【販売中】ReBuilding Center JAPAN(リビセン)の書籍をホンバコでも!鳥取で唯一の取り扱い!

2017年10月10日オススメ本, ホンバコ, リノベーション

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

ReBuilding Center JAPAN(通称:リビセン)」をご存知でしょうか? リノベーションに興味のある方なら名前を聞いたことはあるはず!

世界一住みたい街として有名なアメリカ・ポートランドにある「ReBuilding Center」の名前やロゴ、そして『Culture』を正式に引き継ぎ、長野県諏訪市にオープンした建築建材のリサイクルショップです。

そのリビセンの会社案内本(という名の自費出版らしい)が、今月末(9/30予定)に発売されます!!

現在STORES.jpの専用サイトで予約受付中なのですが、僕の経営する「Book Cafe ホンバコ」でも販売しています! 確認した限りだと鳥取県では唯一の取り扱い店舗です!

鳥取にお住まいの方々で「読んでみたい!」と思っていた方は、取り置きをしますのでお声かけください!(最後まで読むとお得な情報も…!?)

 


ReBuilding Center JAPANとは

2016年に長野県諏訪市にオープンした建築建材のリサイクルショップです。わかりやすく表現すれば「古材屋さん」なのですが、それだけじゃなく想いと夢がたっぷり詰まったこれからの時代の古材屋さんというイメージ。

その想いと夢は経営理念の『ReBuild New Culture』にも込められているように感じます。

オープン前に実施したクラウドファンディングでは目標の300万円を大きく上回る540万円を調達したことでも注目を集め、リノベ業界の関係者がこぞって訪れるホットスポットになっています

参考記事(クラウドファンディングサイト)

もっと詳しく知りたいという方は、様々な媒体で取り上げられた記事を読んでもらえるとリビセンの良さが伝わるかと。下記にオススメの記事のリンク集を載せておくので参考にしてもらえると嬉しいです。

特に、「knowers」の記事の中に書かれていた代表の東野唯史さんの言葉(締めの挨拶)は心に響くのでぜひ読んでもらいたい! 一部引用して紹介させていただきます。

ReBuilding Center JAPANは10年とか20年とかをかけて、ようやく今のアメリカのReBuilding Centerに追いつくのかなぁと思っています。それくらい向こうは進んでいるというか…。進んでいると言っても技術的なものは日本と何も変わらなくて、ただその街に住んでる人の意識とそこに関わっているスタッフの意識みたいなものが、ぼくらが思ってる理想的な状態としてすでにあるっていう感じで。

日本にはまだまだそれが足りないなっていうのを全国に行ったりいろんな人とお話する中で感じるので、アメリカにはないこういうカフェをやったりとか、ぼくがデザインの仕事を続けてくっていうことをやっていきます。

まだまだこれから始まるばかりで前途多難ではあるんですけれども、こういう材料を使ってストーリーを引き継いで、みんなが気持ちいい暮らしができて、住むこととか生きることとかが楽しくなるような生活づくり・暮らしづくりができるような場所をここからつくっていけたらいいなと思います。ぼくらには手にあまるくらい良い場所ができたので、みんなの期待に応えられるように一歩一歩頑張っていきたいと思います。

引用:http://knowers.jp/7524/

素敵だなぁ〜

リビセンの未来へ投資するための本

さて、肝心のリビセン本の中身についても少し触れてみたいと思います。

ReBuilding Center JAPANのFacebookページの投稿に目次が公開されていたので、転記させてもらいました!

目次

■レスキューとは
 -レスキューをするわけ
 -レスキューの流れ
■リビセンのチーム編成
 -Builders Center
 -Design Center
 -Culture Center
 -Supporters
■実例紹介
■コラム
■あの人からみたリビセン
 -パンと日用品わざわざ 平田はる香
 -西村佳哲(リビングワールド代表)
 -馬場正尊(Open A代表)

個人的には『あの人からみたリビセン』という対談コーナーが楽しみであります!! 

