【9月30日まで】新規口座登録で3,000円相当のビットコインがもらえるキャンペーン!
ライフハック

LINEモバイルの登録事務手数料3,240円を『70%OFF』にする方法がありますよ!

どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。

約11年間お世話になった「au」を捨て、2017年9月末から「LINEモバイル」へ乗り換えました!

あわせて読みたい
LINEモバイルに乗り換えました!今のところ快適です!【レビュー】どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 約11年使ってきた「au」から、格安SIMの中でも最強と断言できる「LINEモバ...

主要SNSを通信量を気にすることなく使い放題。3GBプランは月額1,690円という安さ!

まだ大手キャリア(au,docomo,softbank)を使っている人は、早くLINEモバイルに換えましょう!月々7,000円以上のスマホ代を支払っているなんてバカバカしく感じてきますよ。

浮いたお金を自己投資に回せば、それだけで人生は大きく変わり始めます!

例えば、月額980円で本が好きなだけ読めるKindle Unlimitedに登録するみたいなことをすれば、インプットの量も質もグッと向上します!

さて、今回はそんなLINEモバイルに乗り換えるときのマル秘裏技をご紹介します!

この方法を使うと、登録事務手数料3,240円を「990円」にすることが可能です!なんと70%OFF!!

とても簡単な方法ですので、ぜひ参考にして自己投資に回すお金を増やしてもらえると嬉しいです!

安くなるというメリットだけでなく「デメリット」もしっかり載せているので、最後まで読んでみてください!

LINEモバイル 公式サイト

エントリーパッケージを購入するだけ!

さて、早速「登録事務手数料が70%OFF」になる方法をご紹介していきましょう!

やり方は超簡単!「エントリーパッケージ」というものを990円で購入して、「16桁のエントリーコード」を入手するだけ!

これだけで本来は必要な登録事務手数料3,240円が無料になり、エントリーパッケージの購入費用990円だけで済むというわけ。

このエントリーパッケージは、「Amazon」や「取り扱い店舗」などで購入できます。

取り扱い店舗が存在しない地方の方は「Amazon」一択となります。

ちなみに、鳥取に住む僕もAmazonで購入しました!届いた実物はこのような感じ。ただの薄い冊子です。

ただし、ここで間違いやすいポイントがあるので確認しておきましょう。

「データSIM(SMS付き)プラン」と「音声通話SIMプラン」の2種類のエントリパッケージが存在している。

自身の契約したいプランと間違っているものを購入しないように、最新の注意を払うようにしてください。

今すぐ購入したい人のためにAmazonの商品リンクを貼っておきますー!

※ 下記のリンクは、契約する人が多いであろう「音声通話SIMプラン」のエントリーパッケージのリンクになっています。

エントリパッケージを使うデメリット

ここまで読んでくださった方の中には「こんな簡単なことで安くなるなんて怪しい・・・」と感じる人もいると思います。

登録事務手数料が70%OFFになるという素晴らしい「エントリーパッケージ」ですが、メリットの裏には必ずデメリットもあるものです。

考えられるものをご紹介しておくので、この方法を使う前に必ずデメリットも考えた上で購入するようにしてください。

エントリーパッケージのデメリット

① 手元に届くまでのタイムラグ
② コード自体に使用期限が存在
③ 一度入力ミスしたら使えない

1.手元に届くまでのタイムラグ

まず、当たり前の話ですがAmazonなどのネットショッピングで購入した商品は、即日届くわけではありません。特に地方であれば2~3日かかると思っておく方が良いでしょう。

すぐにLINEモバイルに契約したいと思っていた方には、この数日間のラグは地味に長い…。また、このタイムラグに合わせて「MNP予約番号の有効期限(15日間)」も気にする必要も出てきます。

LINEモバイルは「現在契約中の携帯電話会社でMNP予約番号をお受け取りの上、有効期限が10日以上残っている状態で申し込みください」と言われているので、エントリーパッケージの購入とMNP予約番号の取得を同日にしてしまうと、ギリギリのタイミングになってしまうこともありえます。

2.コード自体に使用期限が存在

また、この「エントリーコード」そのものにも使用期限が存在しています

ちなみに僕が利用したエントリーコードの期限は【2018/02/28】となってました。約半年程度の猶予はありそうな感じですが、購入したものの忘れてしまって気づけば有効期限が切れていた…、なんてことも十分にありえます。

特に、大手キャリアの契約更新月まで待つことにした人は要注意!このミスを犯してしまいそう!

3.一度入力ミスしたら使えない

さらに、エントリーパッケージの怖いところは、「一度しか使えない」という点!

LINEモバイルに申し込みをする際に、名前や住所、生年月日、電話番号、メールアドレスなどを入力しなければならないのですが、この中のどれか一つでも入力ミスがあると再申請となってしまいます。

そうなると、一度使ったエントリーコードは使用できません。つまり、入力ミスは一切許されないということです。

一度ミスをしてしまうと、エントリーパッケージの再購入で990円を損するだけでなく、届くまでのタイムラグが再び生じてしまうためMNP予約番号も取得し直しになってしまいます…。

正直、これが一番怖い! 2,250円を割引するための一発勝負、という感じです。

まとめ:デメリットを理解して使おう

いかがだったでしょうか。

LINEモバイルの登録事務手数料が70%OFF(2,250円割引)になるお得なエントリーパッケージですが、メリットの裏に隠されたデメリットも理解していただけたのでないかと。

結論としては、「デメリットを理解してエントリーパッケージは使おう」ということに尽きます。

タイムラグや有効期限などのスケジュール感に耐えられる人で、入力ミスも一切しない自信があるようであれば、エントリーパッケージはかなりお得な選択肢になるんじゃないでしょうか!(僕も難なくクリアしました)

ぜひLINEモバイルに契約するときの参考にしてみてください。この記事がお役に立てば幸いです。

LINEモバイルの登録事務手数料が無料になるエントリーパッケージ(990円)の購入はこちらからどうぞ!

LINEモバイル 公式サイト

あわせて読みたい
【格安SIM】スマホ代月々1,690円の「LINEモバイル」が最強かもしれない。特徴をまとめてみた。どうも、りょうかん(@ryokan_1123)です。 この記事を読んでいる方は、おそらく三大キャリアと呼ばれる「au」「docomo」...
ABOUT ME
りょうかん
りょうかん
1990.11.23、鳥取生まれ。 NPO法人atamistaゲストハウスあなごのねどこホンバコ(オーナー)を経て、今。 全国を巡りながらブログで生活中。 / 仕事の依頼は【料金表】を参照ください / ✍noteも書いてます / 支援大歓迎