モバイルルーター

【危険】通信制限無しの「どんなときもWiFi」が最強すぎる話【ノマドワーカーに最適】

⏱ この記事は約 9 分で読めます

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。
ブログを始めて4年半、完全ノマドワーカーになって1年が経ちました。

ノマド的に働いていると、この働き方に憧れている人から「どのモバイルルーター(ポケットWiFi)を使ってますか?」と聞かれる機会が多くあります。

熱海と鳥取の二拠点生活をしている僕は通信制限が一切無い【WiMAX】を愛用していますが、対応エリアの狭さや壁で電波が遮断される点に煩わしさを感じており、胸を張ってオススメできずにいました・・・

そんな中、【通信制限無し】【LTE回線】【料金格安】という最強三点セットを網羅した文句なしのモバイルルーターがリリースされたと聞きまして。

それが今回紹介するどんなときもWiFiです。(2019年3月リリース)

というわけで、この記事では「どんなときもWiFiの特徴や懸念点」をまとめました。

「どんなときもWiFi」の特徴を3行で伝えると・・・

✔︎ 通信容量はどこまでも使い放題!3日間の使用制限等もありません。

✔︎ 使用エリアに応じて自動最適されたキャリア回線に接続されます。

✔︎ 月額料金は2年間定額「3,480円」と他社と比べても格安です。

実際に契約して使っているわけではありませんが、条件だけでも【現状最強】と断言できるモバイルルーターかなと。

乗り換えを本気で検討するぐらい最強なので、ぜひ参考にしてみてください。

≫ 通信制限なしでキャリア回線を使える「どんなときもWiFi」をチェックする

通信制限無しの「どんなときもWiFi」って?

「どんなときもWiFi」は、2019年3月にリリースされたモバイルルーター(ポケットWiFi)です。

概要を下表にまとめました。

名前 どんなときもWiFi
通信回線 LTE回線(SoftBank/docomo/au)
契約期間 2年(24ヶ月)
契約手数料 3,000円+税
初期費用 0円
※ レンタル代金無料
月額料金 1~24ヶ月目:3,480円+税
25ヶ月以降:3,980円+税
2年総額 86,520円+税
3年総額 134,280円+税
解約手数料 0~12ヶ月目:19,000円+税
13~24ヶ月以内:14,000円+税
26ヶ月目以降:9,500円+税
更新月:0円
通信制限 一切なし
※ 違法ダウンロード、不正利用、大容量通信によるネットワークの占有を行った場合、通信速度を制限する場合があります。
公式サイト https://donnatokimo-wifi.jp/

運営会社の「株式会社 グッド・ラック」は、僕も以前使っていた「NEXT mobile」の運営会社でもあり、モバイルルーター提供には実績があります。

 

「どんなときもWiFi」の特徴まとめ

特徴を一覧にすると下記の通りです。

どんなときもWiFiの特徴

① 通信容量が完全に無制限!【3日制限も無し】
② 三大キャリアのLTE回線に対応!【自動最適】
③ 月額料金がマジ格安!【定額でわかりやすい】
④ 海外でも手続き無しで使える【107ヶ国対応】
⑤ 離島でも送料無料!【最短で翌日から使える】

それぞれ順番に解説していきます。

特徴① 通信容量が完全に無制限!【3日制限も無し】

一般的なモバイルルーターでは、下記のどちらかの通信規制が設けられていました。

✔︎ 毎月20GBまでなどの月間使用量での規制
✔︎ 3日で10GB以上使うと制限のかかる規制

が、「どんなときもWiFi」は完全に無制限で使い放題です!
月に1TBを使おうと、3日で30GBを超過しようと、通信速度が落ちることはありません。

これまで通信制限の無いモバイルルーターと言えば「WiMAX」の一択だったので、LTE回線を使うルーターとしては初の無制限ではないかなと。

違法ダウンロードや不正利用などを行った場合は、通信速度を制限することがあるようです。

 

特徴② 三大キャリアのLTE回線に対応!【自動最適】

「どんなときもWiFi」が革新的なのは【LTE回線】を使える点です。

モバイルルーターの最も大きな懸念事項は「使いたい場所で電波が入るのか」なんですが、どんなときもWiFiは『三大キャリア(ソフトバンク/ドコモ/au)のLTE回線』を使っているため超広い範囲をカバーしてくれています

しかも、「クラウドSIM」を導入しているので、最適な回線に自動で接続してくれます。普通はどこか1社の回線しか使えないので、めちゃ凄いことです…!!

高速回線に広範囲で対応してくれるなんて素晴らしすぎる・・・

 

特徴③ 月額料金がマジ格安!【定額でわかりやすい】

また、これだけの好条件にも関わらず、24ヶ月目までの料金が【月額3,480円】と格安1日約116円です!

ちなみに、僕が現在使っている「Broad WiMAX」は月額3,411円なのでちょっと安いですね。ただし、25ヶ月目以降は「どんなときもWiFi」の方が安くなります。

「WiMAX」の料金例

とは言え、「どんなときもWiFi」は2年間定額制。料金の計算が簡単なのも嬉しいですね。

 

特徴④ 海外でも手続き無しで使える【107ヶ国対応

そして、海外に行く機会の多いノマドワーカーにはありがたいのが【海外でも手続き無しで1日1GBの高速通信(LTE)を使える】という機能ではないかなと!

