オピニオン

寿命があと1ヶ月になったらしく、このタイミングで少しポエム的なものを書きたくなったので書いてみた。生きているのは今だけだからさ。

どうも、りょうかんです。

今日は10月23日。私、23歳と11ヶ月になりました。

寿命はあと1ヶ月です。

どういうこと!?

心配しないでください。病気ではありません。(誰も心配してない)

勝手に23歳で死ぬ運命だと思っているだけです。24歳の誕生日を迎える前に死ぬらしいと。

運命を悟ったきっかけは、高校の頃にしたネットの占いの結果。ただ、それだけなんだけど。

せっかくだから、このタイミングでコラム的なものを書きたくなったので、書いてみます。

 

明日死ぬかもしれない

たかがネットの占いかもしれない。けどね、自分の寿命を意識した瞬間から人生が充実し始める。

明日死ぬかもしれない、明日生きてないかもしれない。そうなると心の底から言いたくなるよね。

明日やろうは馬鹿野郎!

 そう思いながら毎日一瞬一瞬を真剣に生きてると、自然と人生が充実し始めるんだ。

 

過去の後悔も未来への不安も

当たり前だけど、寿命を設定しなくても、人はいつかは死ぬ。

だけど、普通に生きてたらそんなことは意識しないよね。

意識しないとどうなるか。

今に懸命になれず、過去を振り返り後悔を始め、未来を見渡して不安を募らせるようになる。

「明日死ぬかもしれない」って意識してると、否が応でも生きてる「今」に真剣になるでしょ?

過去の後悔も、未来への不安も、今に懸命になれずに暇な時間を過ごしてるから感じちゃうんだよ。

「今」に集中出来る。それだけでも寿命を設定して生きる意味はあると思うんだよね。

スポンサーリンク

やりたいことを、とにかくやる

残り1ヶ月間もこれまでと変わらず、やいたいことをやり続けたい。

今は毎日ブログ読んだり書いたりが楽しくなってる。明日には飽きてるかもしれないけど。笑

目の前のやりたいことにだけ没頭して、気づいたら死んでたぐらいが理想的。

なるようになる。やりたいことをやり続けよう。

おかげさまで、まだ、生きてるからさ。

 

おわり

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990.11.23、鳥取生まれ。 NPO法人atamistaゲストハウスあなごのねどこホンバコ(オーナー)を経て、今。 全国を巡りながらブログで生活中。 / 仕事の依頼は【料金表】を参照ください / ✍noteも書いてます / 支援大歓迎