です。

今回は、オススメの仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco(ギンコ)」を紹介します!

セキュリティ性が高いのはもちろん、シンプルなデザインで使い勝手も抜群

複雑な設定もなく、初めての仮想通貨ウォレットとしてもオススメできるアプリです。

というわけで、この記事では、次世代の仮想通貨ウォレット「Ginco」の魅力をしっかりと解説してみます!

Ginco - 仮想通貨ウォレット

Ginco – 仮想通貨ウォレット

無料posted withアプリーチ

2018年8月現在、iOS版のみとなっています。Android版も近日リリース予定なのでもう少々待ちください。

はじめに:仮想通貨のウォレットって何?

彼女
彼女
というか、そもそも「ウォレット」って何〜?

りょうかん
りょうかん
仮想通貨を保管する場所のことだね!

まずは「仮想通貨ウォレット」の解説から始めましょう。

直訳すれば財布という意味ですが、「仮想通貨を保管する場所」のことを指します。法定通貨でいう『銀行』のような場所だと思ってもらうとイメージしやすいでしょうか。

銀行口座の暗証番号にあたる「秘密鍵」というものを使って、仮想通貨という資産を管理します。

仮想通貨を保管する「ウォレット」には5種類のタイプがある!?

また、ウォレットには全部で5つの種類があります。

1.ウェブウォレット
2.モバイルウォレット
3.デスクトップウォレット
4.ハードウェアウォレット
5.ペーパーウォレット

今回は詳細な説明を省きますが、上から下の順にハッキングリスクは少なくなります

ちなみに、今回紹介するウォレットアプリは「2」のモバイルウォレットに分類されるものです。

彼女
彼女
じゃあハッキングされるかもしれないってこと!?

りょうかん
りょうかん
Gincoは自分のスマホ端末からしかアクセスできない仕組みになっているから安心なんだよ!詳しくは後ほど解説するね!

仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco(ギンコ)」って?

続いて、今回紹介する仮想通貨ウォレット「Ginco」について

Ginco(ギンコ)は、2018年4月にリリースされたウォレットアプリで、仮想通貨の銀行になることを目指しています

日経新聞やNewsPicks、TechCrunchなど、以下のような大手メディアにも掲載されるほど注目を集めるサービスでもあります。

また、ビットコイン・イーサリアムなど計15種類の通貨に対応しています。複数の通貨を一元管理することができるのは良き点ですね!

2018年8月現在の対応通貨一覧

Ginco(ギンコ)を使うメリットは?

彼女
彼女
Gincoを使うメリットって何かあるの〜?

りょうかん
りょうかん
もちろん!特徴的なものを4つ紹介するね!

① 高水準のセキュリティ性

ウォレットアプリで最も懸念される「セキュリティ面」で、Gincoは高水準のレベルを提供してくれています

Gincoでは、自分のスマホ端末からしかアクセス権のない「クライアント型ウォレット」という仕組みを採用しています

りょうかん
りょうかん
Coincheckのように、ハッキングで資産を盗まれる心配はしなくて良いのです!

さらに。

通信時のセキュリティにも力を入れており、サーバーと接続するときには高度な暗号化を施す「SSL/TLS」という技術を常に使っています。また、ブロックチェーンに使われている仕組みを応用した独自の認証方式の二段構えで万全を期しているとのこと!

さらにさらに。

不正送金防止システムを提供するSentinel Protocolと提携をしており、仮想通貨を送金する際に詐欺などに合うリスクを軽減する取り組みも始めています

今年9月の実装を目指して開発しているとのことなので、ますますセキュリティ性が高まっていくことは間違いありません。

② 超絶シンプルなデザイン

実際にインストールしてビックリしたんですけど、デザインが超絶シンプルで使いやすいんですよね!

仮想通貨ウォレットアプリと言えば使いにくいものが多い印象を持っていたんですが、Gincoはトップオブトップと言っていいほど使いやすさへのこだわりを感じます

こればかりは使ってもらわないと伝わらないと思うので、試しに一度インストールして体感してもらいたい!!

Ginco - 仮想通貨ウォレット

Ginco – 仮想通貨ウォレット

無料posted withアプリーチ

③ シームレスで豊富な機能

あと、使ってみて凄く良さを実感したんですが、「ポートフォリオ確認」や「仮想通貨の送受金」などの機能がシームレスに使えるんですよ!

ただの資産管理だけでなく、Gincoのアプリひとつで豊富な機能を使い倒せるのは大きなメリットに感じました!

さらに!

今後の機能追加の予定も提示されているので、今のうちから使っておこうと思わされる部分も強いです。

今後の展開【2018年8月現在】

2018年4月:「Ginco」正式版リリース

2018年5月-6月:BCH,LTC,MONAの取扱い開始

2018年7月:分散型取引所(DEX)の搭載。DAppsプラットフォームとAndroid版アプリから、様々なブロックチェーンゲームなどを利用できるようになる。

2018年第3期:DAppsプラットフォームの搭載&Android版のリリース。

2018年第3期-第4期:XPR,NEO,LISKなどの取扱い開始。(XPRは対応済み)

2019年内:法定通貨からの入金に対応

④ 随時実施のエアドロップ

Gincoでは、不定期で仮想通貨の無料配布「エアドロップ(AirDrop)」を実施してくれています

アプリをインストールしておくだけで無料で資産が増えるので、これほど素晴らしいことはないですね!

今後のエアドロップのスケジュールはアプリ上でも簡単に確認ができます。

最近はメジャーコインの無料配布は減ってしまっていますが、突然実施されることもあるので、インストールだけでもしておくと損はないですね!

Ginco - 仮想通貨ウォレット

Ginco – 仮想通貨ウォレット

無料posted withアプリーチ

 

Ginco(ギンコ)を使うデメリット(リスク)は?

