【悲報】生活するだけでビットコインが貯まる「Coincheckでんき」に乗り換えできませんでした。

ライフハック, 仮想通貨・暗号通貨

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

誰でも簡単にビットコインをゲットすることの出来る方法として紹介することに多かった「Coincheckでんき」ですが、僕の運営するシェアハウスは乗り換えができませんでした…。

2017年9月13日に僕の住む鳥取の「中国電力」も対象エリアに加わったので期待していたのですが、残念でなりません!!

僕が躓いたのは「平均電力使用量の少なさ」でした! 学生の一人暮らしの人なども事前のチェックが必要ですので、参考にしていただけると幸いです。

参考記事


中国電力は「5%」の高い付与率!

まずは、こちらの表をご覧ください。「Coincheckでんき」で電気料金に応じて「割引or付与」されるビットコインの割合が書かれています。

僕の住む鳥取の「中国電力」は他の地域と比べても比較的高めの5%の付与率になっています。

2017/9/14時点の割引率・付与率

しかし、注目してほしいのは「平均使用量300kWh以上」という部分。

僕の運営するシェアハウスの電気使用量を確認すると…。

なんと、143kWh!! 基準の半分以下!!!

この場合、どうなるのか…。まさか付与率ゼロ…!? と思って、問い合わせをしてみました。

電話で話をして、検針票をメールで送付。その結果、返ってきたメールはこんな内容でした。

Coincheckでんきからの返事(2017/9/25 14:04)

電気のご使用量が年間平均で300kWh以下のお客様はご契約対象外とさせていただいており、メリットをご案内することが出来かねます』

あはは〜、僕は生活するだけでビットコインがもらえない人種のようでございます。ショボーン


一般家庭の平均電力使用量は300kWh程度

それじゃあ自分の家も対象外かも…、と思われた中国電力管轄圏内にお住いの方に朗報です!

電気事業連合のWEBサイトによると一世帯あたり電力消費量は年々増加傾向にあり、一般家庭の平均電力使用量は300kWh程度になっているそう!

つまり、一般的な家庭であれば生活しているだけで「Coincheckでんき」によってビットコインを手にすることが出来るはずでございます!

(ということは、僕のシェアハウスの住人がほとんど家にいないから電気の使用量が少なすぎるのか!!)

特にオール電化の家などであれば、かなりの金額のビットコインが付与されることになりそう…。

例えば、毎月20,000円程度の電気代を払っている人であれば、毎月1,000円分のビットコインが自動的に口座へ…。素晴らしい世の中になったものです!!

まさに、僕のオススメする「仮想通貨の積立貯金」が、何も考えなくても「ドルコスト平均法」的に出来る素晴らしい仕組みじゃないかと!

参照:20代で「仮想通貨積立貯金」を始めよう!銀行利息なんてバカバカしい。|りょうかんのつぶやき

一人暮らしの大学生なんかは、1ヶ月の電気使用量が300kWhに届いていればぜひ検討してみると数年後にはめちゃくちゃ大きな違いになっていると思いますよー!

 

少しでも興味を抱いた人は、「Coincheck」に登録だけでもしてみましょう! 登録したからと言って、ビットコインを買う必要はないわけですので!

「まずはやってみて、自分に合うかどうかを考える」

これからの時代を生き抜くために必須な考え方だと思いますので、興味を少しでも抱いたなら登録だけでもしたほうが良いですよー!(これだけ言っても登録しない人はドンマイです)

▼ 登録はこちらから ▼ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

仮想通貨投資に興味がある人にオススメの書籍

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)や、他の仮想通貨投資に興味を抱いている人にオススメの本を紹介しておきます!

こちらの「5000円ではじめる仮想通貨投資入門」は、まず最初に読むべき入門書と断言出来る良書です! 興味を抱いたなら、読んでみる価値がありますのでぜひ!

 

The following two tabs change content below.
りょうかん

りょうかん

オーナー経営者Book Cafe ホンバコ
1990年生まれ、鳥取育ち。 「Book Cafe ホンバコ」のオーナー経営者。 プロフィールをより詳しく知りたい方は、こちらをお読みください。  個人株「VALU」もやってます→【りょうかんのVALU