モバイルルーター

【実測比較】モバイルルーター「WiMAX (W05)」と「どんなときもWiFi (D1)」はどちらが優れてる?【通信速度・端末スペック・料金】

⏱ この記事は約 11 分で読めます

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。ブログで生計を立てています。

りょうかん
りょうかん
ノマドワーカーの必需品「モバイルルーター」の比較をしていきます!

この記事で徹底比較するのは、通信制限のないモバイルルーターの二大巨頭でもある「WiMAX(ワイマックス)」と「どんなときもWiFi(通称:どんファイ)」です。

✔︎ WiMAX(ワイマックス)
ノマドワーカーに長年親しまれてきた通信制限なしの王道モバイルルーター

✔︎ どんなときもWiFi(どんファイ)
2019年に登場したLTE回線クラウドSIM採用の新興モバイルルーター

現在どちらのモバイルルーターも契約して使っているので、両方の回線について実測した結果を紹介していきます

りょうかん
りょうかん
去年までの推しが「WiMAX」で、今年の推しが「どんなときもWiFi」なので、比較が楽しみです!

というわけで、この記事では「【実測比較】モバイルルーター「WiMAX (W05)」と「どんなときもWiFi (D1)」はどちらが優れてる?」について書いていきます。

しっかりとデータを実測しているので、参考にしてみてください。

 

ちなみに、最初に比較結論をお伝えすると・・・

【結論】圧倒的に「どんなときもWiFi」が優れてます

「どんなときもWiFi」の圧勝

詳しくは後述しますが、あらゆる面で「どんなときもWiFi」に軍配が上がります

どんなときもWiFiの通信端末「D1(ゴールド)」

他のモバイルルーターの追随を許さないレベルの優秀さなので、2019年時点では【絶対的な一択】と断言できるほどです。

りょうかん
りょうかん
まじで最強すぎる理由は、「通信制限無しの「どんなときもWiFi」が最強すぎる話」にもまとめています…!!

「悩む暇が勿体無いし、そこまで断言するなら契約しちゃえ!」と感じた方は、下記のリンクより手続きを進めちゃってください!

モバイルルーターを契約するつもりなら、この時点で申し込みを決断しても絶対に後悔はさせません!

≫ 最強モバイルルーター「どんなときもWiFi(通称:どんファイ)」をチェックする

通信制限無しの「どんなときもWiFi(どんファイ)」が最強すぎる話【ノマドワーカーに最適】フリーランスに最適なモバイルルータ「どんなときもWiFi(どんファイ)」の特徴を解説しました。「通信制限無し」「LTE回線」の組み合わせは他にはありません。しかも、通信容量無制限のルーターの中では、最安の月額3,280円!...

 

とは言え、せっかく記事を読み始めたなら実測データを確認してから判断したいですよね??

前置きが長くなってしまいましたが、本題に入っていきましょう!

 

「WiMAX」と「どんなときもWiFi」を徹底比較!

WiMAX」と「どんなときもWiFi」について、今回は下記の5項目で比較をしていきます。

比較① 端末スペック
比較② 通信制限条件
比較③ 通信速度
比較④ 契約期間
比較⑤ 月額料金

特に気になる「③ 通信速度」はしっかりと実測したデータを載せています!

比較① 端末スペック【 W05(WiMAX) vs D1(どんなときもWiFi) 】

まずは通信端末のスペックを比較していきます。

WiMAX」と「どんなときもWiFi」で、それぞれ選べる機種は下記の通りです。

WiMAX(ワイマックス)
・W06(最新モデル)
・W05
・WX05

どんなときもWiFi(どんファイ)
・D1【一択】

今回は、僕の使っている【W05】【D1】で比較をしていきます。

通信端末のスペックを表にまとめました。

名称
WiMAX
どんファイ
端末名
W05
D1
サイズ
約130×55×13mm
約127×66×14mm
重量
約132.2g
約156.9g
バッテリー容量
2,750mAh
3,500mAh
連続通信時間
最大9時間
最大12時間

