ダイアリー

沖縄の知られざるプライベートビーチは、キャロットアイランド「津堅島」にあった!

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

日本人なら一度は行きたい南国「沖縄県」に来ております

やっぱり沖縄と言えば、綺麗な海! これだけは外せないですよね!!

沖縄に向かう飛行機から見た海

しかし、観光客が年々増加している(2017年は年間938万人!!!)という沖縄です。どこの海に行っても基本的には人で溢れてる……。

人混みが苦手&カナヅチで泳げない僕のような人にとっては厳しい現実です。

でも!沖縄に来たからには『人の少ない静かなビーチ』でのんびりと過ごしたい!!

そんなことを思っているときに現地の人に紹介されたのが「津堅島ビーチ」でした。

知られざるプライベートビーチのような場所だったので、のんびりと過ごしたい人には本当にオススメです!

津堅島ってどこ?

この「津堅島」は、沖縄本島(平敷屋港)から高速船で15分の離島です。本島の中央部東側に位置しています。

本島とを結ぶフェリーが1日5往復運航しているので、日帰りでも十二分に楽しめます!

また、別名「キャロットアイランド」と呼ばれており、島の大部分を人参畑が占めている不思議な島です。

一面に広がる人参畑は開放感たっぷり!

人参畑の間の道は、島なのにどこまでも続くほどまっすぐ伸びており、心も体も踊り出してしまいそうに。

道の両側がずっと人参畑!

津堅島ビーチまでの行き方

まずは、本島「平敷屋港」からフェリー(高速船)に乗りましょう。【時刻表はこちら

船に揺られて15〜30分で「津堅島港」へ到着します

津堅島港の待合所

島に到着すると、まずは「あずま商店」で自転車をレンタル(1日500円)すると便利です

ビーチまでは1.5kmほどなので、歩いて行けない距離ではない。ですが、爽快な気分で移動ができるので、レンタサイクルするのをオススメしておきます!

港から島の方へしばらく歩くと、3つの上り坂が見えてきます。その真ん中の入り口に黄色く大きな看板があるので、これを目印に進んでください。

迷ったら電話すると教えてくれます
エメラルドグリーンのお店を見つけましょう
レンタルできるのは普通のママチャリ

借りた自転車に乗り「津堅島ビーチ」に向かいます。

途中で「ニンジンの展望台」という謎のモニュメントがあるので、時間があれば立ち寄ってみると良いかも!

見た目は不思議な展望台ですが、小高いところから島全体を見下ろすことができます!絶景が広がってますよ〜

津堅島ビーチに到着!

しばらく自転車を走らせたあと、急な坂道を下ると津堅島ビーチに到着します!

見てください!

本当に人がいないッッ!!

津堅島ビーチの入り口

…まあ写真の撮り方で写ってないだけで、本当はマリンアクティビティを楽しんでいるグループが何組かいました(笑)

時期的な影響(5月下旬)もあると思いますが、それでも沖縄の海としては素晴らしいほどのプライベートビーチ感を満喫することができます

「キャロット愛ランド」で津堅そばを

これは注意事項なんですが、津堅島には観光客向けの飲食店がほとんど存在していません!

しかし、このビーチのすぐ目の前に「キャロット愛ランド」という食堂があります。

現地で食事もしたい方は、ぜひ立ち寄ってみてください!

僕は「津堅そば」を注文しました。めちゃくちゃ美味しいとは言えないですが(笑)、ロケーションの妙で気分は大満足です!

沖縄の知られざるプライベートビーチ!

いかがだったでしょうか。

僕は「9:00(平敷屋港発)」で津堅島に降り立ち、「15:00(津堅港発)」で島をあとにしたので、約6時間ほど島でまったりと過ごすことが出来ました

ほんとに時間が過ぎるのを忘れるほどに、ゆっくりとした空気が流れている島です。

途中で海を眺めながらブログを書く時間を作ったんですが、風が心地よくてマジ最高でした!!!

沖縄に訪れた際には、ぜひ「津堅島」でまったりしてみてくださいー

島の人に教えてもらったんですが、運が良いとマンタやウミガメに遭遇できるらしいですよ〜

追記①:沖縄県総合運動公園もオススメ!

沖縄本島の中央部、沖縄市にある「沖縄県総合運動公園」もまったり過ごすには最適のスポットです!

手ぶらでキャンプをすることもできるので、沖縄に旅行の際にはぜひチェックしておいてください!

あわせて読みたい
沖縄県総合運動公園がこの上なく極上の居心地だった!次はキャンプをしたいな!どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 沖縄にショートステイしている間に、ふら〜っと「沖縄総合運動公園」に立ち寄ってみま...

追記②:LCCで航空機代も格安に!

約8年ぶりに沖縄に来た僕ですが、一番驚いたのが「飛行機代の安さ」です!

LCC(格安航空券)を使うと、東京からでも最安8000円代のチケットが見つかります

大阪からだと驚愕の5000円以下のチケットも!!!すんっっっごい!!!

世の中のサービスの進化によって、沖縄は気軽に行ける場所になってますね

ぜひ仕事の息抜きを兼ねて沖縄へ行ってみましょう!バカンス!バカンス!

スカイチケットを確認する

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990.11.23、鳥取生まれ。 NPO法人atamistaゲストハウスあなごのねどこホンバコ(オーナー)を経て、今。 全国を巡りながらブログで生活中。 / 仕事の依頼は【料金表】を参照ください / ✍noteも書いてます / 支援大歓迎