書評(おすすめ本)

【書評】N国党はなぜNHKにこだわるのか?その理由は「NHKをぶっ壊す!受信料不払い編」を読めばわかる!(立花孝志)

⏱ この記事は約 9 分で読めます

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

立花孝志さんと大橋昌信さんによる共著「NHKをぶっ壊す!【受信料不払い編】- 日本放送協会の放送受信料を合法的に支払わないための放送法対策マニュアル」を読みました。

この本では、放送法に基づいた「NHK受信料」の基本的な内容がまとめられており、払う必要のない受信料の支払いを拒むための対策マニュアルが書かれています

✅ NHKを観ないので受信料を払いたくない人
✅ NHK受信料の高さに不当性を感じている人
✅ 話題のN国党の考え方のベースを知りたい人

に向けて書かれた一冊です。

アポ無しで(しつこく)訪問してくる受信料徴収人を撃退する方法も書かれています。

注意してほしいのは、

NHKをタダ見する裏技解説本じゃない

という点。あくまでも「払う必要のない人が合法的に払わないための方法」「しつこいアポ無し訪問の撃退法」が書かれている書籍です。

りょうかん
りょうかん
最近話題の「NHKから国民を守る党」がなぜNHKにこだわるのかを知りたくて読んでみました〜!

当記事の内容

✔︎ 「NHKをぶっ壊す!【受信料不払い編】」の概要を解説
✔︎ NHKに対する誤解とN国党に対する誤解
✔︎ 本書を読んだ個人的な感想

立花孝志さんと大橋昌信さんの共著「NHKをぶっ壊す!受信料不払い編」ってどんな本?【概要】

NHKをぶっ壊す!【受信料不払い編】」は、2017年5月1日に発売された書籍です。

全95ページほどの本なので、サッと【約50分】で読み終えることができます。

ザックリと内容を紹介すると、

・公共放送のNHKが信頼できない理由を実例付きで解説している
・NHKの受信料を払わなくて良いパターンが複数紹介されている

・しつこい訪問を撃退する有効な方法も解説付きで紹介されている
・N国党がNHKをぶっ壊したい理由を垣間見ることができる

という感じ。

著者の「立花孝志さん」と「大橋昌信さん」ってどんな人?

著者の「立花孝志たちばなたかしさん」と「大橋昌信おおはしまさのぶさん」のプロフィールも紹介しておきます。

立花孝志(たちばなたかし)
・1967年生まれ 大阪府泉大津市出身
・NHKから国民を守る党 党首
・元NHK職員&元パチプロ

大橋昌信(おおはしまさのぶ)
・1975年生まれ 千葉県船橋市出身
・元埼玉県朝霞市議会議員(NHKから国民を守る党)

りょうかん
りょうかん
立花さんは「YouTuber」「元 船橋市議会議員」「元葛飾区議会議員」「元参議院議員」など、多くの肩書きがあるようです。

「NHKをぶっ壊す!【受信料不払い編】」の目次は?

目次は下記の通りです。

はしがき
第1章 イロハのイ「公共放送NHKが信頼できない理由」
第2章 プロフェッショナル「NHK集金人の仕事の流儀」
第3章 ホントにホント?「公共放送NHK倫理・行動憲章」
第4章 着信御礼!ケータイ大喜利「携帯のテレビは設置じゃないから契約不要」
第5章 ためしてガッテン!「撃退シールでNHKが来ないし、契約不要な理由」
第6章 できるかな「NHKが映らないテレビは契約不要」
あとがき

りょうかん
りょうかん
全95ページしかない上に、漫画での解説も載っているのでサラッと読めちゃいます!

 

NHKに対する誤解とN国党に対する誤解【正しい契約方法と集金人撃退法も合わせて紹介】

読んでいて「へ〜」と感じた部分をいくつか紹介していきます。

NHKに対する誤解【国営放送じゃない】

なんとなく知ってはいたんですが、『NHK=国営放送』ではないんですよね。

NHKは【公共放送】であり、「広く国民から受信料をいただくことで不偏不党&公正なジャーナリズム報道ができる」ということらしいです。

しかも、

2015年度 NHK事業収入
総額6,831億円のうち受信料収入は6,608億円もある(約97%)

ということで、ほぼ完全に受信料収入で運営されているとのこと。

りょうかん
りょうかん
国営放送じゃないのは知ってたけど、全事業収入の97%が受信料収入なんですね!!びっくり!!

