スポット

温泉付きの泊まれる本屋「ブックホテル 箱根本箱」に滞在してきました!

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

読書好きなら誰しも一度は「本屋に泊まってみたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。

最近では、大型書店「丸善ジュンク堂」が書店に泊まれるイベントを開催したり、至極の寝落ち体験のできる宿「BOOK AND BED」が登場したりと、実現できる方法も増えてきました。

あわせて読みたい
東京池袋の泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」で至極の寝落ち体験を。【レビュー】どうも、寝る前の読書にハマっているりょうかん(@ryokan_1123)です。 好きな本を読みながら気づけば寝落ちしていた…、なんて経...

そんな中で、今回僕が泊まりに行ったのは、2018年8月に箱根でオープンしたブックホテル「箱根本箱」です!

この記事では、実際に箱根本箱に宿泊した体験を元にした「おすすめポイント」をまとめて紹介しています。[宿泊日:2018.11.30]

ブックホテル「箱根本箱」ってどんな宿?

箱根本箱は、2018年8月1日に箱根・強羅でオープンした「本に囲まれて暮らすように滞在する」をコンセプトしたホテルです。

大沢山温泉(新潟)の「里山十帖」などを手がけたことでも知られる、雑誌「自遊人」の編集長&クリエイティブディレクターの岩佐十良さんのプロデュースの元、取次業者最大手の日販の保養所だった建物をリノベーションしてつくられました。

館内には約1万2千冊の本が並び全部屋に温泉露天風呂が付いています

部屋にはオリジナルの館内着が用意されています
今回宿泊したのは「1階テラス・ツイン」
露天風呂からの湯気を眺めならの読書体験は至福です
素敵な便箋が置いてあるのでお礼を書いて帰りましょう

本に囲まれて滞在できる

「本に囲まれて暮らすように滞在する」というコンセプト通り、館内にはいたるところに本が置かれていて、その数は全部で約1万2千冊。これら全てを自由に読むことができます。

新刊・古書・洋書・絵本などバランスよく取り揃えられており、暮らしに彩りを添える『衣・食・住・遊・休・知』の6個のジャンルを中心に選書されているとのことでした。

館内の本は何冊でも部屋に持っていきゆっくりと読むことも可能なんですが、メインラウンジの存在感ある本棚に隠された籠りスペースが居心地良すぎて、寝る以外の時間はほとんどラウンジで過ごしてしまいました

よく見ると隠し小部屋がいくつも…

館内全ての本が購入可能

また、館内にある約1万2千冊の本は全て購入ができます。しかも、帰りの荷物にならないように自宅への配送サービスまで付けてくれます。(その際は館内の本ではなく新本を用意してくれるとのこと)

泊まれる本屋として有名な「BOOK AND BED」では本の購入は不可なので、国内のブックホテル系の場所では初の事例じゃないかなと思います。

ちなみに、1組あたり2.6冊ほど購入されており客単価換算だと通常の書店の約3倍にもなるらしいです。ゆっくり選んだ分だけ購入したい意欲が自然と湧いてくるんですよね。僕も6冊買って帰りました。

各界著名人が選書した本

館内のいたるところに置かれている「あの人の本箱」には、作家の西加奈子さんや、歌人の俵万智さん、チームラボの猪子寿之さんなどなど著名人の選書した本が並んでいます

どこに誰の本箱が置かれているのかは現地でのお楽しみなので、本をだけじゃなく本箱探しをするのもまた良きです。あの人の頭の中を覗き見れるみたいで面白いですよ!

全部屋に温泉の露天風呂

そして、箱根の宿だけあって温泉の露天風呂が全部屋に完備されています!僕が行った時期は寒くなり始めているころでしたが、温泉は常に42度で調整されており、露店で入るにはちょうど良い温度でした。

手がかじかんで湯船に落とすのが怖くて出来ませんでしたが、もう少し温かい時期だと本を読みながら長風呂するにも適している感じがします。

ちなみに、内側からも外側からも出入りできるシャワールームも付いているので、雨の日で露天風呂が使いにくい日でも安心です。(地下階に共同の大浴場もあります)

自然派のイタリアン料理

泊まって最も驚いたのは本格的な食事です。ディナーは2時間、モーニングも30分、しっかりすぎるほど時間枠が設けられていて、それぞれ本格的な自然派のイタリアン料理が出てきます。

カウンター形式で同室の人は隣り合うスタイルになりますが、ひとりで行った場合はレストランに置かれている本を読んでみることをオススメします。「2時間のコース料理は本を読む時間をつくるために設けられているのかもしれない…」と錯覚するほど、充実した時間を過ごせますよ。

ホテル内のレストランスペース
本格的なイタリアンをつくる厨房も覗けます
一品一品を味わえるイタリアンの料理たち

 

こんな人にオススメ!

充分に魅力が伝わったでしょうか。本好き・読書好きの方は泊まりたくなったんじゃないかと思います。

その他にも、地下階にはミニシアタースペースがあり、僕が宿泊した際には10分のショートムービーが6本分繰り返し上映されていました。読書に疲れたら、聴力も使ってカルチャーに触れる時間を取るのも良きです。

地下階に常設されているシアタールーム

なので、やはり箱根本箱に宿泊することをオススメしたいのは、このような人たちですね。

・読書の時間をゆっくりと楽しみたい
・本をじっくり選ぶことが好きである
・身も心も充分にリフレッシュしたい
・暮らしや生活の中に余白を作りたい
・本の香りに包まれて眠りにつきたい

逆に、宿泊者同士の交流を求めていたり、彼氏彼女と思い出作りをするような宿泊を求めている人には、あまり適していない宿かなと思います。1泊1人あたり平均3~4万円代のホテルですので、その価格帯に魅力を感じる人に泊まってほしい宿です。

・宿泊者同士の交流はほとんど無い
・宿泊料金は1泊3~4万円代である

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

泊まれる本屋「ブックホテル 箱根本箱」のおすすめポイントはしっかり伝わりましたか?

・本に囲まれて滞在できる
・館内全ての本が購入可能
・各界著名人が選書した本
・全部屋に温泉の露天風呂
・自然派のイタリアン料理

至福な読書体験と宿泊体験を味わえる「ブックホテル 箱根本箱」に泊まってみたいと思った方がひとりでもいると嬉しいです。

2019年1月現在、予約がかなり埋まっている状況が続いていますので、早めにスケジューリングして数ヶ月前に予約することを強くオススメしておきます

また、公式サイトで宿泊予約をすると最安値となりますので、お間違えのないように!

 

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990年11月23日 鳥取市生まれ / ブロガー兼WEBライター / 鳥取と熱海の二拠点生活中 / ✍毎日noteを書いてます / YouTubeチャンネルも稼働中 / polca Life / Amazonほしいものリスト