【ここは凄い!】鳥取で話題の中高一貫校・青翔開智に潜入してみました。

鳥取情報

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

リノベーションスクールを受講した際に、話題の中高一貫校・青翔開智(せいしょうかいち)の先生と知り合った縁で、この学校を見学させてもらいました。

想像以上に素敵な学校だったので、少しばかり潜入報告をしようと思います。

潜入日:2014年12月16日


中高一貫校・青翔開智とは?

平成26年4月に開校した鳥取市『の中高一貫校です。(鳥取を馬鹿にしないで)

ICT環境・図書環境に力を入れており、生徒1人1台iPadを持ち、校内全フロア無線LANが飛び、校内のあらゆるところに本棚がありました。

さらには「探求型学習」と呼ばれる、自分の興味・関心のあるテーマについて研究活動を行う授業もあるらしいです。(大学におけるゼミみたいな感じ)

自らの興味を深められる本が身近にあり、それを探求する時間があり、更にその探求成果をiPadを使ってプレゼンをする機会まである。そんな学校です。

IMAG1350_1

いわゆる『ICT教育』というやつに力を入れている学校としても注目されているようですので、学校関係者で興味のある方は視察等の問い合わせをしてもてもいいかも!

そもそも教育現場でのICT活用はどんなものなのか知りたい人には、こちらの本がオススメですよ〜

潜入開始

さあ、そんな前情報をもとに、いざ青翔開智に潜入!

 外観 

まずは外観。コンセプトが「図書館の中にある学校」と聞いてただけあります。パッと見で学校らしさはありません!(いい意味で)

IMAG1351_1

 BOOK Base 

入ると正面に『BOOK Base』と呼ばれるラーニングセンターがあります。言葉通り、学校じゃなく図書館に来た気分になります。

吹き抜けで解放感のある造りになっており、居心地の良い空間になっているだけでなく、iPadを繋いでモニターに映して生徒が議論出来るようなスペースまで用意されてます

IMAG1353

IMAG1354

IMAG1367

このBOOK Baseの隅には、ホワイトボード付きのオープンスペースがあり、ここで議論をすることも出来るようです。

どっかのIT企業のオフィスみたいじゃないですか?

IMAG1357

柱にも本棚を付けることで、正面の本棚以外にも校内のあちこちに本が置ける工夫もありました。

ちなみにこの本棚の本は島根県松江市にある『artos Book Store(アルトスブックストア)』にセレクトしてもらった本が置かれているそうです。

IMAG1358

 音楽室兼プレゼンルーム 

このBOOK Baseの奥の位置にあたる場所にあるのが、音楽室兼プレゼンテーションルーム。音楽の授業だけでなく、講演会などもここで行い、更には探求授業の発表などもここで行うそうです。

半地下の構造になっていて、日本人のプレゼンターに有りがちな下を向いて話す癖を強制的に改善するためにプレゼンターが見上げる形にしているそうです。

更には、プレゼンターの後ろに薄明かりがあることで集中力が増す的な心理学の要素も取り入れて、後ろは壁ではなく窓にカーテンの様式にしているとか。

ちゃっかり、しっかり、ここにも本棚がありました。

IMAG1355

 小ゼミ室 

2階へ上がると、小ゼミ室が全部で4部屋あります。「Red Room」「Yellow Room」「Green Room」「Blue Room」の4つ。

「Red」「Yellow」の部屋壁全面がホワイトボードになっており、アイデアをたくさん出して議論を広げる部屋として使うらしいです。壁全面ホワイトボードって憧れてたな〜。

IMAG1374

IMAG1363

「Green」「Blue」の部屋は、逆に木目調の壁になっており落ち着いた空間になっています。なので、議論をまとめたりする際に使用するみたいです。色にも意味がありそうですよね。

IMAG1375

IMAG1361

 大ゼミ室 

小ゼミ室と階段を挟んだ隣には、大ゼミ室もあります。

この部屋はグループで探求活動をするための部屋で、1人1枚のホワイトボードを活用しながら議論をしたりするみたいです。

この部屋で保護者会をすると夜遅くまで議論が終わらないとか…。笑

IMAG1365

このホワイトボードは、間仕切りにも使えて、かなり便利そうでした。(個人的にはヒッチハイクの道具にしか見えないですがwww

IMAG1366

 オープンスペース 

2階の正面玄関側の両サイドには、それぞれコンセプトの違うオープンスペースが1つずつあります。

青翔開智のスクールカラーである「紺碧」と「石竹」の2色をイメージしたスペースで、「紺碧」の方はカーペットに直接座って使う感じ、「石竹」の方はソファに座って使う感じになっていました。

まあ使い方は生徒の独創性に任せると言ってましたが。(このスペース、超使いたい!)