N国党に対する誤解【ぶっ壊したいわけじゃない】

で、「NHKをぶっ壊す!【受信料不払い編】」を読んで感じたことのひとつは、

N国党はNHKをガチでぶっ壊したいわけじゃないんだな〜

ということ。

語弊がないように伝えるのが難しいですが、感覚としては、NHK自体を解体させたいわけではなく「スクランブル放送による選択的有料放送の実現」を目指しているのかなと。

現状の放送法は、デジタル放送やインターネットの登場する前に制定されたものなので、今の時代にあった法律に切り替えることとNHKの組織自体の変革を求めている政党なんだろうと感じました。

りょうかん
りょうかん
そのための戦略に対する賛否は別で議論でした方がいいとは思いますけどね!

NHKの正しい契約方法【直接提出提じゃないとダメ】

ちなみに、「NHKをぶっ壊す!【受信料不払い編】」で最も納得感のあった部分は、正しい契約方法についてです。

簡単に言うと、

・アポ無し訪問の「集金人」に書類を渡してはダメ!
・契約するなら放送局に直接書類を提出するのが良い

ということ。

その理由をザッと抜き出してまとめると、

① 放送受信規約に「放送局に提出しなければならない」と書かれている

② 訪問してくる自称NHKの人の本当の素性がわからない【悪用の可能性】

と書かれており、規約に書かれている云々はさておき、悪用されるリスクは気にした方がいいなと!

クレジットカードの番号を教えてしまい不正利用される可能性もあるわけですのでね!

りょうかん
りょうかん
契約するにしても覚えておいた方がいい話だと思います!

集金人を撃退する方法【N国党のシールを貼ると効果大】

NHKをぶっ壊す!【受信料不払い編】」には、『NHK撃退シール』を玄関やポストに貼ると超絶効果があると書かれています、

特に、『NHKから国民を守る党の撃退シール』は異様に効果が高いと言います。その理由は、

① 立花孝志が電話の向こうで録音する可能性を示すから

② NHKの訪問に不信感を抱いており情報収拾力のあることを示すから

なのだとか。

ちなみに、この書籍の裏面には

というように撃退シールが印刷されています。訪問に不信感を抱いている人は、切り取って玄関に貼り付けておけばOKらしいので試してみてください。

りょうかん
りょうかん
ちなみに、撃退シールはネットで請求すると無償配布してもらえるそうです!

「NHKをぶっ壊す!【受信料不払い編】」を読んだ感想【書評まとめ】

この記事では、【書評】N国党はなぜNHKにこだわるのか?その理由は「NHKをぶっ壊す!受信料不払い編」を読めばわかる!(立花孝志)について書いてきました。

ぶっちゃけ読む価値があるかと聞かれると・・・、NHKの訪問に不信感を抱いている人には撃退法が書かれていて参考にはなるかなという感じです。

N国党のベースにある真意を知りたい人にとっても、「こういうロジックを持っている政党なんだな〜」と大枠で理解することもできるかなと。

りょうかん
りょうかん
裁判を上手く使ってNHKの矛盾を論理的に攻め立ててる印象でした。

あと、最後のページに、

本書は「受信料不払い編」という題名がついていますが、いずれは「政治活動編」、「受信料裁判編」、「メディアリテラシー編」など、私たちの活動を積極的に紹介するものを続々と出していきたいと考えております。

と書かれていましたが、どうやら他のシリーズは出版はされていないようです。

個人的には「政治活動編」が気になるので、もし出版されたら読んでみたいと思います。

 

また、2017年5月出版と少し古い書籍ですので、N国党についてしっかり知りたい人には 党首・立花孝志のYouTubeチャンネル の視聴をおすすめします。間違いなくそちらの方が参考になるかなと。

本書の内容まとめ

✔︎ NHKを信頼できない理由が解説されている
✔︎ 受信料を払わなくていい例が紹介されている
✔︎ しつこい訪問集金の撃退法も載っている

 

というわけで、今回の記事は以上です。

では、また!

 

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990年11月23日 鳥取市生まれ / ブロガー兼WEBライター / 鳥取と熱海の二拠点生活中 / ✍毎日noteを書いてます / YouTubeチャンネルも稼働中 / polca Life / Amazonほしいものリスト
この記事もおすすめ