彼女
彼女
良いところばかりに聞こえるけど、ダメな点はないの〜?

りょうかん
りょうかん
当然リスクになる部分もあるから説明しておくね!

① スマホを失くすと終了

最大のリスクは「スマホ紛失」になります。スマホを失くしたり盗まれたりするのはもちろん、水没で故障してしまうことでも、大事な資産をゼロにしてしまう可能性があります…。

この後で説明する『バックアップの作成』だけは忘れずにやっておきましょう

りょうかん
りょうかん
スマホの指紋認証やパスコード設定も忘れずに!

② パソコンでは使えない

デメリットに感じない人も多いかもしれませんが、パソコンで作業する時間の長い人にとっては画面の小さなスマホでしか使えないのはストレスになることがあります

たとえば、Gincoから取引所へ仮想通貨を送金しようとする際に、入金アドレスのコピペに煩わしさを感じることも…。

りょうかん
りょうかん
慣れてしまえば済む問題かもしれないですけどね!

③ 秘密鍵などは自己管理

高いセキュリティ性の反動でもあるんですが、秘密鍵などの管理は完全に自分自身でやらないといけないという側面もあります

Gincoとしても使いやすいさにフォーカスをしているので、複雑な設定などは一切ないですが『自分で管理している』ということを忘れてしまうと悲惨な目にあうことも…

りょうかん
りょうかん
バックアップの作成も、自分でしっかりやりましょう!

 

Gincoの使い方は?

彼女
彼女
そんなに言うなら、ちゃんと使い方も教えてよ!

りょうかん
りょうかん
当然!まずはアプリをインストールしてみよう!

Ginco - 仮想通貨ウォレット

Ginco – 仮想通貨ウォレット

無料posted withアプリーチ

Gincoの使い方 – 登録の手順 –

インストールしたら「今すぐ始める」をタップ。

続いて、好きなユーザー名を入力しましょう。(僕は「りょうかん」にしました)

アプリ自体の暗証番号を設定します。確認のため2度入力するので、しっかり覚えておきましょう

利用規約をしっかり読んで、3個にチェックをしましょう。これで完了です!

通知の許可は推奨されていますが、僕はオフにしました。

 

Gincoの使い方 – バックアップの作成 –

そして、大事なのは『バックアップの作成』です!忘れずに設定しておきましょう!!

バックアップキーとは、

・保有する仮想通貨にアクセスするための唯一の鍵。

・デバイス紛失時や乗り換え時に資産を復元できる。

・手元で他人に見られぬように安全に保管するもの。

・記録し忘れると、仮想通貨を失う危険性が高まる。

という大事なコードになります。

『紙とペン』を準備して、『他人に見られない場所で実施するようにしましょう

まずは左上のプロフィールボタンをタップします。

「セキュリティ設定」「バックアップを実行」の順にタップしていきます。

「紙とペン」「他人に見られない場所」「3分の時間」の準備ができたら、バックアップキーの表示をタップして次に進みます。

全部で12個の単語が表示されるので、順番に紙に書き残しておきましょう。

表示された単語を自分で打ち込んで間違って記録されてないかを確認できたら、バックアップキー作成の完了です。

モザイクで隠してますが、12個の単語が表示されています。

ちなみに、スクリーンショットで記録するのはオススメしません

そのスクショ画像が盗まれる危険性もある上に、そもそもスマホを紛失したらスクショも…。

Gincoアプリ上でも警告が出ます。

 

まとめ:初めてのウォレットアプリは「Ginco」で!

いかがだったでしょうか。

仮想通貨のウォレットアプリは様々登場していますが、今回紹介した「Ginco(ギンコ)」はセキュリティ面でもデザイン性でも抜群だと感じています

これまで取引所で管理していた人が初めてウォレットを使ってみる、という際に最も適したサービスだと断言しておきます!

メリットとデメリットをしっかり知った上で、ひとまずインストールして使ってみてください

① 高水準のセキュリティ性
② 超絶シンプルなデザイン
③ シームレスで豊富な機能
④ 随時実施のエアドロップ

① スマホを失くすと終了
② パソコンでは使えない
③ 秘密鍵などは自己管理

Ginco - 仮想通貨ウォレット

Ginco – 仮想通貨ウォレット

無料posted withアプリーチ

 

補足:大きな資産はより安全な「ハードウォレット」で管理する方が良いよ!

Gincoのようなウォレットアプリは、少額の資産管理には利便性が良いのですが、ネットに接続されているためにハッキングリスクはゼロにならないので、大きな資産を預けるのは不安も残ります

なので、大きな資産を管理する際には、ネット接続されない「ハードウォレット」で管理することを推奨しています。

ハードウォレットの中でオススメなのは、対応通貨が豊富で定番の「Ledger Nano S」です。

1万円以上の値段もしますし、使い方も慣れるまで時間がかかりますが、大事な資産を守るためにも参考にしてみてください!

 

合わせて読むべき記事

2018年版オススメ銘柄ランキングで1位にしているイーサリアムの売買ができるオススメの取引所をまとめています。

今後DAppsなども含めて様々な活用が期待されている銘柄なので、この機会にチェックしてみてください!

 

また、BITPointでは、『3,000円相当のビットコインをプレゼント』というサマーキャンペーンを実施中

9月30日までの期間限定なので、まだ登録していない方はこの機会にぜひ!

 

では、また!

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990.11.23、鳥取生まれ。 NPO法人atamistaゲストハウスあなごのねどこホンバコ(オーナー)を経て、今。 全国を巡りながらブログで生活中。 / 仕事の依頼は【料金表】を参照ください / ✍noteも書いてます / 支援大歓迎