【ご報告】鳥取大学地域学部地域政策学科の特任教員に任命されました

2017年5月27日ネタ

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

年度が変わり、発表出来るようになった情報がありますので、ご報告します。

※最後の追記までお読みください


特任教員に任命されました

人事情報になるので、今年度になるまで情報公開するのを固く禁止されてました。イイタカッタ–

2015年4月1日付けで、鳥取大学地域学部の安藤由和学部長より、鳥取大学地域学部地域政策学科特任教員に任命されました!

一応肩書きは『大学教員』になります。
これでニートではなくなりました!←

昨日の記事は何なんだったんだ!?って話ですよね。笑
すみません。笑

昨日更新記事

何をするの?

正直、よくわかりません。笑
地域政策!?それって美味しいの?←

僕が大学で学んだことって、
エントロピーとか、エンタルピーとか、Carnotサイクルとか、運動方程式とか、エネルギー収支とか、物質収支とか、女遊びとか、伝熱とか、拡散とか、ベルヌイの式とか、熱力学の第一第二法則とか、ナンパの必勝法とか、Maxwellの関係式とか、Gibbs-Helmholtzの式とか、溶接の仕方とか、CADの使い方とか、フードバック制御とか、良い女の見分け方とか、Newton流体とか、流体レイノルズ数とか、休学のやり方とか、
そんなことなわけですよ。

そんな人間が、急に地域政策学科の特任教員!?ワラエナイ

もちろん3月初旬に話を頂いた時には「僕には務まりません」と学長に伝えました。
すると学長からこんな言葉を返ってきました。

君が地域政策に関して、専門的に学んできたわけではないことは重々承知しています。しかし、だからこそ君を”特任”教員として指名しました。
実際に様々な地域に入り込んで地域の課題を解決する現場に身を置いてきた若干24歳の若者が、こうして鳥取の地で今まさにコトを起こそうとしている。学生にとって、これ以上勉強になることはないと思います。
難しく考えず、今までやってきたことや感じてきたことを素直に伝えながら、今からやることをリアルタイムで学生に共有してほしい。小難しいことは他の先生方がやってくれますから(笑)
学生と年齢が近い君だからこそ、この任にふさわしいと確信していますよ。

そんな風に言われたら断れない……。^^;

というわけで……

この4月から月に1回のペースで地域政策学科の授業を担当します。←イキナリ

ホンバコの営業もあるので、基本的に鳥取大学地域学部のサテライトキャンパスSAKAE401でワークショップ形式の授業になると思います。
許可が出れば、常に一般公開的な授業にするつもりなので、時間が合えば冷やかしに来てください。笑

どんな授業にしようかな……。とりあえず最初の指導は、「岡田先生」ではなく「りょうかん」と呼べ、にすると思われます。←

 

最後に

お気づきの方もいるとは思いますが、本日は4月1日です。

4月1日ですので、お間違いのないようにお願い致します。←フッ

では、また!

[追記]
正午を過ぎたので、ネタバラし。
もちろんエイプリルフールの嘘です!
何の実績もない若造を特任教員に任命するほど、国立大学も余裕ないと思います。←ハハッ
今年は少しリアルな嘘になったかな?笑


2017年5月27日ネタ

Posted by りょうかん