書評(おすすめ本)

【書評】鈴木博毅さんの「戦略は歴史から学べ」を読んで歴史的戦略家の思考を現代のビジネスに活かそう!

⏱ この記事は約 6 分で読めます

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

鈴木博毅さんの「戦略は歴史から学べ」を読みました。

この本では、古今東西の歴史の中から32個の「勝者の戦略」を厳選し、9個のカテゴリーに分類して、現代のビジネスに応用できるように解説してくれています

✅ 歴史上の戦略家の黄金則を学びたい
✅ ビジネスに使える戦略を理解したい
✅ 歴史が教える勝者の条件を知りたい

という人におすすめしたい一冊です。

当記事の内容

✔︎ 「戦略は歴史から学べ」の概要を解説
✔︎ 歴史から学べる「勝者の条件」を紹介
✔︎ 本書を読んだ個人的な感想

鈴木博毅さんの「戦略は歴史から学べ」ってどんな本?【概要】

戦略は歴史から学べ」は、2016年3月26日に発売された書籍です。

全312ページの本ですが、歴史的な史実と解説が書かれているので、理解しながら読むと【約4.5時間】ほどはかかります。

ザックリと内容を紹介すると、

・世界中の歴史の中から厳選した32個の「勝者の戦略」を紹介している
・現代の世界的企業などの戦略との共通点を解説して法則にまとめている
・冒頭から巻末に向けて史実の流れに沿っているため世界史の勉強になる

という感じ。

ただし、歴史の知識に疎いと、理解するのに時間がかかるかもしれません。(まさに僕自身の実感ですw)

著者の「鈴木博毅さん」ってどんな人?

著者の「鈴木博毅すずきひろきさん」のプロフィールも紹介しておきます。

鈴木博毅(すずきひろき)
・1972年生まれ
・慶応義塾大学総合政策学部 卒業
・ビジネス戦略&組織論&マーケティングコンサルタント
・コンサル顧問先には顧客満足度ランキング1位の企業など成功事例が多数ある

他にも多数のベストセラー本を出版しているので、合わせてチェックしてみてください。

 

「戦略は歴史から学べ」の目次は?

戦略は歴史から学べ」の目次は下記の通りです。

はじめに
第1章 古代の戦いから「戦略思考」を学べ
第2章 中国の軍師から「逆転力」を学べ
第3章 巨大帝国から「実行力」を学べ
第4章 戦国時代から「競争戦略」を学べ
第5章 植民地戦争から「危機のリーダーシップ」を学べ
第6章 近代の戦争から「組織運営」を学べ
第7章 西洋列強との戦いから「情報活用力」を学べ
第8章 世界大戦から「イノベーション」を学べ
第9章 現代の戦争から「学習力」を学べ
おわりに

りょうかん
りょうかん
章が進むごとに歴史も新しくなるので、自分のわかる歴史について書かれた章から読むのが良いかもしれません!

 

歴史から学べる「勝者の条件」とは?【紹介】

32個の歴史的な勝者戦略をまとめると、歴史の教える「勝者の条件」が見えてきます。

勝者と敗者を分けるのは何?【勝者の条件】

歴史から読み解ける「勝敗を決めるカギ」は、次の4つの要素です。

① 局所優位
すべての場面で強い組織などは存在せず、あらゆる集団は限定的な場面で勝利を収めるための局所優位を生み出せる力が大事。

② 活用法
自らの強みを最大限に発揮できる条件を整え、逆に相手の強みを発揮させない対策をする能力が大事。相手の強みが活きる場所からは逃げることも重要な選択肢になります。

③ 翻訳力
現在がどんな状態で、自分たちは何をすべきなのか。刻々と変化する状況に対して正しく問題を再定義できる能力と組織を動かす力が大事。

④ 目標
どのような情報や知識を集団の中に取り組むのかという「探索力」を増強するような目標を掲げる能力が大事。

この条件は、勝てる領域を広げるためのステップとも重なっており、上から順に満たせるように意識すると良さそうです。

 

これらの勝者の条件が、実際の歴史の中でどのように活かされているのかは、ぜひ「戦略は歴史から学べ」を読んで確認してみてください。

「戦略は歴史から学べ」を読んだ感想【書評まとめ】

この記事では、【書評】鈴木博毅さんの「戦略は歴史から学べ」を読んで歴史的戦略家の思考を現代のビジネスに活かそう!について書いてきました。

ぶっちゃけ一度読んだだけきちんと理解するのは難しい書籍です。

特に、歴史的な知識があまりない状態で読むと、紹介されている史実自体に「?」となってしまうので、理解を深めるためにも何度も読み返しながら同時に歴史の勉強もすることをおすすめします

りょうかん
りょうかん
正直に言うと僕も歴史は苦手でざっくりとしか理解できませんでした・・・(笑)

とは言え、実際の戦闘戦争の史実の解説と、その勝者の戦略が現代の実在企業にどう活かされているのかの解説、そして、そこから読み解ける一般化した黄金法則、という非常にわかりやすい構成になっています。

なので、繰り返し読み込んでいけば、かなり奥深く「勝者の戦略」を理解できるようになる内容だと感じました

ビジネスの現場で歴史から学べる戦略を活かしたい人は、ぜひ一読してみてください。

本書の内容まとめ

✔︎ 歴史から学べる32個の「勝者の戦略」が紹介されている
✔︎ 現代の企業の戦略との共通点も合わせて解説されている
✔︎ 世界の戦争史の勉強を合わせて実施すると理解が深まる

 

というわけで、今回の記事は以上です。

では、また!

 

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990年11月 鳥取市生まれ / ブロガー兼WEBライター / 鳥取と熱海の二拠点生活中 / ✍毎日noteを書いてます / Amazonほしいものリスト / お仕事のご依頼は こちら を参照ください