ライフハック

「どんな人が乗せてくれるの?」200台以上ヒッチハイクしてきた僕がそんな疑問に応えます。

どうも、元ヒッチハイカーのりょうかん@ryokan_1123)です。

これまで通算で200台以上の車に乗せてもらってきました

彼女
彼女
そんなに乗ってきたの!?

りょうかん
りょうかん
凄いでしょ!もっと褒めて(笑)

彼女
彼女
ちなみにどんな人が乗せてくれるの?やっぱりトラックの運ちゃんとか?

りょうかん
りょうかん
トラックはなかなか乗せてくれんねん。よし、これまで乗せてくれた人を属性をこの機会にデータ化してみようか!

というわけで、過去乗ってきた200台分のデータをしっかりまとめてグラフにしてみました!これからヒッチハイクをする人は参考にしてみてください!

データ化しようと思ったきっかけ

ちなみに、データ化するきっかけをくれたのは、ツイッターで知り合った早稲田大学生ブロガー( @jimpei__com )のブログ記事です。

この記事を読んでいて、「あれ? 女性の割合ってもっと多い気がするぞ?」「下道でする場合と、高速でする場合で、割合は違うよな〜」と自分の肌感覚との違いを感じたので、自分のデータもしっかりとまとめてみようかと。

謝罪をしなければならないことが…

ただ、乗せてもらった全ての詳細をメモに残していたわけではないので、記憶が無くなってしまっている人もいました。(台数だけはメモってた)

乗せていただいた方には申し訳ない気持ちでいっぱいなんですが、今回のデータはしっかりと詳細を記憶している合計190台を有効データとさせていただきました

 

性別&同乗人数:女性1人の割合が15%も!

というわけで、190台分のデータを確認していきましょう!

まずは「性別」と「同乗人数」を整理してみました

ヒッチハイク乗車割合※トラック運転手と子連れ(18歳以下)は別枠

男性:54%
女性:21%
男女:16%

どうですか?予想通りですかね?

グラフだけじゃよくわからない人のために、特徴をサクッとまとめておきます!

・男女問わず1人で乗せてくれる人が多い
・女性が1人で乗せてくれる割合も15%ある
・トラック運転手が乗せてくれる割合は低い

こんな感じですかね。

ちなみに、僕が乗せてくれたトラックは合計10台。小さい会社か個人所有の白ナンバーのトラックばかりでした。

りょうかん
りょうかん
運送業界もコンプライアンスがうるさいらしく、大手のトラックは乗せてくれないんですよね〜

 

年代:「30代」と「50代以上」が多い

続いて、年代別の傾向も調べてみました

ヒッチハイク年代別

八木くんのデータと比較してみると、「30代」と「50代以上」の割合が高めですね。

りょうかん
りょうかん
高速道路のSAやPAで直接交渉する時に、その年代を狙い撃ちしてたからね(笑)

彼女
彼女
そうなの?なんで〜?

りょうかん
りょうかん
経験則だけど、その年代の人が最も反応が良いんだよ!

 

下道と高速道路での違い:

次は、「下道」と「高速道路」で違いがあるか検証してみます

それぞれ「下道=待ちスタイル」「高速道路=直接交渉スタイル」とヒッチハイクのやり方が異なるので、男女比や同乗人数に違いが出るんじゃないかと。

その結果がこちらです!

ヒッチハイクタイプ別男女比 ヒッチハイクタイプ別人数割合
彼女
彼女
高速道路の方が「男女混合」の割合が高いのね。

りょうかん
りょうかん
意識的に夫婦かカップルを狙って声をかけてたからな!

彼女
彼女
だから高速道路の方は同乗人数も「2人」が多いのか!

りょうかん
りょうかん
逆に下道で停まってくれる人は1人で乗っている男性なことが多いんだよ〜

僕の場合のデータです。個人差が大きい可能性もあるので目安として参考にしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ:珍データも紹介しておきます!

いかがだったでしょうか?

これからヒッチハイクに挑戦しようと思っている人にとって、少しでもイメージが湧くデータになれば嬉しいです。

最後に、この記事で載せたデータには反映されていない珍データを紹介して終わりにします。

最大同乗人数:8人

200台以上乗ってきた中で、女性8人が乗っている車に乗せてもらったことがありました。(全員50歳以上)

フラダンス大会の帰りだったそうで、運転手以外はフラダンスの衣装のまま。四方八方から飛んでくる質問にずっと受け答えしていたので、降りる頃にはクタクタでした…。

バイクの2人乗り

自家用車やトラックなどに乗せてもらうのが一般的な中で、1度だけバイクの方が停まったことがありました。

座席の下から取り出してくれたヘルメットをかぶり、大きな荷物を背負った状態でバイクの2人乗りをしたのは良い思い出です。(初バイクで超怖かった)

彼女
彼女
そんなこともあるんだね〜!

りょうかん
りょうかん
ゲイの方にお誘いを受けたり、車の通らない山奥で降ろされたり、全身刺青だらけの方に乗せてもらったり、カップルの方に一緒にベットインを求められたり…、色々あったよ!!(笑)

彼女
彼女
全部おもしろそうじゃん!(笑)

 

ヒッチハイクの関連記事も合わせて読もう!

他にもヒッチハイク関連の記事を書いているので、合わせて読んでみてください!

あわせて読みたい
ヒッチハイクで得られる3つのメリット!どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 私はこの記事を執筆している時点(2014年10月13日)で、147台の車をヒッチ...
あわせて読みたい
ヒッチハイクの成功率を簡単に上げる3つのコツ!200台以上乗ってきたベテランが教えよう!どうも、ベテランヒッチハイカーのりょうかん(@ryokan_1123)です。 これまで通算で200台以上の車に乗せてもらってきました。...

 

では、また!

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990.11.23、鳥取生まれ。 NPO法人atamistaゲストハウスあなごのねどこホンバコ(オーナー)を経て、今。 全国を巡りながらブログで生活中。 / 仕事の依頼は【料金表】を参照ください / ✍noteも書いてます / 支援大歓迎