直感に従って進めばいい。親の意見なんてほとんど時代遅れだからさ。

2017年5月27日その他

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

ホンバコという拠点を持つと、ブログを読んだ人がたまに相談をしに来てくれたりします。

そんな相談の内容とその答えを、チラッと公開してみます。

スポンサーリンク

親が反対してるんですけど

現役高校生(男)からこんな質問をされました。

僕は高校2年生なんですけど、小学校の頃からずっとバスケを続けてきました。

でも、最近『トットリハイスクールプロジェクト』の活動に参加し始めて、地域の人だったり面白い大人の人達とたくさん会って話を聞いたりしていることの方が楽しく感じてきてしまっています。

将来的には地域に関わることをしていきたいという想いもあって大学もそんな感じの学部に進もうと考えているので、部活のバスケを辞めて、もっと本格的に地域の活動に関わっていきたいなと思っています。

しかし、親からは「今部活を辞めたら絶対に後悔する」と反対されています。

自分的には今辞めないでズルズルと部活を続ける方が後悔する気がするんですけど、りょうかんさん的にはどう思いますか?

いや〜、自分がバスケを辞めて地域の活動にもっと関わることの方が今はやりたくて、部活を辞めることに自分自身が納得して後悔をしないと感じているのであれば、今すぐにでも辞めればいいんじゃないかな。

だって、後悔するのは親じゃなくて自分自身でしょ?
自分自身が後悔ないと思った方を選択した方がいいに決まってるじゃん。

それに、よく親の意見を気にして「親孝行するために進学(就職)しないといけない」みたいなことを言う人がいるけど、親を理由にして自分のする決断の責任から逃れようとしてるだけにしか見えないんだよね。

親や周囲の人に何と言われようが、最終的に決断を下すのは自分自身であって、それに対する責任は自分自身にしか負えないわけ。
例えば、今、親の反対で部活をズルズルと続けたとして、その結果が思い描いた最悪の方向に転がったとしても、『部活を続ける』決断をしたのは紛れもなく自分であって、その尻拭いを親がしてくれるわけじゃないの。

だから、やりたいようにやったらいいと個人的には思うよ。

スポンサーリンク

親世代の意見は時代遅れ

それと、親世代の意見なんてほとんど時代遅れだと思ってる方がいいかもしれないぐらいでさ。

今は大きな変革の時代の流れの中にいるのね。
日本は歴史上初めて人口が自然減を始めていて、更には農業革命、産業革命に続くIT革命の真っ只中に生きているわけさ。

親世代と違って、今の10代20代は、その変革を至極当たり前の感覚で捉えられてる。
物心ついた時から、世界人口は増加してるけど日本の人口は減ることは当然だったし、パソコン・携帯電話・スマホみたいな機器を使いこなすことだって平然と出来るわけじゃん。
きっと今の40代50代60代は、その変化に対して自分の価値観を変化しきれてない人が多い。

だから、親世代の意見はほとんど時代遅れだと思って聞くぐらいでいいと思ってるし、逆に言えば、今の時代、これからの時代を生き抜くための直感が鋭いのは間違いなく10代20代の世代なはずだと個人的には信じてる。

そう思ってるからこそ、部活を辞めてまで地域に関わる活動に参加したいという直感はきっと正しいと、伝えたい。

きっとこれからの時代は、周りに流されて決断を下す人ではなく自分の意思で決断を下していける人、もっと言えば、決めることに対する責任をきちんと自分で負う覚悟を持って決断を下していける人が、生きやすくなる世の中になっていくと思ってます。

 

僕の意見が正しいとは限らないし、この意見を真に受けて決断するにしても最後は自己責任として決断してください。この記事の中の何かが、あなたの参考になれば幸いです。

 

では、また!

スポンサーリンク

2017年5月27日その他

Posted by りょうかん