IMAG1369

IMAG1368

IMAG1373

IMAG1372

 職員室・校長室 

本館から別館に移動する際に通るのが、職員室と校長室。なんとまあ、全面ガラス張り!!

職員室の中の様子だけでなく、(お客さんがいたので写真は撮れませんでしたが)校長先生が何をしているかまで丸見えです!笑

これも先生と生徒の距離を縮めようとする工夫なのでしょう。
(この日は定期試験前で生徒は立ち入り禁止でしたが)

IMAG1378

IMAG1379

更に、職員のロッカーの上部はソファになっており、生徒が座れるようになっているようなんです。

これは、先生と生徒という精神的な上下関係を、物理的にひっくり返してしまおうという意図があるみたいです。この学校ではICT教育に力を入れているものの、デジタル世代の学生とアナログ世代の先生では先生が教えてもらうことも多くなるため、このような工夫をしているそう。すごい!

IMG_20141217_102017

 ラウンジ 

別館に行くと、ラウンジがあります。カフェみたいな雰囲気で、生徒はここで食事をしたり、放課後にはここで自習をしたりして活用しているそうです。

すぐ横には家庭科室もあり、最近は先生が持ち回りで生徒のために味噌汁を作ってあげているらしいです。素晴らしい!

中学生は学校給食が出るらしいんですが、高校生は基本的に弁当なので、温かい物を欲しますもんね。しかも、それを先生が作っているというのが、またいい!

IMAG1380


他にも知られざるこだわりがッ!!

ここまで書いただけでも、良さが伝わっているんじゃないかと思うのですが、他にも知られざる小さなこだわりもあるみたいなんです。

例えば、これ。

IMAG1371

正面玄関の横に植えられたケヤキの木なんですが、地面に石の線が四方向に伸びてますよね?

これ、東西南北になっていて、ケヤキの木の影で、天然の日時計のような役割も担っているらしいです!

他にも、これ。

IMAG1370

正面玄関までの通路なんですが、黒石基調の中に一見ランダムに白石の線が入っているの、わかりますか?

これ、ランダムじゃないんです。これをデザインした人以外、生徒も先生もまだこの意味に気づいてないらしいんですが……。

ヒントは『2, 3, 5, 7, 11, 13, 17, 19, 23, 29, 31, 37, 41, 43, 47, 53, 59, 61, 67, 71, 73, 79, 83』です!

写真の一番手前に少しだけ写ってるのが、83だと思われます。わかった人は連絡ください!

最後に

どうでしょう。青翔開智の魅力は伝わりましたか?

正直言ってしまえば、個人的には『学校に行く必要はなくなってきている』と思っています

就職予備校化している大学にも、進学予備校化している高校にも、嫌悪感を抱いている部分があります。

学校で学べと言われることは学校以外でも学べる環境は整ってきており、「行きたくない」と思えば「行かなくてもいいよ」と言える世の中になりつつとも思っています。

そんな僕でもこの学校であれば、通ってみたいと思いました
(欲を出せばまだ物足りない部分もありますが)

日本的な教育論の良い部分は残しつつ、欧米的な教育環境を細部まで考えて整えている。都会にはあるかもしれないですが、鳥取でこのレベルの学校があるのには正直驚きが隠せません。

これ以上極端にやると、それこそ学校の存在意義まで失いかねないですし、ビジネスとして学校の経営をする上でもこの辺りが現時点での限界なのかな、という感じです。

そのくらい、最先端でギリギリを攻めている素敵な学校だと感じました!

本棚にはまだ本が少なく感じましたが、(潜入当時は)まだ1年目の学校です。年々本の数も増えていくことでしょう。

鳥取に関わる者として、今後も色々と注目していきたいです!

 

学校法人鶏鳴学園 青翔開智中学校・高等学校

住所 鳥取県鳥取市国府町新通り3丁目301-2
電話 0857-30-5541
理事長・校長 横井司朗
HP http://seishokaichi.jp/
Facebook https://www.facebook.com/seishokaichi

では、また!

The following two tabs change content below.
りょうかん

りょうかん

オーナー経営者Book Cafe ホンバコ
1990年生まれ、鳥取育ち。 「Book Cafe ホンバコ」のオーナー経営者。 プロフィールをより詳しく知りたい方は、こちらをお読みください。  個人株「VALU」もやってます→【りょうかんのVALU

\個人株「VALU」本格参入中/

 

\VALU攻略法販売中!(390円)/

 

\シェアで頑張れます/

 

\フォローもお待ちしてます/

 

 

カフェ経営のリアルを販売中

 


鳥取情報

Posted by りょうかん