おすすめ本

お前ん中の「ジャイアント・キリング」を起こせ。西野朗監督と達海猛監督の7つの共通点を探る。

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

ワールドカップ2018が盛り上がりを見せてます。テレビのない生活をしている僕でも、今回のロシア大会はネット視聴ができるので、本当にありがたい限りです。

あわせて読みたい
ワールドカップ(W杯)ロシア大会を合法にネット視聴する方法!サッカー好き安堵!【無料】4年に1度のサッカーの祭典「ワールドカップ(W杯)」が始まりました! サッカー大好き人間にとっては寝不足との戦いの始まりです。まあ今回...

そんな今大会、直前に監督を電撃解任した日本代表に大きな注目が集まっていました。が、蓋を開けてみればグループリーグでかなり良い試合を繰り広げています!

この記事を書いている日の夜に第3戦(対ポーランド)が控えているんですが、今朝の日刊スポーツで「西野日本、決勝Tへ先発6人代え!」というニュースが上がっていました。

まだ先発メンバーは発表されていないので、どのようなスタートになるかわかりませんが、ここまで大胆な決断をする可能性がある監督。素晴らしすぎます。

しかし…。この大胆さ、そして、カリスマ性。どこかデジャブ感がある…。

そう感じて思い出したのが、サッカー漫画「GIANT KILLING」の主人公・達海猛です!

この記事では、ワールドカップ2018日本代表監督の西野朗と、弱小プロチームの監督・達海猛の、共通点を探ってみたいと思います!

共通点①:昔の人気プレイヤー

まず2人の共通点として、往年の人気プレイヤーだったこと。

西野朗さんは高校生の頃から大人気だったと言われていますし、達海猛は元日本代表のエース候補でした。

共通点②:戦略家の一面

また、今大会では日本代表のスカウティング能力の高さが話題にもなっています。

あまり知られていませんが、実はオフト監督時代に西野朗さんはスカウティング担当で相手チームの非公開練習を忍び込んで観察していた過去があります。

戦略性の高さが、ワクワクさせてくれる大きな要因なのかもしれません。

共通点③:レギュラー陣のシャッフル

そして、今回のロシア大会直前の強化試合。西野監督は、これまでのレギュラーやフォーメーションを一切外し、真っさらな状態からチーム編成を考えていました。

この手法を、達海猛も就任直後に実施しており、これまでのサブ組中心のメンバーをレギュラー候補組として起用したことがあります。

これによりチーム内の競争が激化して、結果的にチームがまとまることに繋がっているのも不思議な共通点です。

共通点④:絶対的キャプテンの交代

さらに、直前の強化試合では、これまで8年以上キャプテンをしていた長谷部選手ではなく、山口螢選手にキャプテンマークが移ったことで話題にもなりました。

たった1試合のみの限定的なキャプテンの変更でしたが、達海猛もチームの絶対的な存在だった村越選手をキャプテンから外す選択をしています。

こちらも1試合で復帰する形にはなりましたが、奇妙な共通点ですね。

共通点⑤:選手間の活発な意見交換

ロシア大会直前で電撃的な監督交代をしたのは、前監督のハリルホジッチが選手とのコミュニケーションを最低限した取らなかったことが大きな原因と言われています。

一方、交代した西野朗監督は、選手の意見も積極的に取り入れることで選手間での意見交換を活発にしている印象があります。

達海猛監督も、これまでは上から言われるがままだった選手の意識を変えるために、無理やり選手間での議論を促すシーンがありました。チームマネジメント的にも良いやり方なのかもしれません。

共通点⑥:信頼できるスタッフ陣

また、今回のワールドカップに臨む日本代表スタッフは、全員が日本人。オールジャパンで挑んでいます。

手倉森コーチ・森保コーチを筆頭に、西野監督の脇をしっかり固めてサポートしている感が試合中にも伝わってきているのは、きっと僕だけじゃないはずです。

彼らの姿と、「達海猛を男にしよう」と一致団結するETU(達海猛監督のチーム)のスタッフ陣が重なるのは、気のせいではないでしょう。

共通点⑦:ジャイアントキリングが起こせる

そして最後に。

2人の何よりの共通点は「ジャイアントキリング(弱いチームが強いチームを倒す)」を起こせるメンタリティが備わっていることでしょう。

マイアミの奇跡に象徴されるように、自分たちの強みを最大限に活かしながら弱者なりの戦い方をする。これが出来ているからこそ、今の結果とサポーターのワクワク感があるのだと思います。

まとめ:日本代表を応援しよう!

いかがだったでしょうか。

実際の日本代表監督と漫画のキャラクターを比較するのは、少し失礼なことかもしれませんが、載当初からの「GIANT KILLING」のファンとしては西野監督と達海猛が重なって仕方がありません

もしかしたら、決勝トーナメントに進出してからも良いところまで勝ち上がるんじゃないか。そんな期待感を抱かせてくれるのも、もしかしたらこの作品を知っているからかもしれないです。

日本代表の活躍を応援するとともに、ぜひ「GIANT KILLING」も読んでみてください!

 

西野朗と達海猛の7つの共通点

共通点①:昔の人気プレイヤー
共通点②:戦略家の一面
共通点③:レギュラー陣のシャッフル
共通点④:絶対的キャプテンの交代
共通点⑤:選手間の活発な意見交換
共通点⑥:信頼できるスタッフ陣
共通点⑦:ジャイアントキリングが起こせる

 

サッカー好きの人にオススメの漫画記事

あわせて読みたい
【伏線回収】初めて読んでも感動で震える!「ANGEL VOICE」35巻がサッカー漫画なのに号泣させられる。どうも、「スポーツ漫画」が大好きなりょうかん(@ryokan_1123)です。 これまで世に出たほぼ全てのスポーツ漫画を読んできたと自...
あわせて読みたい
W杯戦士にもこんな時代があった!漫画「アオアシ」はサッカーの奥深さを教えてくれる名作です。どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 4年に1度のサッカーの祭典「ワールドカップ」の開幕が近づいてきました! 代表2...

 

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990.11.23、鳥取生まれ。 NPO法人atamistaゲストハウスあなごのねどこホンバコ(オーナー)を経て、今。 全国を巡りながらブログで生活中。 / 仕事の依頼は【料金表】を参照ください / ✍noteも書いてます / 支援大歓迎