旅をすると「日常の強度」が増す。【ゲストハウスガイド100】

ライフハック

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

旅先のゲストハウスに置かれていた本をフッと手に取った。

パラパラとめくっていると、東京R不動産の吉里裕也さんと、FootPrintsの前田有佳利さんの対談が載っていた。

2人ともFacebookでも繋がっている知り合いだ。

「ハプニング と 出逢うための旅」

テーマも今の僕にぴったりじゃないか。そう思って、読み始めてみた。

・・・

・・・・・・

いきなり僕の手が止まる。同じ部分を何度も読み返す。

吉里 目的なんて大袈裟なものはないよ。だって旅したいじゃん(笑)。ただ、あえて言葉で表すなら、ローカルな旅って日常の“スパイス”だなと思っていて。暮らしの中の刺激というか。映画を観に行く感覚にも似てる。

前田 ほお、スパイス。どういうことですか?

吉里 日常に近いローカルな場所に滞在すると、自分の普段の暮らしと対比しやすくなる。すると、自分では当たり前だと思っていた毎日が、客観的に多面的に捉えられるようになって、日常の強度が増すというか。例えば僕の場合だと「東京で暮らす僕らにしかできないこと」に気付きやすくなる感じ。

そうか。

僕の中で足りなくなっていたのは「日常のスパイス」で、僕の中の「日常の強度」が足りなくなったから折れたのか。

 

妙に納得した。

 

うん、しばらくは「日常の強度」を高めるために旅に出よう。それがいい。

そうだな…、来月は2週間ぐらい地元にいなくてもいいか。長いと疲れるから、再来月は1週間ぐらいかな?

強度を補強しながら、次に向けた助走を始めていけばいい。背中を押してもらった気がした。

 

そんな生活をしていて貯金は足りるだろうか、刺激が強すぎやしないだろうか。

不安は尽きないけれど、直感を信じて進んでみようと思う。

 

ありがとう、「ゲストハウスガイド100」。

 

guesthouse RICO

住所:和歌山県和歌山市新通5丁目6番地
電話番号:073-488-6989
メール:guesthouse.rico@gmail.com
チェックイン:16:00〜22:00
チェックアウト:10:00
料金:3,200円〜/人
WEBサイト:https://www.guesthouserico.com/

 宿泊予約する  

 

The following two tabs change content below.
りょうかん
1990年生まれ、鳥取育ち。 まちづくりや仮想通貨に関する専門家。 プロフィールをより詳しく知りたい方は、こちらをお読みください。  個人株「VALU」もやってます→【りょうかんのVALU

合わせて読みたい記事

ライフハック

Posted by りょうかん