モバイルルーター

【本音】利用して感じた「どんなときもWiFi(どんファイ)」のデメリットをまとめます

⏱ この記事は約 7 分で読めます

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

2019年9月より、最強のモバイルルーター「どんなときもWiFi(通称:どんファイ)」を使い始めました!

りょうかん
りょうかん
まじで最強すぎるので、ぜひ「通信制限無しの「どんなときもWiFi」が最強すぎる話」を読んでみてください…!!

とは言え、契約するにあたり「本当のところは何かデメリットがあるんじゃない〜?」と疑ってしまうのが人間の性。

ぶっちゃけ僕自身は使い始めるまでに何十個ものレビュー記事を読んで比較をしました。

が、本音ベースでデメリット評を書いている記事はほとんど見つからず・・・

 

というわけで、この記事では「【本音】利用して感じた「どんなときもWiFi(どんファイ)」のデメリット」について書いていきます。

僕自身の嘘偽りないデメリット評ですので、これから契約を考えている人は参考にしてみてください。

≫ 最強モバイルルーター「どんなときもWiFi(通称:どんファイ)」をチェックする

 

【危険】通信制限無しの「どんなときもWiFi」が最強すぎる話【ノマドワーカーに最適】フリーランスに最適なモバイルルータ「どんなときもWiFi」の特徴を解説しました。「通信制限無し」「LTE回線」の組み合わせは他にはありません。しかも、通信容量無制限のルーターの中では、最安の月額3,280円!...
【注意点まとめ】当日から使える「どんなときもWiFi」の店舗受取サービスの利用手順どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 ブログで生計を立てており、移動しながら仕事をしています。 そんなノマドワーカー...

「どんなときもWiFi」のデメリット【本音】

どんなときもWiFi(通称:どんファイ)」を実際に利用してみて感じたデメリットは下記の3点です。

「どんなときもWiFi」のデメリット

① 端末に表示ディスプレイがない
② 2年契約で解約手数料がかかる
③ 解約時に通信端末の返却が必要

りょうかん
りょうかん
それぞれ詳しく書いていきます〜!

① 端末に表示ディスプレイがない

どんなときもWiFi(通称:どんファイ)」を使っていて最もデメリットに感じるのは「端末にディスプレイがない」という点。

大したことないポイントに思うかもしれませんが、地味にストレスを感じます。

過去に使ってきた WiMAX(W05)NEXTmobile(FS030W) と比較すると、下記のような場面で不便さがあります。

✔︎ トラブルの際に原因を特定しにくい
✔︎ 設定したパスワードを確認できない
✔︎ 直近に利用した通信量がわからない

デザインとしてはシンプルで美しいですが、若干の使いにくさはあると思っておくのが良いかなと。

りょうかん
りょうかん
とは言え、慣れてしまえば大きな問題ではなかったりもします(笑)

② 2年契約で解約手数料がかかる

使い始めていきなり『解約』のことを考えるのも・・・

と思うかもしれませんが、先日「NEXTmobile」の解約をしたばかりなので、どうしても気になってしまいます。

ちなみに、「どんなときもWiFi」の契約は【2年間(自動更新)】となっており、更新月以外での解約には契約解除料がかかります

ざっくりとまとめると、解約手数料は下記の通り。

1年目の解約:19,000円(税抜)
2年目の解約:14,000円(税抜)
3年目の解約:9,500円(税抜)

とは言え、一般的なモバイルルーターの契約でも同じような解約手数料が設定されているので、比較すれば大きな違いにはならないかなと。

りょうかん
りょうかん
ちなみに、WiMAX系のモバイルルーターは「3年契約」が基本なので、それと比べればマシですね!

どうしても解約手数料が気になってしまう人は、契約期間がなく解約手数料のない「縛りなしWiFi」をチェックしてみてください。こちらも通信制限のないモバイルルーターです。

ノマドワーカーが選ぶべきモバイルWiFi3選【通信制限は時代遅れ】どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 ブログ歴は4年半。現在は鳥取と熱海の二拠点生活をしながらノマド的に働いています。...