サイズは「D1(どんなときもWiFi)」の方が気持ち大きく、少し重たい印象です。

その分だけバッテリー容量も多いため、連続通信時間も最大12時間と長くなっています

りょうかん
りょうかん
WiMAXの最新モデル「W06」のバッテリー容量は 3,000mAh なので、それでもどんなときもWiFiの方が優勢です〜

 

ちなみに、iPhone7と比較すると、「D1(どんなときもWiFi)」はほぼ同じサイズ感でした。

りょうかん
りょうかん
iPhone7の重さは 約137.7g です!

比較② 通信制限の条件【基本的にどこまでも無制限】

続いて、通信制限になる条件で比較していきましょう。

基本的には『制限なし』ですが、下記の条件を満たした場合のみ制限がかかります。

WiMAX(ワイマックス)
・直近3日間で10GB以上を利用
(概ね 1Mbps に制限)

どんなときもWiFi(どんファイ)
・著しいレベルの大容量通信を実施
(概ね 384Kbps に制限)

WiMAX」には、通信制限なしと謳いながらも実質的な「3日間制限」が存在します。

一方で、どんなときもWiFi」は、常識の範囲内で利用している限りどこまでも無制限です

りょうかん
りょうかん
これで「通信速度」が一定レベルに達してれば最高じゃないですか??

比較③ 通信速度【上り速度はどんなときもWiFiに軍配】(測定:熱海市)

というわけで、気になる【通信速度】を比較していきましょう。

まずは「測定データ項目」「快適に利用できる数値の目安」をまとめておきます。

ping(応答速度)
50ms以下[数値が小さいと良い]

下り速度(ダウンロード速さ)
10Mbps〜30Mbps[数値が大きいと良い]

上り速度(アップロード速さ)
1Mbps〜10Mbps[数値が大きいと良い]

最も重視しておくべきは「下り速度」です。この数値が高ければ通常の利用にはストレスを感じることはありません。

りょうかん
りょうかん
というわけで、僕の住んでいる【熱海市】で測定した結果をどうぞ!

 

まずは、熱海銀座通り商店街の路面店(1階)、カフェバール「QUARTO」で測定した結果です。

測定場所:QUARTO(2019.9.11 18:30頃)
名称
WiMAX
どんファイ
ping
75ms
39ms
下り速度
20.69Mbps
31.26Mbps
上り速度
0.39Mbps
13.18Mbps

特徴を整理すると、下記の通り。

測定結果①の特徴

✔︎ 全体的に どんなときもWiFi は高速
✔︎ 下り速度はどちらも問題ないレベル
✔︎ WiMAX の上り速度は物足りない

何度か測定しましたが、数値に多少の誤差はあれど傾向は同様でした。

りょうかん
りょうかん
WiMAXの上り速度だと動画のアップロードは厳しそうです…💦

 

熱海市内の別の場所でも測定してみました。

地図上はあまり変わらないですが、同じく銀座通り商店街のビルの2階にあるコワーキングスペース「naedoco」の測定結果です。

測定場所:naedoco(2019.9.11 18:00頃)
名称
WiMAX
どんファイ
ping
55ms
41ms
下り速度
11.64Mbps
16.38Mbps
上り速度
2.89Mbps
13.65Mbps

こちらの特徴もまとめます。

測定結果②の特徴

✔︎ 今回も どんなときもWiFi が優勢
✔︎ 10Mbps以上の安定した下り速度
✔︎ やはり WiMAX の上り速度は遅い

ちょっと驚きだったのが、「どんなときもWiFi」において何度か 下り速度より上り速度の方が速い という結果が出たことです。

そんなことってあるんですね(笑)

りょうかん
りょうかん
両方の測定で『上り速度は圧倒的な差がある』とはっきりしたので、頻繁に動画アップロードを行う人には「どんなときもWiFi」が良さそう!

