リノベーションスクール

スターパイロッツ代表・三浦丈典さんのライブアクトまとめ。「いまはまだないしごとにやがてつくきみたちへ」

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

本日から「第4回リノベーションスクール@鳥取」が開催されています。

できる限りライブアクト(講演)は聴きに行こうと思っているので、ツイッターで実況中継していく予定です。

というわけで、この記事では、オープニングアクトで話をされたスターパイロッツ代表の三浦丈典さんの講演内容をまとめてみます。

タイトルは「いまはまだないしごとにやがてつくきみたちへ」です!どうぞ!

ツイート実況の内容

 

一言感想

いかがだったでしょうか。三浦さんのライブアクトを聞くのはこれが3度目なんですが、何回聞いてもモチベーションを高めてもらえるような不思議なパワーを感じます

そして、聞くたびに「おっ」と感じるポイントが少し変わってきているのは、自分の状況が変わってきているからなのかもな、と。

今回のライブアクトで僕の琴線に触れたのは、以下の2つの部分でした。

☑︎ 経済的な安定が必要不可欠
☑︎ 場所に「愛」がある重要性
☑︎ レベニューシェア型設計料

☑︎ 経済的な安定が必要不可欠

最近強く感じ始めていることで、「まちづくり」の領域に20代の若者が参加しにくいのは、やはり「経済的」な部分にどうしても埋められない溝があるからじゃないかなと。

あまりこんな結論にしたくはないですが、結局は「お金」の問題は大きいですよ。やっぱり。

まずは「経済的な安定」を手にしてからでないと、真の意味で「外」に目は向かないなと。

僕自身、今年の目標として「しっかり稼げるまではまちづくりとは距離を取る」と決めたのもそんな理由です。

というか、年収200万程度(それ以下)の若者に対して「自分で事業しろ」「街に出ろ」「移住しろ」なんて言ってくる人たちってなんなんでしょうね…。

その言葉の前に「(生活費ぐらいは面倒みたるから)」と自腹を切って言う人ならまだしも…。オッと、愚痴になってしまった。w

☑︎ 場所に「愛」がある重要性

そして、場所に「愛」を注ぐ重要性も、最近強く感じているところでした。下記の記事の中でも『継続の秘訣は「本気で愛している人がいるか」』だと書いていました。

【関連記事】「魚を釣るワクワク」のその前に。|りょうかんのつぶやき

また、隠居系男子の鳥井さんも、「愛」に関する投稿をよくされています。

【参考記事】「そこに愛はあるのかい?」 | 隠居系男子

リノベーションまちづくりの一部だけ理解して突き進むと、「愛」が欠如してしまうことが往々にしてあります。自分自身に対しての自戒も込めて、心に強く刻んでおきたいなと思います。(受講生の人にも意識してもらいたいなと)

☑︎ レベニューシェア型設計料

また、「レベニューシェア型」の設計の請負かたも良いなと。わかりやすく言うならば、『成果報酬型』です。

施工終了の段階では最低限の設計料だけを受け取り、その後、事業を継続していく中で「利益」が出た部分を配当のように支払うイメージ

事業を作る側の視点で考えればとてもありがたい話ですし、請け負う側としても(デザインの部分で事業性の向上に寄与できれば)中長期的には利幅が増えるというわけですのでね。

 

ということで、第4回リノベーションスクール@鳥取のオープニングアクトの様子をレポートさせていただきましたー!

また明日以降もできる限り実況していければと思ってます。ツイッターの「#とっとリノベーション」を追っかけてもらえたら幸いです◎

 

参考リンク

設計事務所スターパイロッツ

・撮影スタジオ「Rue Scipion

第4回リノベーションスクール@鳥取

 

ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990年生まれ。鳥取在住のプロブロガー。約3年間のカフェ経営の経験あり。地方都市でも好きなことでしっかり稼ぐためのヒントを書いています。 【✍️note