ライフハック

肺気胸が再発したかも!?「イケメン病」と呼ばれる症状と発症の原因をまとめておく。

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

突然ですが、「肺気胸(自然気胸)」ってご存知ですか?

なにかの拍子に肺に穴が開いてしまい、内部で漏れた空気によって肺が押し縮められる病気でなんですが、20代の痩せ型で長身の男性の発症率がめちゃくちゃ高いので「イケメン病」とも呼ばれています。

完治してから1年以内に再発する確率が50%以上と、再発しやすい病気としても有名なんですが、かく言う僕自身も過去に2度患ったことがあります

りょうかん
りょうかん
高校3年(18歳)のときに右の肺、大学1年(19歳)のときに左の肺を、やっちゃいました。

そんな肺気胸。もしかしたら再々発した疑いが浮上……。

旅から鳥取に帰ってきてからズーーっっと体調がイマイチだったんですが、その原因に気づいてしまった感があります。

病院に行かねば案件ではあるんですが、その前に「気胸の症状と発症の原因」をサクッとまとめておこうと思います。

「細身」&「高身長」&「15~29歳」&「男性」に当てはまる人は、注意してみてください〜

気胸の「症状」について

まずは「症状」について。

基本的には前兆などは無くいきなり発症します。マジで突然。

ただ、症状は程度によって差があり、軽いものだと一般的な風邪と誤解しやすいです。というか、多くの場合は風邪と誤認したまま自然治癒してしまうので、気づいてない人も多いかも。

主な症状はこのような感じ。

☑︎ 胸の痛み
☑︎ 呼吸が浅くなる
☑︎ あくびが増える
☑︎ 乾いた咳が出る
☑︎ 脈拍が普段より速い
☑︎ 肩(肩甲骨)に違和感

僕の場合は「肩(肩甲骨)が突然筋肉痛のようにコリ始める」→「乾いた咳がずっと続く」というのが、過去の発症の合図でした。

ただし、軽度の場合は本当に咳風邪とほとんど症状が同じ。そして、ほとんどの場合で自然に穴が塞がり、数週間で自然治癒してしまうので大事には至りません。

気をつけなければならないのは、中度以上になった場合です。肺や心臓に負荷がかかるので、命に関わる状態になってしまうことも……。

僕が初めて気胸になったときは、咳が数分間ずっと止まらず呼吸が出来ない状況になっていました。(息を吐いてばかりで、吸うタイミングがなく、ガチで死にそうだった…)

少しでも怪しいと思ったら、早めに病院で診断を受けることを強く勧めておきます。気胸は「レントゲン」や「胸部CT」を撮影しなければ発症がわかりにくいので、ドクターにお願いして念のため撮影をしておくのがベターです。

気胸の「治療法」は?(僕の場合)

最悪命に関わるかもしれない「気胸」ですが、前述の通り、大半は自然治癒します。

僕自身も、2度目の発症(再発)の時は、早期発見で漏れている空気量も少なかったので自然治癒で完治しています

しかし、1度目の時は発症に気づかずに数ヶ月間放置してしまっていたので、かなりの重症レベルに。症状が重い場合の治療法は「手術」がファーストチョイスになるようです。

ですが、僕は応急処置として「胸腔穿刺(胸に針を刺して空気を抜く方法)」を行ってもらい、咳止めを飲んで経過をみたところ、自然治癒していくことが出来ました。

当時は10代で若かったので治癒力も高かったということでしょう。とは言え、穴が大きく開いてしまっている場合は、手術で完全に塞いでしまう方が再発しにくい(と言われているらしい)ので、なるべく手術を受ける方が良いと思います。

気胸になる「原因」は?

さて、気になるのは気胸になる原因。結論から言うと、原因はわかっていないのが現状です。

ただし、過去の患者の傾向から以下のようなものが原因のひとつではないかと言われているようです。

☑︎ ストレス
☑︎ 寝不足
☑︎ タバコ
☑︎ 軽い咳
☑︎ 大声を出す
☑︎ 急な運動
☑︎ スキューバダイビング
☑︎ 飛行機での移動

ここに挙げたことが原因じゃない人もいますし、これらを全て満たしても発症しない人もいます。本当に原因は不明。

 

ただ……。僕の場合、最近ランニングを日課にし始めたり、慣れない飛行機移動を頻繁に行ったり、心当たりがありすぎなんですよね…。これはもう確実かもしれない……。

過去の経験からすると、そこまで重症ではない気はしてます。が、とりあえず病院で診察を受けてきましょうか。あー、めんどくさい(笑)

 

細身・高身長・20代・男性は、発症する確率がめちゃくちゃ高いので、「気胸(イケメン病)」の名前は頭の片隅に入れおいて損はないと思います。

ちょっとでも怪しいなと思ったら、病院に行く前に市販の「咳止め」を飲んでおくと症状が悪化しないかも!?です。よろしくどうぞ。

アネトン
¥1,166
(2018/11/19 11:28:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

では、また!(病院に行ってきまーす)

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990.11.23、鳥取生まれ。 NPO法人atamistaゲストハウスあなごのねどこホンバコ(オーナー)を経て、今。 全国を巡りながらブログで生活中。 / 仕事の依頼は【料金表】を参照ください / ✍noteも書いてます / 支援大歓迎