比較④ 契約期間&解約手数料【WiMAXとドンファイに差は無し】

ここまで読むと「どんなときもWiFiが良いのかな?」と感じますね。

ですが、よくある『契約期間が長くて解約手数料が高いパターン』じゃないかと疑いの目もあるでしょう。

そこで、「WiMAX」と「どんなときもWiFi」の契約期間(&解約手数料)についてもまとめておきました。

名称
WiMAX
どんファイ
契約期間
3年間
(36ヶ月)
2年間
(24ヶ月)
解約手数料
WiMAX
どんファイ
1〜12ヶ月目
19,000円
19,000円
13〜24ヶ月目
14,000円
14,000円
25ヶ月目
0円
0円
26ヶ月目以降
9,500円
9,500円
WiMAXには、24ヶ月以内の解約で別途「Web割キャンペーン違約金(9,500円)」がかかります。

契約期間に1年間の近いはありますが、解約手数料は全く同じです。

りょうかん
りょうかん
3年契約の WiMAX が25ヶ月目で解約手数料ゼロなのは謎です・・・(笑)

比較⑤ 月額料金(年間総額)【若干 WiMAX の方が安い】

では、月額料金にはどのくらい差があるでしょうか?

利用期間によって月額料金に変動はありますが、それぞれ下記の範囲の料金になります。

WiMAX
2,726円〜4,011円

どんなときもWiFi
3,480円〜3,980円

それぞれの月額料金の変動は下記の画像で確認してもらえたらなと。

「Broad WiMAX」の料金プラン
「どんなときもWiFi」の料金プラン

これだけだとわかりにくいと思うので、『2年総額』と『3年総額』のトータル金額で比較してみました。(全て税別表示です)

名称
WiMAX
どんファイ
契約手数料
3,000円
3,000円
2年総額
83,494円
86,520円
3年総額
131,626円
134,280円

単純に金額だけで比較すると、若干ですが「WiMAX」がお得です。

「絶対に2年間は解約しないからネットが使えればOKなんだ…!!」と強い意志の人は、WiMAXの方がいいかもしれません。

りょうかん
りょうかん
ぶっちゃけ金額に大差はない(2〜4%程度の差)ので、それより通信速度の方が大事な気がします!

 

「WiMAX」と「どんなときもWiFi」の比較まとめ

この記事では「【実測比較】モバイルルーター「WiMAX (W05)」と「どんなときもWiFi (D1)」はどちらが優れてる?」について書いてきました。

結果は明らかです。優れているのは、

「どんなときもWiFi」

で間違いありません!断言します!

りょうかん
りょうかん
まじで最強なので、乗り換えのファーストチョイスにおすすめです!

働き方改革でリモートワークの普及も加速すると予想されています。

安定で速くて安いモバイルルーターを探している人には「どんなときもWiFi(通称:どんファイ)」がおすすめですので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

 

≫ 最強モバイルルーター「どんなときもWiFi(通称:どんファイ)」をチェックする

 

というわけで、今回の記事は以上になります。
検討の参考になれば幸いです。

では、また!

 

通信制限無しの「どんなときもWiFi(どんファイ)」が最強すぎる話【ノマドワーカーに最適】フリーランスに最適なモバイルルータ「どんなときもWiFi(どんファイ)」の特徴を解説しました。「通信制限無し」「LTE回線」の組み合わせは他にはありません。しかも、通信容量無制限のルーターの中では、最安の月額3,280円!...
ノマドワーカーが選ぶべきモバイルWiFi3選【通信制限は時代遅れ】どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 ブログ歴は4年半。現在は鳥取と熱海の二拠点生活をしながらノマド的に働いています。...

 

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990年11月23日 鳥取市生まれ / ブロガー兼WEBライター / 鳥取と熱海の二拠点生活中 / ✍毎日noteを書いてます / YouTubeチャンネルも稼働中 / polca Life / Amazonほしいものリスト
この記事もおすすめ