 

③ 解約時に通信端末の返却が必要

そして、「どんなときもWiFi」で提供されている通信端末(D1)がレンタル扱いなのもネックです。

解約時に返却が必要なのは正直めんどくさくないですか??(これも解約に関することですみません、、、)

公式サイトには『レンタル無料』と表記されていますが、大半のモバイルルーターは端末代が無料です。返却が必要ないものに慣れていると、返却の手間は煩わしさしかないなと。

りょうかん
りょうかん
契約が切れる頃には「返却不要」と内容を変更してくれてたら嬉しいな〜(笑)

 

さて、ここまで読んで気になっているのは「通信速度はどうなん??」というところかなと思います。

ぶっちゃけ利用してみての一番の驚きが「通信速度」でして・・・

体感の『通信速度』はWiMAXより高速!

体感レベルの通信速度は WiMAX より速いです!

端末自体の性能(スペック)で比較すると、

【どんなときもWiFi(D1)】
下り最大速度:150Mbps
上り最大速度:50Mbps

【WiMAX(W06)】
下り最大速度:1.2Gbps(1,200Mbps)
上り最大速度:75Mbps

と、上り速度も下り速度も WiMAX に軍配があるように思えます。

では、なぜ体感速度は逆転して感じるのでしょうか・・・?

それは通信回線が違うからです。

どんなときもWiFi」では、スマホでも使われている『LTE回線』が採用されています。

LTE回線は、提供エリアが広い上に、WiMAX回線と比較すると壁などの障害物に遮断されにくい性質を持っています

しかも、『クラウドSIM』という仕組みにより、三大キャリア回線(Softbank/docomo/au)の中から最適な回線を自動で割り当ててくれる優れもの。

そのため、体感速度が速くなるというわけ。本当にビックリするぐらい速くて安定したWiFiを飛ばしてくれるので、マジで最強です…!!

りょうかん
りょうかん
通信速度については、デメリットというよりメリットですね!

利用して感じた「どんファイ」のデメリット まとめ

この記事では、「【本音】利用して感じた「どんなときもWiFi(どんファイ)」のデメリット」について書いてきました。

あらためて、実際に「どんなときもWiFi(通称:どんファイ)」を使って感じた本音のデメリットをまとめます。

「どんなときもWiFi」のデメリット

① 端末に表示ディスプレイがない
② 2年契約で解約手数料がかかる
③ 解約時に通信端末の返却が必要

そして、スペックで比較するとデメリットに思えた通信速度は、

体感レベルで爆速すぎる

というのが偽らざる本音です。

マジのマジで最強なので、これから新たにモバイルルーターの契約を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

≫ 最強モバイルルーター「どんなときもWiFi(通称:どんファイ)」をチェックする

 

というわけで、今回の記事は以上です。

では、また!

 

【危険】通信制限無しの「どんなときもWiFi」が最強すぎる話【ノマドワーカーに最適】フリーランスに最適なモバイルルータ「どんなときもWiFi」の特徴を解説しました。「通信制限無し」「LTE回線」の組み合わせは他にはありません。しかも、通信容量無制限のルーターの中では、最安の月額3,280円!...
【実測比較】モバイルルーター「WiMAX (W05)」と「どんなときもWiFi (D1)」はどちらが優れてる?【通信速度・端末スペック・料金】どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。ブログで生計を立てています。 この記事で徹底比較するのは、通信制限のないモバイ...
【注意点まとめ】当日から使える「どんなときもWiFi」の店舗受取サービスの利用手順どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 ブログで生計を立てており、移動しながら仕事をしています。 そんなノマドワーカー...
ノマドワーカーが選ぶべきモバイルWiFi3選【通信制限は時代遅れ】どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 ブログ歴は4年半。現在は鳥取と熱海の二拠点生活をしながらノマド的に働いています。...

 

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990年11月23日 鳥取市生まれ / ブロガー兼WEBライター / 鳥取と熱海の二拠点生活中 / ✍毎日noteを書いてます / YouTubeチャンネルも稼働中 / polca Life / Amazonほしいものリスト
この記事もおすすめ