おすすめ本

初めて読んでも感動で震える!「ANGEL VOICE」35巻がサッカー漫画なのに号泣させられる。

どうも、「スポーツ漫画」が大好きなりょうかん@ryokan_1123)です。

これまで世に出たほぼ全てのスポーツ漫画を読んできたと自負しています。人気作から数巻で完結する短編まで網羅してできているはず。

あわせて読みたい
人気作から隠れた名作まで!マジで本当にオススメのスポーツ漫画を紹介します!【全12競技25作品】どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 あまり読まなそうに思われてますが、実はめっちゃ漫画を読む系の人間でございます。 ...

数多くのスポーツ漫画を読んできた僕が、唯一ガチで号泣してしまった作品があります

それが今回紹介する「ANGEL VOICE」というサッカー漫画。しかも、感動して泣いてしまったのは、最終巻ではなく第35巻でした。(全40巻)

もちろん1巻からの伏線を知っていればこその号泣展開なんですが、ぶっちゃけ35巻だけを読んでも感動で震えるんじゃないかってレベルです。

この巻だけはサッカー漫画ではありません。「絆」や「命の大切さ」などを教えてくれ人情ドラマ、それが最も近い表現だと思います。

マジで騙されたと思って読んでほしい!!!

後悔はさせないので、とりあえずこの記事だけでも最後まで読んでみてください。

盛大にネタバレしてますので、純粋に感動を味わいたい方は下記のリンクからKindleをポチっちゃいましょう。

「ANGEL VOICE(エンジェル・ボイス)」ってどんな漫画?

まずはこの漫画の説明を。

ANGEL VOICE」は、2007年から約7年間「週刊少年チャンピオン」で連載されていた古谷野孝雄氏によるサッカー漫画です。

舞台は千葉県習志野市の市立蘭山高校。通称「市蘭」のサッカー部は『喧嘩では県内最強』と呼ばれるほどの不良たちの溜まり場となっていました。そんなチームが全国出場を目指すというストーリー。

一言で例えるなら、「サッカー版・ROOKIES (ルーキーズ)ですね。

35巻だけでも読んでもらいたいので、34巻までのストーリーの要約も載せておきます。

[34巻までのストーリー要約]

不良たちの巣窟だった市蘭サッカー部は、「高畑麻衣」という女子マネージャーを中心に結束していきます。彼女の歌声は「天使の歌声=ANGEL VOICE」と呼ばれ、たびたび喧嘩を始める部員たちを落ち着かせる役割を担ってきました。

しかし、市蘭サッカー部が全国高校サッカー選手権大会の県予選に挑む最中、マネージャーの高畑が脳腫瘍で入院をしてしまいます。

「一緒に全国に行こう」そんな約束を交わした部員たちは、次々と強豪校を撃破して決勝へと駒を進めます。

千葉県大会決勝で相対するのは、昨年の同大会で「1対9」と大敗を喫した絶対王者・船和学院。病床の高畑マネージャーに勝利を誓った市蘭サッカー部は、前半開始早々攻勢に出ます。

ただその頃、入院中の高畑マネは危篤状態に…。

マジ号泣シーンはここ!

さあ、そんな中で始まる35巻。

連載で読んでいた当時、僕はこんな風に考えていました。

りょうかん
りょうかん
(きっと「市蘭が船和学院を下し、病院の高畑マネと勝利を迎える」というラスト展開に進むんだろうな〜)

だって、普通の漫画って最初に決めた目標(ゴール)に向けて進んでいくのが王道じゃないですか!

ワンピース → ルフィが海賊王になる
ドラゴン桜 → 偏差値の低い高校生が東大に入る
宇宙兄弟 → 南波兄弟が2人揃ってで月面に立つ

「ANGEL VOICE」も感動的なハッピーエンドに向かって進んでいくんだと信じて疑っていませんでした。

それが……まさか……

市蘭が先制点を取られると同時に、高畑マネージャーは17歳の生涯を終えることになります。しかも最後は、母親の「市蘭が優勝したよ」という言葉を聞き、笑顔で息を引き取りました…。

最初に読んだときには、思わず「マジか…」とつぶやいてしまったぐらいです…。

そして、「0対1」のまま前半を終え、ハーフタイムを迎えます。

ここからが涙腺崩壊ポイント

ロッカールームに戻った部員たちがマネージャーの訃報を聞かされます。もうね…このシーンは見てられないです…。

でも彼らはここで立ち止まりません。悲しみに打ちひしがれながらも、彼女が聞いた最後の言葉を母親の嘘にしないために再び奮起します

この奮起するまでの数ページ。その姿に僕は号泣してしまいました。ここだけでも読む価値があると思います。絶対に感動で震えるはず

まとめ:34巻までの壮大な伏線に気づけるか

号泣ポイントをほとんどネタバレしてしまいましたが、いかがだったでしょうか。

今回で紹介した部分は、今読んでも鳥肌が立ちます。そのぐらい作者も強いパワーを込めて描かれたのだと思います。

実はこのシーンには巧妙に隠されたさらなる鳥肌ポイントがありました

これに気づいたとき、僕はまた異なった感動を味わったのですが、みなさんは気づくことができますか?

ヒントは「第1巻の表紙」にあります

第1巻が発売されたのは2007年9月。第35巻が発売される2013年12月まで約6年半に及ぶ壮大な伏線をここで回収するとは…。

これほどまでに練られた作品だったことに驚愕してしまいました。

おそらく作者にとっても「ANGEL VOICE」における山場はこのシーンだと思って描かれたのだと思います。

伏線の回収も含め、第35巻は思い出すだけで涙腺が……ヤバいヤバい……

まさしく【号泣必至】な漫画です!感動で泣きたい人は絶対に読んでみてほしい!

人間離れした必殺技も、奇跡もない。理不尽ばかりが起こって歯がゆく感じる場面も多い作品です。

ですが、これほど人間臭く人情に溢れたスポーツ漫画を、僕は他に知りません。それほどまでに素晴らしい作品です。

35巻を読んで感動した人は、ぜひ1巻から全40巻読破してみましょう!

「大人買い用の全40巻完結セット」のリンクを記載して、この記事を閉じようと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

記事内画像出典:「ANGEL VOICE」35巻

 

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990年生まれ。鳥取在住のプロブロガー。約3年間のカフェ経営の経験あり。地方都市でも好きなことでしっかり稼ぐためのヒントを書いています。 【✍️note