クラウドSIMを導入しているメリットで、SIMカードの差し替えをしなくてもそのまま現地のSIMに対応してくれるというわけです。

ちなみに、1GBを越えた場合でも、他社(128Kbps)より速い「384Kbps」で利用可能とのこと。

海外での低速通信について
ただし、海外で使う際の使用料金は別途必要になります。詳しくは後述します。

 

特徴⑤ 離島でも送料無料!【最短で翌日から使える】

そして、契約後に即日発送してくれるので、最短で翌日にはWiFi環境を手に入れられます。送料は日本全国どこでも無料です。

よく「離島の場合は送料がかかります」と注意書きがありますが、「どんなときもWiFi」は離島にも無料で届けてくれるようです。国内であれば旅先でも受け取れるのは神対応

 

「どんなときもWiFi」の懸念点(デメリット)

良い部分だけを伝えても気持ち悪いので、気になったポイントも伝えておきます。

1.ルーターはレンタル【返品必須】

「どんなときもWiFi」では【D1】という新品のルーター端末をレンタルしてくれます。こちらのレンタルは無料とのことです。

が、あくまでもレンタル扱いなので、解約時には返却が必要になります。(送料は自己負担)

僕が現在利用しているBroad WiMAX」は解約時のルーター端末返却が不要です。

また、解約後に返却期限までの返却がない場合や、過失による故障があった場合は、機器損害金として18,000円が請求されますので、合わせて気をつけておきたいですね。

万が一が怖い人は、オプションサービスの「あんしん補償(400円/月)」へ加入しておくのが良いでしょう。

2.最大速度は遅め【WiMAXに軍配】

ルーター端末の性能に依存する部分でもあるんですが、通信速度自体は少し遅めかなと。WiMAXの最新端末「W06」と比較すると、

【どんなときもWiFi(U2s)】
下り最大速度:150Mbps
上り最大速度:50Mbps

【WiMAX(W06)】
下り最大速度:1.2Gbps(1,200Mbps)
上り最大速度:75Mbps

という感じです。上り速度と下り速度の両方とも軍配はWiMAXですね。

ただし、WiMAXを使っていても常にこの速度が出るわけではないな〜と感じるので、ぶっちゃけ「どんなときもWiFi(U2s)」の速度があれば全然問題ないと思います。

ちなみに、4Kの超高画質動画の視聴に必要と言われている下り速度は【25Mbps】です。つまり、どんなときもWiFiでもストレスなく視聴できるぐらいの速度は出ると思っておけばOK。

3.【途中解約は割高】2年間の契約縛り

他のモバイルルーターでもほぼ同じですが、契約は「2年自動更新」となっています。
なので、更新月以外に解約をする場合は【解約手数料】が発生してしまいます

以下に一覧を記載しておきますが、1年未満の解約だと約2万円、1年以上2年未満での解約は約1.5万円がかかってしまうので、注意しましょう。

「どんなときもWiFi」の解約手数料一覧

0〜12ヶ月:19,000円(税抜)
13〜24ヶ月:14,000円(税抜)
25ヶ月目:0円
26ヶ月〜:9,500円(税抜)

参考に伝えておくと、僕の契約している「Broad WiMAX」の解約手数料も全く同じです。 

4.【落とし穴】海外利用の際の別途料金

どんなときもWiFiは「海外でも手続き無しで使える」んですが、海外利用の際には別途料金がかかる点は気をつけた方がいいですね。

利用料は1日単位でかかり、利用する地域によって2つのパターンで料金が変わります。(詳しい利用可能国一覧はこちらをご覧ください)

「どんなときもWiFi」の海外利用料

エリア1:1,280円/日
(アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米)

エリア2:1,880円/日
(中東・南米・アフリカ)

ただし、請求は『使った日の分だけ』なので良心的です。また、料金自体も海外で使えるモバイルルーターの中では安い方かなと。

 

まとめ:今まで以上に場所に縛られない自由を

調べれば調べるほど、【現時点で最強のモバイルルーター】の言葉が頭に浮かびます。これはもう間違いないですね。

これまでWiMAXでは電波が届かなかった場所でもネット環境を整えることができるので、ノマドワーカーがより自由を手に入れるためには必需だなと。

サクッとですが、「どんなときもWiFi」がノマドワーカーに最適な理由を書いておきます。

ノマドワーカーに最適な理由

✔︎ WiMAXより対応エリアが広範囲
✔︎ 壁に遮断されないLTE回線を採用
✔︎ 月額料金は他のメーカーと同程度
✔︎ 海外でも手続き無しで利用可能

個人的には、WiMAX回線は建物などに電波が遮断されてしまう部分にストレスを感じているので、「電波遮断が少ないLTE回線で且つ通信制限のないモバイルルーター」という特徴に強く惹かれています

「Broad WiMAX」の解約手数料がなければ今すぐ乗り換えるのに・・・

 

まとめると、ガチで『現状最強』と断言できるモバイルルーターです。

今からモバイルルーターを契約する人、もしくは更新で乗り換えを考えている人は、ぜひ検討してみてください。

どんなときもWiFiの特徴

① 通信容量が完全無制限!
② 自動最適でLTE回線に接続!
③ 月額料金が格安!
④ 海外でも手続き無しで使える!
⑤ 離島でも送料無料!

≫ 通信制限なしでキャリア回線を使える「どんなときもWiFi」をチェックする

 

また、2019年6月現在『通信制限なし』を謳っているモバイルルーターをまとめたノマドワーカーが選ぶべきモバイルWiFi3選【通信制限は時代遅れ】も参考にどうぞ。

比較した結論として、【イチオシは「どんなときもWiFi」で決まり】です。

ノマドワーカーが選ぶべきモバイルWiFi3選【通信制限は時代遅れ】どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 ブログ歴は4年半。現在は鳥取と熱海の二拠点生活をしながらノマド的に働いています。...

 

というわけで、今回の記事は以上です。

では、また!

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990年11月23日 鳥取市生まれ / ブロガー兼WEBライター / 鳥取と熱海の二拠点生活中 / ✍毎日noteを書いてます / YouTubeチャンネルも稼働中 / polca Life / Amazonほしいものリスト
この記事もおすすめ