ヒッチハイクの成功率を簡単に上げる3つのポイント

どうも、りょうかんです。

先日『ヒッチハイクで得られる3つのメリット』という記事を書きました。

とは言え、メリットを知ったところで上手くいくのか不安な方も多いでしょう。

そんな人のために、今回は『ヒッチハイクの成功率を簡単に上げる3つのポイント』をまとめてみました。

スポンサーリンク

 

1. 恥を捨てる

初めてヒッチハイクをする時、ほとんどの人が羞恥心を抱くと思います。実際にやるとわかるんですが、通り過ぎる人からは変な目で見られたり車内から笑われたり遠くから写真を撮られたりすることもしょっちゅうです。

それが苦にならない人はいいですが、好奇の目を向けられることに慣れてない人は、動物園のパンダになった気持ちになってしまいます。

そうやって羞恥心を捨てられないままヒッチハイクをしていると、腕は縮こまり、顔は引きつり、体全体から目立たないオーラが漂ってきてしまいます。そうなるとドライバーからは、道路脇の植木と同じにしか見えなくなってしまいます。

そんな状態でヒッチハイクを継続していても、成功率が上がらないことは自明の理です。

旅の恥はかき捨て、と思ってヒッチハイクをする際には思い切って羞恥心を家に置いて出掛けましょう。それがヒッチハイクの第一歩です。

 

2. 停車スペースの確保

恥を捨ててヒッチハイクをしていても、すぐに成功する人と、何時間も停まってもらえない人が出てきます。この違いはなんでしょう?

答えは、『停車スペースを確保しているか否か』の違いです。

細かい話をすると『道路の選定』や『行き先の選定』、『時間帯』など複雑に絡み合うんですが、今回は最も基本的で重要な部分の『停車スペースの確保』だけを挙げました。(他のものについてはまた後日まとめます)

『停車スペースの確保』とは、ヒッチハイクをして立っている場所のすぐ後ろに車が停まれるスペースを用意しておくということです。例を挙げれば、「バス停」「コンビニの駐車場」「側道の広い道」「駐禁エリア」などがわかりやすいと思います。つまり、例を挙げたような場所の手前辺りがヒッチハイクに適した場所になります。

今までの経験から言うと、『停車スペースの確保』はヒッチハイクの成功率に最も大きな影響を与える要因です。私がヒッチハイクをする際には、そのヒッチハイクポイントを探すことにほとんどの力を注いでいるといっても過言ではありません。

信号待ち狙いで交差点の手前を、と言う方もいますが、これについては個人的には微妙だと思ってます。信号待ちの間に乗せてもらうのは、意外と時間が足りません。急いで乗り込んだ結果、自分の行きたい方向と違う方向に行ってしまったこともありました。

『停車スペースの確保』は、「ドライバーが停まりやすく」「周囲に迷惑をかけず」「きちんと話をした上で」「自分が乗り込みやすい」ためにしていることを意識してみてください。

 

3. 笑顔で

恥を捨て、駐車スペースを確保。これだけで十分成功率は上がるはずです。しかし、最後にもう少しスパイスを。

ヒッチハイクで乗せてもらった方からよく言われるのが「いい人そうだから乗せても大丈夫かなって思った」という言葉です。これも、当たり前のようで成功率を上げるためには非常に重要なことなんです。

自分がドライバーの立場だった場合、ヒッチハイカーを見かけてもその人の雰囲気でダメそうな感じだと停まることを躊躇うと思います。(自分がヒッチハイク経験者で乗せることに躊躇しないタイプでも)

では、何をもって雰囲気を判断するのか。

服装、髪型、人相、荷物の量、etc…… 判断材料はたくさんあるでしょう。中には 生まれつきで変えられない部分や、旅のスタイル的に仕方ない部分もあると思います。ただ、どんな状況の人でも意識次第で変えられる部分。

そう、それが笑顔です。

通り過ぎる車の中の人の目を見ながら笑顔で微笑みかける。それだけで印象は変わります。しかも、それを見ている周り人からも「いい人認定」をされ始め、周囲に「この人はいい人だ」という空気が出来上がります。(全て私の妄想イメージの話です)

そこまでくるとヒッチハイクは成功したようなものです。あっという間に車が停まります。中には通り過ぎても引き返してくれる人まで現れます。これは経験した事実です。

どれだけ過酷な場面でも、笑顔でポジティブな雰囲気を醸し出してください。それだけでヒッチハイクは限りなく成功に近づきます。

 

最後に

どうでしょう。ヒッチハイクが上手くいくイメージが湧いてきたでしょうか。

途中にも書きましたが、細かい話をすればもっと多くのポイントはあります。中には、地域や環境によってケースバイケースとしか言えない方法もあります。経験を重ねて、試行錯誤を繰り返すことで、自分なりのコツが取得出来てくるものです。

それでも、初めてヒッチハイクする人やヒッチハイク初心者にとって、手っ取り早く簡単に成功率を上げることが出来るポイントだけをまとめてみました。これを基本として参考にしながら、自分なりのコツを掴んでもらえればと思います。

 

まとめ

ヒッチハイクの成功率を簡単に上げる3つのポイント

1. 恥を捨てる

2. 停車スペースの確保

3. 笑顔で

 

では、また!

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
りょうかん

りょうかん

元旅人ヒッチハイカー。広島大学大学院 自主退学 熱海のまちづくり団体(NPO法人atamista)で1年間のインターンを経験後、尾道のゲストハウス(あなごのねどこ)で約3ヶ月間フリーアコモデーションスタッフとして働いたりしながらヒッチハイクで放浪。現在は鳥取の「Book Cafe ホンバコ」店長。