人生で大切なことはすべて「書店」で買える。ブロガーが身につけたい本の読み方をご紹介!

オススメ本

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

かなり前に買ったきり積読していた本を、ひょこっと手に取り読みました。

僕の経営する「Book Cafe ホンバコ」によく足を運んでくださる人には今さら説明する必要もないことではありますが、「本を読む」という行為は非常に尊いものだと再認識する良本でした。

文章を読み慣れている人なら30分で読み終えるぐらいの文量ですが、スルメのように噛めば噛むほどいい味が出てくる言葉がたくさん詰まっていたので、今日はその中から厳選した3つの項目をとりあげてご紹介してみようと思います。

ブロガーを目指す人にも参考になる言葉が盛りだくさんでしたよ!


本を読むから時間に余裕ができる

ブックカフェをやっているとお客さんから「本を読む時間がないんですよ」と言われることが多いです。そういう時には自戒を込めて「読書をすると時間の余裕ができますよ」と伝えています。

本は、筆者の人がこれまでの人生で培った知識や経験・ノウハウが詰め込まれているので、それを覗き見ることで時間を圧縮することができるというわけ。

さらに、時間の余裕ができればお金を増やすために使える時間が増えるため、自然とお金持ちにもなりやすい。

ブログをやっている人であれば、この記事のように読んだ本はすべて記事にする意識を持つと尚良いですね。

いつも読んでいる人に面白い本は当たる

量をこなす前に「量より質だ!」と叫ぶ人っていますよね。僕も気づいたら質にこだわって量を追えてないことがあるので反省しなきゃ……。

ブロガーとして有名なイケダハヤト氏も「ブログを6年書き続けてきてわかった成功法則」という記事の中で、真っ先に「質より量」と断言されてます。

内容云々は好き嫌いもあると思いますが、年間1200本(1日4本)のペースで記事を量産しているという事実は凄まじいです。ブログを毎日更新している人にはこの数字の凄さが身に染みるはず。

「本を読む」というインプットについても、「記事を書く」というアウトプットについても、まずは圧倒的な量をこなしてみることです。質は後からついてくる。

本の買い過ぎで貧乏になった人はいない

学生時代などお金がないときには「本を買えない」ということもあるでしょう。上述した「圧倒的な量をこなす」ことを意識している際には、立ち読みや図書室のフル活用でもいいと思います。

ただ、プロブロガーのタクスズキ氏も「読書をKindleにして即ポチるようになって学びが増えて、そこからのリターンも得られている」とツイッターで言及されていたように、実際に本を購入した方が収入は増えているそう。

確かに、僕が出会ってきた経営者や優秀なビジネスマンの方々は総じて読書家です。一方で、収入が上がらないと嘆いている人の多くは本を買って読む習慣がない。

本の買い過ぎで貧乏になることはなく、たくさん買うことでそのまま年収に反映されていく。ブログ運営のコツが書かれた有料記事なんかでも、買う人と買わない人で大きな差が出ます


最後に

いかがだったでしょうか?

サブタイトルに「20代で身につけたい本の読み方」と書かれている通り、20代も後半に差し掛かった僕にとっては今読んでおいて本当に良かった! 非常に満足度の高い一冊だと断言しておきます。

きっとこのブログを読んでくださっている皆さんにとっても刺激になると思い、紹介させていただきました。参考になれば嬉しいです。

 

[追記]
あまり教えたくなかったのでここに書くべきか悩みましたが、個人的には最後の「エピローグ」に書かれていた内容が一番心に響きました。

つらいときは群れるな、本を読め

人は群れると愚痴をこぼし始めます。つらいときや悩んでいるときに群れると、愚痴を吐いて発散しようとします。しかし、愚痴を吐くだけでは一切解決されない。

僕はつらいことがあったときには積極的に「書店に行く」か「本を読む」という習慣にしています

基本的に販売されている書籍にはポジティブな考え方が書かれているので、落ち込みそうになるときには前向きな思考に触れ合えるのでオススメです。ぜひ試してみてください。

 

オススメ本

Posted by りょうかん