書評(おすすめ本)

【書評】滝内恭敬さんの「なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?」には聖書の教えをビジネスに活かすヒントが書かれてる!?

⏱ この記事は約 5 分で読めます

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

滝内恭敬さんの「なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?」を読みました。

この本では、ユダヤ人に成功者が多いことの秘訣に迫りながら、そのエッセンスを人生に取り入れることを目指した指南書のような内容が綴られています

✅ ユダヤ人の成功の秘訣を知りたい
✅ 資本主義と聖書の関係を学びたい

という人が読むと良さそうな一冊です。

当記事の内容

✔︎ 「なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?」の概要を解説
✔︎ 本書を読んだ個人的な感想

こちらの書籍の電子版(Kindle)は、月額980円で200万冊以上の本が読み放題なサービス「Kindle Unlimited」の対象になっています30日間の無料体験も可能なので、この機会に登録してみてください!

滝内恭敬さんの「なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?」ってどんな本?【概要】

なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?」は、2019年1月27日に発売された書籍です。

全222ページの本なので、集中して読めば【約2時間】で読み終えることができます。

ザックリと内容を紹介すると、

・ユダヤの精神(特に聖書)をビジネスに繋げるヒントが書かれてる
・ぶっちゃけユダヤ人の話より「キリスト教」の内容が多かった印象

という感じ。正直に言うと、「ビジネス書として読むならあまりオススメじゃないかも・・・」と感じました。

著者の「滝内恭敬さん」ってどんな人?

著者の「滝内恭敬たきうちやすゆきさん」のプロフィールも紹介しておきます。

滝内恭敬(たきうちやすゆき)
株式会社GOSPA 代表
・目標達成習慣化コンサルタント
・ビジネス仕組化コンサルタント
・高専卒業後、大手航空会社で国際線整備の仕事に就く
・入社2年で退職して「輸入ビジネス」を起業(上海展開)
・企業に失敗して多重債務、ホームレス、破産、ニート、離婚を経験
・2013年5月 株式会社GOSPAを設立(3年で1億円を稼ぐ)

 

「なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?」の目次は?

なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?」の目次は下記の通りです。

まえがき

第1章 聖書は宗教書ではない。日本人にとって最強のビジネス書

第2章 なぜ日本人は自己啓発をしても成果が出ないのか?

第3章 創造主を理解すると「生きがい、自信、大胆さ」が溢れる

第4章 「救世主思考」を実践すれば、ビジネスがうまくいく

第5章 聖霊が宿れば、すべてが必要、必然、ベストで起こる

あとがき

りょうかん
りょうかん
目次に胡散臭さを感じた人は読まない方がいいかも・・・?

「なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?」を読んだ感想【書評まとめ】

この記事では、【書評】滝内恭敬さんの「なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?」には聖書の教えをビジネスに活かすヒントが書かれてる!?について書いてきました。

正直な感想を言うと、タイトルで想像していた内容からの乖離がものすごくありました。

ユダヤ人の分析はほとんど無く、大半は「聖書の素晴らしさ」と「キリスト教こそが本来のユダヤ教だ」という主張をしている内容だった印象です。

本書の中に書かれていた内容の一部を要約すると、

キリスト教は、勝手に教えを難しくしているユダヤ教徒に対して「イエスが本来のユダヤ教に戻した」とも言える。

という意見が書かれており、「そういう視点もあるのか〜」と思いつつも「タイトルで釣られた感」も抱いてしまいました・・・

途中でも書きましたが、ビジネス書としては全然オススメできない書籍かなと。

一応、本の読み放題サービス「Kindle Unlimited」で読むことができるので、興味のある人はこちらで試し読みをしてから購入の是非を考えてもらえたらなと思います。(30日間の無料体験もできます

本書の内容まとめ

✔︎ ユダヤの精神をビジネスに活かすヒントが書かれてる
✔︎ ユダヤの話より「聖書」「キリスト教」の話がメイン
✔︎ ぶっちゃけビジネス書としてはオススメできない書籍

 

というわけで、今回の記事は以上です。

では、また!

 

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990年11月23日 鳥取市生まれ / ブロガー兼WEBライター / 鳥取と熱海の二拠点生活中 / ✍毎日noteを書いてます / YouTubeチャンネルも稼働中 / polca Life / Amazonほしいものリスト
この記事もおすすめ