そして、この本を出した意味。全てを物語ってくれている文章と画像を紹介させていただきます。

文章は東野唯史さんのFacebook投稿から、画像は東野華南子さんのFacebook投稿から引用させていただきました。

リビセンの取り組みは、日本や地球という規模で世の中を見たときには、もう本当に小さな小さな、意味があるのかないのかわかんないくらいの取り組みです。

リビセンが取り組んでいる内容、立ち向かうべき社会問題の巨大さが見えてきたときにわかったのが

「僕らだけじゃ無理!」

ってこと。
だからといって諦めるんじゃなくて、真面目が取り柄の僕らは一歩一歩進んでいくしか無くて、僕らだけじゃ駄目だからこそ、協力してくれる仲間を募集します。
この本をきっかけに、賛同してくれる人を集めて、
一緒にこれからの景色をつくっていくひとたちが見つかるといいな。

ただ、読むだけでもきっと面白い!と思うので、ぜひ!どうぞ!よろしくおねがいしますー!!!!!!

引用:東野唯史さんのFacebook投稿

リビセン本のとある1ページ。

「ReBuilding Center JAPAN 』の想いをしっかり受け継いだ人が日本中に登場し、全国各地に『ReBuild New Culture』が普及していく未来を、彼らは作ろうとしているのだと思います。

今回の書籍は「会社案内本」として作り始めたものであって、この本を通じて伝えたいのはその『理念』なんじゃないかと勝手に推測しています。

この本を購入するということは、リビセンが目指す未来に対して投資をすることと同義。そんな想いをもって、ホンバコでも微力ながらそのお手伝いをすることにしました。

この記事を読んで興味を持った方は、ぜひお買い求めいただけると嬉しいです。


お得情報(ホンバコ限定)

※ 事前予約者の限定サービスは終了しました。

ここまでお読みいただいた方に、お得情報を。(鳥取の人限定)

発売予定日の2017年9月30日(土)の前日23:59までに、ホンバコでの取り置き事前予約をしてくださった方には、もれなく「1ドリンクのサービス」を付けさせていただきます!

受け取りの際にサービスでドリンクをご注文頂けますので、ぜひ事前予約をよろしくお願いします!(1冊税込1,404円での販売となります)

取り置き事前予約をご希望の方は、僕宛てに「Facebook Messenger」or「Twitter DM」でご連絡ください!

ココアが隠れた人気メニューです(撮影:Ayako Hiragi

「ReBuilding Center JAPAN」店舗情報

住所:〒392-0024 長野県諏訪市小和田3-8
電話:0266-78-8967
メール:info@rebuildingcenter.jp

最寄り駅:JR中央本線「上諏訪駅」徒歩10分

定休日:水曜日・木曜日
営業時間:
 [cafe]09:00~18:00
 [古材]11:00~18:00

HP:http://rebuildingcenter.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/ReBuildingCenterJAPAN/
Instagram:https://www.instagram.com/rebuildingcenterjp/

 

P.S. 東野夫妻と一緒に過ごした2週間の恩

実は、この「ReBuilding Center JAPAN」の代表・東野唯史さん、そして奥さんの東野華南子さんとは、約2週間ほど寝食をともにさせてもらった時期がありました

ホンバコを始める半年ちょっと前の2014年の9月。ちょうどこのブログを始めた頃だったので、見返してみると当時の日記が出てきました。(ただの日記…ハズカシー!!)

縁あって徳島県神山町の現場作業のお手伝いをし始め、山口県萩市、大分県竹田市を巡る道中をご一緒させてもらいました。

当時の僕はチャラチャラしたどうしようもない人間で、色々と怒られることばかり…。注意されるときは「ゆとり」と呼ばれていたのを今でも思い出します。ハズカシー!!

しかし、あの時に見聞きしたものや経験が、ホンバコの発想やその後の運営に大きな影響を与えている感覚は強く抱きますし、おそらくあの2週間がなければ今の僕もないとも感じています。

あれから3年の月日が経ち、当時のご恩を少しでもお返しすることが出来る機会に恵まれて本当に嬉しいです

 

The following two tabs change content below.
りょうかん

りょうかん

オーナー経営者Book Cafe ホンバコ
1990年生まれ、鳥取育ち。 「Book Cafe ホンバコ」のオーナー経営者。 プロフィールをより詳しく知りたい方は、こちらをお読みください。  個人株「VALU」もやってます→【りょうかんのVALU

2017年10月10日オススメ本, ホンバコ, リノベーション

Posted by りょうかん