手ぶらで期日前投票に行ってみた。投票引換券も身分証明書も不要!【鳥取・参院選】

2017年5月29日ネタ

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

第24回参議院議員通常選挙の投票日が今週末の日曜日(7/10)に迫ってきました。

テレビの無い生活をしているので、マスメディアの盛り上がり方はイマイチ伝わってきていませんが、SNSのタイムラインには色々な情報が飛び込んできますね〜

まあ全ての情報を追えるほど時間的に余裕は無いので、サクッと主要な情報だけ頭に入れて、期日前投票に行ってきました!


期日前投票って?

ほとんどの人が名前ぐらいは知ってますかね?

総務省のHPより引用します。

選挙は、選挙期日(投票日)に投票所において投票することを原則としていますが(これを投票日当日投票所投票主義といいます。)、期日前投票制度は、選挙期日前であっても、選挙期日と同じく投票を行うことができる(つまり、投票用紙を直接投票箱に入れることができる)仕組みです。総務省HPより)

つまり、『投票期日の前に、投票できますよー』っていう制度です。←そのまま

厳密に言うと「投票日にはどうしても投票に行けない理由があるのだ!」という宣誓書を書かされるんですが、まあ当日行くのが面倒くさいな〜って理由でも大丈夫だと思います。(たぶん)

どこに行けばいいの?(鳥取市の場合)

実際にどこに行けばいいのか。
鳥取市の公式ウェブサイトより、期日前投票所の一覧をスクリーンショットしてみました。
(前から思ってたけど、鳥取市のサイトは必要な情報を探しにくくないですか?)

画像をクリックするとサイトへ飛びます

僕はホンバコからすぐに行ける「鳥取市福祉文化会館」で投票をしてきました。
わらべ館の道路向かいの建物です。(期間中はわらべ館の駐車場の無料券を発行してくれるらしいですよ〜)

手ぶらで行ってもOK

尾道にいた時に出会った「ヤドカーリ」の店主・村上さんがFacebookのプロフィール写真を見て、投票に手ぶらで行ってもいいことを知りました。

13599757_10153699689498779_9118776868682393072_n村上さんのFacebookより

ほとんど実家に帰ってないので、わざわざ投票引換券を取りに実家に戻るのも、わざわざ貴重な日曜日に投票をするためだけに実家の近くまで行くのも、正直面倒くさいな〜と思っていたので、『期日前に手ぶらで投票に行ける』という事実は衝撃でした!

 

しかし、本当に身分証明書もなくて投票ができるのか。
ちょっとドキドキしながら行ったのはここだけの話です(笑)

結果を言えば、投票引換券はもちろん、身分証明書も持っていなくても、投票はできました!(所要時間3分程度)

上記の誓約書に「投票日当日に行けない理由」(該当するものに○をするだけ)と「氏名」「住所」を記入するだけで、あとは係りの人が確認が終われば、通常の投票と同じような手順で投票は終わります。
(もちろん投票引換券を持って行った方が手続きはスムーズなようです)

これなら仕事前や仕事終わりにふら〜っと寄っても投票できちゃいますね!ステキ

※ 手ぶらでも投票はできますが、手ブラでは投票できません。(物理的に)

 

でも、本人じゃない人の代理投票みたいなことも出来ちゃうんじゃないかって不安もよぎりました。氏名と住所だけでいいなら、勝手に知り合いの名前で投票することも出来ちゃうんじゃないかって。
(どなたかそのあたりに詳しい人がいれば教えてください)


誰に入れるか悩んでるあなたへ

しかし、手ぶらでも投票できるとは言っても、結局は誰に(どの政党に)投票すればいいのかわからない。そんな人もいるでしょう。

「白票でもいいから投票しよう」という声も聞こえますが、昨日読んだ記事にこんな言葉がありました。

白票や棄権は、有力な候補者に票を入れるのと同じ。
引用:「誰も政治を教えてくれなかった」人たちへ

この言葉にハッとさせられた昨日の僕は、少しだけ勉強してから今日の期日前投票に臨みました。

その際に参考にしたサイトを2つほど紹介して終わります。

1.朝日新聞デジタル > 2016参院選 > 候補者
▶︎ http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2016/koho/B31.html

候補者の「名前」「年齢」「政党」などの一覧に加えて、各候補者の「Twitter」「Facebook」「公式サイト」のリンクが丁寧に添えられており、便利でした。
しかも、下の方には各候補者の政策スタンスが単純比較できる集計も用意されていて、時間のない中で候補者のことを知るのに役立ちました。

2.毎日新聞ボートマッチ 参院選 えらぼーと2016
▶︎ http://vote.mainichi.jp/24san/

全24問のアンケートに答えていくだけで、自分の考えと各政党・各候補者との一致度を測定してくれる便利なサイトです。
各アンケートの設問が少し難解な場合は、その都度「詳しく知りたい」に簡単な説明と関連ニュースのリンクが貼られているので、少しずつ勉強しながら進められるので、面白く楽しく一致度測定ができました。

一致度が高いからその政党・候補者にするなんて安易には考えずに、最後はしっかり自分で考えて投票をした方がいいのはもちろんですが、ひとつの参考にはなるんじゃないかと思います。

 

さあ、ちゃんと投票しましょ。
学校に行かないのがカッコいいみたいな考えは、もうダサいっすよ。w

2017年5月29日ネタ

Posted by りょうかん